La Gloria Church’s Vital Role in its Santa Cruz Japanese Community

by Chibana Sugako, missionary

Methodist Church of Bolivia

La Gloria Church, Santa Cruz

 

e 2012, I was appointed to La Gloria Church in Bolivia. The land of Bolivia is about three times the size of Japan. The church is located in an Okinawan immigrants’ community in Santa Cruz, the second largest city after La Paz. This community was established by people who had migrated from Okinawa, Japan during the period of 1954 to1964 and carved out an area of the jungle by overcoming many difficulties. Today such infrastructure as electricity, water, and gas has been developed, so we feel no inconvenience in our daily lives.

 

The Okinawan immigrants’ community has three districts, with a total of over 800 native Japanese and descendents of Japanese, about 500 of whom live in District One. Many of these Japanese-Bolivians have been successful in agriculture and ranching, et cetera, and have become wealthy land-owners.

 

Our church, located in the first Okinawan immigrants’ community, was pioneered by Pastor Yamahata Katsumi and his wife Yoshie. It started as a church school worship service with 26 pupils in December 1959. The following month, adults began attending as well, and the church has continued to this day.

 

I have the privilege of serving with Pastor Okuma Reiko, who has ministered for the past 30 years in this region. At present 15 to 25 persons gather, including children, and we all worship together from 9:00 a.m. on Sunday morning. In addition, we have prayer meetings every Wednesday afternoon and Thursday evening and a house meeting on the last Saturday of every month. Likewise, we visit the sick and the homes of non-believers and engage in literature evangelism as opportunities arise.

 

I have experienced many blessings during the six months since I arrived, one of which is that a member who had left the church several years ago has returned. We are all very pleased and give thanks to the Lord for that.

 

Our church has been in existence since the early days of the founding of this community. Pastor Yamahata and his wife began a program of Japanese-language education in January 1960, and this was later developed into a Methodist school from kindergarten through high school, with instruction in Spanish offered during the morning and in Japanese during the afternoon. The school existed in this form until it was transferred to the Japan Association of Bolivia in 1987. La Gloria Kindergarten, however, remained under the management of the church until April 2012.

 

Over the years, almost all children of Japanese descent grew up being exposed to the Christian faith during their kindergarten and Methodist school days. Thus, the people in the community have no sense of incongruity with the church. The church takes the lead in the annual memorial service, with Bible reading, hymns, and prayers. And when someone in the community dies, almost all of the funeral services are held at our church. Thus, the church and the community have a deep and strong relationship.

 

Since my arrival, I have been making an effort to be involved in the Japanese community activities. Nevertheless, even though there has been this close relationship with the community, there are still difficult issues relating to evangelism. One is that only about five percent of the Japanese community actually come to the point of receiving baptism and becoming followers of Christ. I wish that a much larger number would commit their lives to Christ.

 

The second issue is that no men attend the worship service. After graduating from high school or university, young men stop attending the service. The third issue is that of language. In the Okinawan immigrants’ community, the second generation speaks in Japanese when members of the first generation are with them, but otherwise they all speak in Spanish. Among their children, there are those who do not speak Japanese at all, as it is just a foreign language to them. Presently, our services are all in Japanese, but in the near future, we need to begin offering a Spanish-language service as well. We are, as a church, searching for ways to solve these issues, and so we are praying together to find concrete solutions.

ボリビア福音 メソ ジス ト教 会

ラ・グロリア教会

「ボリビアに遣わされて」 知花スガ子

私は、2012年6月、ボリビアのラ・グロリア教会に赴任しました。

ボリビアの国土は、日本の約三倍の広さです。教会のあるオキナワ移住 地 は、ラ パス に次ぐ第2の都市サンタクルス県に属しています。この移住地は、1954年~1964年までに日本の沖縄県から移民としてこられた方々によっ て、ジャングルを切り開き、数々の困難を乗り越えて築かれた所です。現在は電気、水道、ガスなどのインフラも整備されており、生 活に 不自 由は 感じません。

オキナワ移住地は、第1から第3移住地まであります。現在日本人・日 系人 が約 800人余となっています。(そのうち第1には約500人在住)日系人の多くが、農業、放牧などで成功し、大地主として裕福な生活をして いま す。

当教会は、オキナワ第1移住地にあります。教会は、初代牧師山畑勝 美、佳 恵夫 妻に よって開拓され、1959年12月、生徒26人の教会学校の礼拝から始まりました。翌月から大人も礼拝に加わり、今日に至っています。

教会では、30年間この地で牧会しておられる大熊豊子(れいこ)牧師 と共 に奉 仕を させて頂いています。

現在、聖日には子どもを含め、15~25人ほどが集い、9時から礼拝 が捧 げら れて います。また、毎水曜日の午後と木曜日の夜に祈祷会が、毎月最後の土曜日に家庭集会が行われています。また、不定期ではありますが、病床訪 問、未信者の家庭を訪問し、文書伝道を行っています。

赴任して半年になりますが、その間たくさんの恵みがありました。その うち ひと つを 紹介致します。ここ数年教会から離れていた信徒が、群れに帰ってこられたことです。これらのことを皆で主に感謝し、喜んでいるところです。

 

当教会は、入植当初から、地域とともに歩んで来ました。1960年1 月、 山畑 牧師 夫妻によって、日本語教育が開始されました。後にメトディスタ小学校、中学校、高校、幼稚園を開設し、午前はスペイン語の授業、午後から日本 語での授業が行われました。1987年に学校は、日本ボリビア協会へ移管されるまで存続し、メトディスタ校の総校長はラ・グロリ ア教 会の 牧師 が代々その任に当たってきました。ラ・グロリア幼稚園は、教会付属として2012年4月まで存続していました。

地域の日系子弟のほとんどのが、幼稚園時代やメトディスタ校時代に御 言葉 に触 れ て、成長されています。それ故、地域の皆さんは教会に何の抵抗もありません。

その他、コロニアの慰霊祭においても、当教会が、聖書朗読、讃美、祈 りの 奉仕 させ て頂いています。また、日本人のほとんどは、当教会の奉仕で葬儀が行われます。

このように教会と地域は、深くかかわっております。

私も赴任以来、日系コミュニティーへの参加に心がけています。

地域と深い関わりにある教会ですが、教会の伝道の課題がいくつかあ りま す。

一つは、洗礼にまで導か れ、 キリ スト 者として歩んでおられる方々は、第1移住地の日系人の約5% です。もっと多くの方々が洗礼へと導かれることを願っています。

二つ目は、成人男性の礼 拝出 席者 が皆 無だということです。成人男性は、高校、大学を卒業すると礼拝に出席しなくなります。

三つめは、言語に関する こと で す。移 住地オキナワでは、一世の方が同席の場合には、二世の方々も日本語で話されますが、それ以外では、皆さんスペイン語で話されます。そして、若 年層においては、日本語を話せない子弟も出てきています。彼らにとって、日本語はもはや外国語なのです。現在、当教会では、礼拝 及び 諸集 会は 日本語で行われていますが、近い将来スペイン語での礼拝も必要であろうと思われます。

教会では、これらの課題 解決 に向 け て、模索しております。今後、具体的な取り組みができるよう、教会員と共に祈りを合わせております。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友