インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【1月】今月のメッセージ「神さまからのプレゼント」

2022年1月1日

神さまからのプレゼント

聖書個所:マタイによる福音書2章1〜12節

※動画はこちらから

さや教会・松山東雲松山東雲中学・高等学校 非常勤講師

牧師 篠浦千史ちふみ

皆さま、こんにちは。

巷では1225日が終わるとクリスマスは終わったと思いがちです。でも、教会では16日の公現日までがクリスマスです。公現日というのは博士たちが幼子イエスを訪ねてきた日です。今日はこのエピソードを通して、神の子イエスがなぜ地上に来られたかをご一緒に考えて見たいと思います。

2022年が始まりました。ここしばらく私達は新型コロナ感染症によって人との関わりを制限され、その往来も制限されています。旅に出るのもはばかられ、行きたくても行けない状況の人が沢山います。人と人とが自由に行き来できる日が来ることを願ってやみません。

では、今から2000年前の人達はどうだったでしょうか?今以上に旅する事は大変だったと思います。そんな中、遠い国から明るい星を頼りに旅してきた人たちがいました。その人たちは今まで見たこともない明るい星を見て、そこに新しい王の誕生を信じて旅してきたのです。新しい王を探し求めていたのは、星を見てこれから起こる出来事を占う占星術の学者でした。日本のように春夏秋冬といった四季の区別のつきにくい砂漠の国では、星の動きを見て季節の移り変わりを知ったのです。今の星占いはこの人達の流れを受け継いだものです。でも、当時の占星術者は詳しく星そのものの動きに注目していたので、天文学者というべきかもしれません。彼らは毎日空を見て暮らしていました。だから誰よりも早く、西の空に今まで見た事もないほど明るい星が出たのに気づいたのです。その星の下では一体何が起こったのだろうか、自分の目で確かめようと旅に出たのです。

占星術の発祥の地メソポタミアゆかりの地、今のイラク辺りから来たのではないかと思われます。でも、この博士が3人であったという記述はよく見ると聖書のどこにも書いてありません。彼らが携えてきた贈り物が、黄金、乳香、没薬と3つだったので、いつの間にか3人の博士として親しまれています。彼らは夜空に今まで見た事もないほど明るく輝く星を見つけた時、心が騒いだのだと思います。何事かがその星の瞬く西の国で起こっていると確信しました。何が起こったのか自分の目で確かめようと、遥々旅してきたのです。彼らはその国に新しい王が、世界を変える力を持つ大いなる方が生まれたことを星を見て悟りました。だから自分たちの持っている最高の贈り物をその方に差し上げようと携えてきたのです。その国ではその誕生を皆で喜び祝っているだろうとやってきたのです。

 ところが、その国の都エルサレムに来てみると、いつもとちっとも変わらない様子なので、かえって驚いたのではないかと思います。王様に聞いてみても王様も知りません。預言者が救い主はベツレヘムで生まれるとの預言があると教えてもらい、気を取り直して、ベツレヘムへ出かけて行き、やっとその幼子を訪ね当てるのです。博士たちの予想に反して、その方は名もない若い夫婦の子としてお生まれになりました。でも、彼らはひれ伏して、その幼子を拝みました。その方が誰だか分かったからです。そして自分たちが故郷から携えてきた最高の贈り物を差し上げるのです。贈り物、英語でプレゼントと言います。プレゼントというこの言葉は英語をあまり知らない人でもその意味を知っています。でも、私が英語を習い始めた時、英語の授業で先生が出席を取る時に、「出席をしている人は『I’m present.』と言いなさい」と言われてびっくりしました。どうしてプレゼントためなの??そう思ったのです。辞書を引いてみました。すると最初に出ていたのは「いる、出席している」という形容詞でした。その後に「贈り物」という名詞としての意味が載っていました。プレゼントは「ここにいる」という意味が最初に記されているのです。私はここにいる、あなたを思ってここにいる、その思いを伝えるために大切な人に心を込めて贈る、それがプレゼントなのです。

 クリスマスには皆が日頃の感謝を込めてプレゼントします。でも、そこで本当に大切なことは何を贈ったかということではありません。あなたを思って私はここにいますという、その思いを伝えることなのです。あなたを思って私はここにいる、その思いを伝えるために神様は私たちにご自分の一番大切な独り子イエス・キリストをお贈り下さいました。クリスマスは神様からのこの最高の贈り物を受け取り直す日です。あなたは私にとって大切な人、あなたを思って私はここにいる。神様はそのことを私達一人一人に伝えようとしておられるのです。このイエス・キリストという最高のプレゼントを受け取る時、私たちは自分が神様にどんなに大切に思われているかを知らされるのです。あなたを思って私はここにいる、神は今ここにおられるのです。この最大のプレゼントを、神の思いをしっかり受け止めること、それがクリスマスに意味です。この神からのプレゼントをしっかり受け止め、私たちもまた神の前に信じる心を捧げたいと願います。

今月のメッセージ
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan