Our Need for Tradition and Reformation

by Wayne Jansen, missionary Tokyo Union Theological Seminary

 

It goes without saying that history shapes one’s identity, and this is definitely true for Christians. I was born to parents who were members of the Reformed Church in America. Naturally, I knew nothing about my family’s traditions or the traditions of their church when I was newly born, but slowly through the process of growing up with them, the traditions became a part of my religious persona as well. There are indeed people who have compared several Christian denominations before choosing to belong to a particular one, but in my case, I inherited the denomination of which I am a part from my immediate ancestors whom I respected.

 

The majority of the people in the area of my home state of Wisconsin were descendants of German and Polish immigrants and therefore were generally members of Roman Catholic or Lutheran churches. So I was a religious minority of sorts. One day in fifth grade, my elementary school teacher asked the members of our class to tell what denomination they belonged to. Virtually everyone in the classroom said they belonged to a Catholic or Lutheran church, but when I said I belonged to the Reformed Church, everyone looked bewildered. Many had never even heard of such a church, including my teacher. After that experience, the question of why there were so many differing denominations became an issue for me. For a child who had not yet studied theology, it seemed strange to me that there would be so many denominations if the body of Christ was one. For that reason, I felt that what was most important for me was not my personally affiliated denomination but whether or not I knew or was following Christ.

 

In 1992, I was sent to Japan as a Reformed Church in America missionary. Knowing that over 90% of the Japanese people did not know Christ, I wished to share my faith with them so that even a few may know Christ through my witness. I was blessed with the experience of being introduced to many Kyodan churches in Japan. Most of the churches had fewer than 100 members, so I appreciated the family atmosphere they had. However, I remember thinking of how so many churches were made up of a high proportion of elderly people and a low number of children, so I became concerned about the future of these churches. The issue of what would remain of these churches in the late 21st century caused me to feel quite anxious.

 

Considering this problem, reversing the trend of waning membership is perhaps one of the most pressing problems for the Kyodan at present. While I am very thankful for the many traditions I have discovered in various Kyodan churches, I have become aware of the urgent need to focus attention not only on the desires of the people worshiping at the church but also on the nonbelievers and children who are outside the church doors. We have to ask the questions of why there are few newcomers and what would make people outside the church see it as a place of which they would love to be a part.

 

When considering tradition and reformation, we must first consider what things must be preserved. I believe those things to be the Confession of Faith, Liturgy, biblically based sermons, hymns and worship songs, prayer, and of course, fellowship in the Holy Spirit. All churches have different styles and ways of worshiping, but we must ask through prayer what kinds of ministries God is wishing us to partake in for the present society in which God has placed us. It is not easy to say concretely what exactly must be changed, but we must have a spirit of wanting to change according to God’s will to accomplish God’s purpose. This does not mean that we simply pray for God to support our ideas and plans, but that in prayer we open our ears to hear God’s voice so we can know how God wants us to proceed and what God wants us to do: in other words, focusing not on how we want to change but on how God wants us to change.

 

I am very thankful for the great number of brothers and sisters in Christ that the Kyodan has given me. Beyond the year 2020, I have a vision for a lively church working diligently to please God and accomplish God’s work in this world. Reformation is not easy as it sometimes means giving up things that are important to us, but it is necessary in order to bless the people of Japan and the world and to build a greater church. Let us pray together that we will learn to seek God’s will and put it first to establish God’s Kingdom in this land.

伝統と改革を求めて                           ウェ イン・ジャンセン宣教師

  人間には歴史がなければ、 アイデンティティもありません。キリスト者としても、同様な事が言えるでしょう。私はアメリカ改革派教会のメンバーであった両親の元 に生まれました。当然、生まれた際には、家族の伝統や教会の伝統については何も知りませんでしたが、次第にそれらが身についてきまし た。自ら教派を選択するという方もいらっしゃいますが、私の場合は両親の持つ信仰をそのまま受け継ぎました。つまり私自身は、様々な キリスト教の教派を比べその結果、一つ を 選んだのではなく、尊敬する両親の家の宗教が私の宗教になったと言っても過言ではないでしょう。

  私の出身の州であるウィス コンシン州では、人口の過半数がドイツ系やポーランド系の移民の子孫でしたので、カトリックやルーテル派の教会が多く、それ故、 私 は少数派の一員でした。小学生の頃、ある授業で先生が何の宗派に属しているのかと私達に尋ねました。生徒の大部分はカトリックかルー テル派であった為に、私が自分の教派名を述べると、初めて聞いたという生徒が殆どでした。それ以来教派と教派の相違は何であるのかと いう事が私の個人的な課題となりまし た。 まだ神学を学んだ事のない子供であった私は、一つのキリストの体である教会が多くの教派に分かれてしまった事に疑問を抱くようになり ました。自らの属している教派よりも、イエス・キリストご自身に従い、キリストを知る事がキリスト者の使命であると固く確信するよう になりました。

 私はアメリカ改革派教会宣教師として、1992年に来日しました。日本人の9割以上はキリストを知らないという事実を知り、自分の信仰を分かち合う事を通して、キ リスト者が少しでも増える事を願いました。日本基督教団の様々な教会に 出 会い、それぞれの教会の伝統を知る事は楽しい事でした。大部分の教会が百名以下でしたので、家族的な雰囲気が印象的でした。しかし、 高齢化している教会が多かったので、将来一体どのようになるのかという心配を抱き始めました。子供の数の少ない教会も少なくなかった ので、このままでの状況が続くと2020年以降の状況を思い描く事は怖い事でした。要するに、21世 紀後半に日本基督教団の教会はどのくらい残っているのかという事が気にかかるようになりました。

  この問題に関して、教会員 減少トレンドをいかに逆転する事ができるのかが、現代の大事な課題であると思われます。私自身は様々な教会の良い伝統を見、それに感 謝していると同時に、それぞれの教会内においてのみ喜ばれる伝統を越え、教会外の未信者や子供達に対し一体何を変えれば教会がより一 層魅力的な場になるのかという事を考えられたらよいのではないかと思っています。

  どのような事が不変のもの であるのかという事を先ず、把握するべきです。それらは、信仰告白、リタージ、聖書に基づく説教、讃美歌やワーシップソング、祈り、 そして何と言っても、聖霊にある交わりであるのではないでしょうか。各教会にはそれぞれ独自のスタイルや礼拝の守り方があるのです が、祈りを通して、 現 代の社会の為に神様はどのようなミニストリーを求めておられるのかという事を祈りの課題にしなければなりません。変えるべき具体的な ものとしての答えは 容 易には出てこないかも知れませんが、このような精神を持つ事によって、私達は神様に教会の適切な改革を任せられているのではないかと 考えられます。ただし、一方的に祈るのではなく、神様の御声に耳を傾ける事が最も大切な事であると思われます。

  日本基督教団の教会に、数 多くの兄弟姉妹が与えられている事を常に感謝しています。2020年以降に、主の御心に適い、生き生きとした教会を期待できるように共に努 めてゆきたいと思います。改革する事は容易な事ではありませんが、私達の為ではなく、日本と世界の人々が祝福される為に適切な改革を 考え始めなければならないのではないでしょうか。神様の御心が求められるように共に祈りましょう。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友