First Christian Bookstore Award Ceremony

0n Sept. 5, 2011, the first Christian Bookstore Award ceremony was held at Christ Shinagawa Church in Tokyo. Winners of the award were chosen by the staff of the 25 nationwide Christian Bookstores that are affiliated with the Christian Publication Sales Association.

 

All the Christian publications printed and published during 2010 were considered for this award.  Among 87 candidates, first prize was given to Love and Forgiveness by Hinohara Shigeaki, MD., published by Kyobunkwan, and second prize to It was Good to Meet All the Lives by Momoi Kazuma, a photo journalist, Kyodan Board of Publications.

 

Hinohara and Momoi were invited to the ceremony to be recognized by Kaneko Kazuhito, who at that time was the general secretary of the Christian Publication Sales Association and of the headquarters of Kirisuto Shinbun Co., Ltd. Although both men have been recognized by various organizations in the past, they were honored to receive the first Christian Bookstore Awards.

 

“’Forgiveness’ is a precious message for today,” Hinohara stated. “After 9/11, a journalist interviewed the wife of a victim. She said, ‘My husband is not a person to take revenge on anyone. This is a trial which can be overcome only by forgiveness.’ I agree with her. Forgiveness is all about changing yourself, not others. This is the core message of this book.”

 

“I learned the importance of ‘prayer’ through the earthquake disaster,” Momoi Kazuma remarked. “I have been running around the areas affected by the Great East Japan Earthquake in order to report on the situation. Through that experience, I felt strongly the importance of prayer. The earthquake disaster made it very clear that humans are not the heroes of the earth, nor are we perfect. We need to be reminded of that through prayer, and I have become more and more convinced that we need to speak clearly about God, whose existence transcends human beings. (Tr. NB)

 

—From Shinto no Tomo (Believers’ Friend)

 

Note: Dr. Hinohara’s role is Chair of the Board of Trustees of St. Luke’s International Hospital and Honorary President of St. Luke’s College of Nursing.

 

「第一回キリスト教本屋大賞」

今、大切なメッセージは「ゆるし」  日野原重明

震災で「祈り」の重要性を知る      桃井和馬

 

 

このたび、キリスト教出版販売協会に加盟する全国のキリスト教書店二五書店が参加し、その書店員が選ぶ 「第一回キリスト教本屋大賞」が決まり、去る九月五日に授賞式が東京・キリスト品川教会にて行われた。

今回、授賞対象となった作品は二〇一〇年中に刊行されたキリスト教系のすべての書籍。第一次選考に挙 がった候補だけでも八七冊にのぼる。その中から第二次選考の投票で最終的に選ばれて大賞(一位)となったのが医師の日野原重明著『愛 とゆるし』(教文館)。二位は写真家でジャーナリストの桃井和馬著『すべての生命にであえてよかった』(日本キリスト教団出版局) だった。

その記念すべき第一回の授賞式には両氏が招かれ、同協会幹事長・金子和人氏(キリスト新聞社社長)より 表彰を受けた。両氏ともそれぞれの分野で多くの賞を受賞してきた人たちだが、キリスト教の本屋に選ばれたということで、受賞後、以下 のような教会向けの短いメッセージを語った。

「9・11テロのとき、ある被害者の妻に新聞記者がインタビューしたところ、彼女は『私の主人はけっしてしかえしを する人間ではない。この受難はゆるしのみが問題の解決です』と語ったそうです。私も同感です。ゆるすということは相手よりも自分が変 わることです。そのことをこの本にはメッセージとして書きました」(日野原氏)

「東日本大震災の取材のために被災地を巡り続けてきました。その中で特に感じたことは『祈り』の重要性 です。この震災は人間がこの地球の主人公ではないということ、人間は完璧ではないということをはっきりさせました。そのことを覚える ためにも祈るということが大切だと思います。そして私たちはもっと、神という人間を越えた存在をはっきりと言うべきだと思うように なったのです」(桃井氏)

(信徒の友より)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友