Kyodan Commissions Missionary to Seoul, Korea

Following the Kyodan Executive Council meeting’s Oct. 18, 2011 session, a service was held to commission Nag Woon-Hae as a missionary to Korea. He is the associate pastor of Saemoonan Presbyterian Church in Seoul, the first organized church in Korea, and is on the faculty of Presbyterian College Theological Seminary, the most influential seminary in the world.

 

Nag Woon-Hae is Japanese and was born in Japan. After graduating from Tokyo Union Theological Seminary and serving as pastor of two Kyodan churches, he moved to Korea, where he studied at Presbyterian College Theological Seminary to earn a doctorate. With further expectations of his good work, the Kyodan has officially commissioned him as a missionary. This commissioning is particularly important.

 

As historically recorded, the difficult relationship between Japan and Korea is a history of aggression, starting with the annexation of Korea by Japan 100 years ago. But in the 1980s, during the evangelization of Korea, history also records that many missionaries went to the Korean peninsula via Japan and many Japanese Christians also supported these efforts. Now Korean churches have grown to the point that Korea is called a Christian nation.

 

Facing the global era of the 21st century, in which national boundaries are lower and society is becoming more pluralistic, we plead without ceasing that the fellowship of these two countries may be enriched through the gospel and that we may develop a closer relationship through evangelistic cooperation. In the midst of this, it is highly significant that Nag Woon-Hae is ministering at Saemoonan Church and serving as a member of the faculty of Presbyterian College Theological Seminary. We pray without ceasing that he will continue to be used in these roles.

 

Please remember to support him and his work with your prayers. (Tr. PST)

 

—Kishi Norihide, pastor

Chiba Honcho Church

Chiba Subdistrict, Tokyo District

 

日本基督教団は、このたび、韓国で最も伝統のあるセムナン教会の協力牧師であり、世界で最も有力な神学校である長老会神学大学の教師である洛雲海Nag Woon-Hae牧師を在外教師(宣教師)として派遣した。去る10月18日、常議員会後に多くの参会者によって盛会のうちに派遣式が行われた。

洛雲海牧師は日本生まれの日本人である。東京神学大学で修士号を取得し、教団の教師として二つの教会に仕えた後に渡韓された。長老会神学大学で学ばれ博士 号を取得され、さらに彼の働きが期待されるところに、教団として正式に宣教師派遣がなされたことは意義深い。

韓国と日本の関係は、負の歴史が記憶される。それは、100年前の日韓併合に始まる侵略の歴史である。しかし、1980年 代、韓国の伝道がなされた時代、多くの宣教師たちは日本経由で朝鮮半島にわたり、多くの日本人キリスト者も支援してきた歴史を持つ。そして今や、韓国はキリスト教国とまで呼ばれるほどに韓国の教会は成長している。

21世紀のグローバルな時代を迎え、国境が低くなり、社会が多元化していくなかで、福音によって両国の交わりがより豊かなものとされ、伝道協力によって、より緊密な関係が導かれることを願ってやまない。そう いう中で、彼がセムナン教会で伝道し、長老会神学大学の教授陣に加わっていることは大きなことである。どうか、そのために彼が用いら れることを祈ってやまない。

ぜひ彼の働きのために祈り、支えていただきたい。

岸憲 秀(千葉本町教会牧 師)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友