The Kyodan’s International Conference on Nuclear Issues Found Significant for Taiwan

by Rev. Ching-An Yeh

Program Secretary for Ecumenical Relations, The Presbyterian Church in Taiwan

 

“I am Human, and I am Against Nuclear Power!” This is the slogan we always hear during anti-nuclear demonstrations in Taiwan. It is a call for awareness of how inhuman it is to pursue economic growth through the development of nuclear power at the cost of the Earth and humanity. In present-day Taiwan, as well as in many parts of the world, we are witnessing the destruction of the environment due to greed and selfishness coupled with mistaken political policies, which leads to a loss of harmony between human beings and nature. This is all the more critical as we see people of many developed countries gradually recognizing the inherent destructive qualities of nuclear power, halting future construction of nuclear power plants, and abandoning present plants. At the same time, our government still stubbornly maintains the necessity of using nuclear power, ignores the great threat to Taiwan’s survival and development, and disregards the wishes of the people and the warnings of scholars and experts.

 

Based on its theological tradition, the Presbyterian Church in Taiwan believes that the whole universe is the creation of God and that humankind is called to protect the integrity and harmony of the whole natural order. Thus, it is the responsibility of all Christians to be the agents of God to work for the change of present human-centered behaviors, so that nature can be self-sustaining and the ongoing welfare of our succeeding generations will be insured. Therefore, our church earnestly presented the following statements to our government in 1992.

 

1. Nuclear power is not a completely safe source of energy;

Taiwan should not develop nuclear power stations.

2. There is no satisfactory method of handling nuclear waste.

The construction of future nuclear power stations, as well

as the use of the present ones, should be stopped.

3. Review again Taiwan’s energy policy; create a safe, clean

alternative source of energy.

4. Change the lifestyle of all our citizens, and promote the

economization of energy resources.

 

The last point, which is surely not the least, reflects why the ruling KMT (Kuomintang) government in Taiwan still keeps emphasizing the necessity of nuclear power, even though our other power plants are, in fact, able to produce more electricity than we really need. The government’s policy is focused on economic growth, which requires a whole economic system that encourages consumption. Naturally, a superficial “quick-fix” to the high demands of energy is nuclear power plants. However, this kind of “quick fix” always produces far more problems than solutions and, as we have seen in the aftermath of the Fukushima disaster, costs much more than people expect.

 

March 11, 2014 marked the third anniversary of the 2011 Great East Japan Disaster. What happened in Fukushima, especially the radioactive contamination after the explosions at the Daiichi Nuclear Power Plant, has impacted many

people—not only those in the affected area but also people of other countries. The impact of the nuclear disaster on the people in Taiwan is very significant because the nuclear disaster and its aftermath totally shattered the myth created by government propaganda that used Japan as an example of nuclear safety.

 

This fact shows how important the International Conference on the East Japan Disaster, hosted by the Kyodan in Sendai, March 11-14, was to the Taiwanese. While whether or not to employ nuclear power is still a hot issue being debated in countries such as Japan and Taiwan, the International Conference in Sendai provided Christians from around the world the opportunity to show our solidarity in the struggle for a world that functions in harmony with Earth’s God-created order. Together we must voice our concerns about the dangerous effects of nuclear power on the environment, especially that of the waste it produces, and the potential for physical as well as psychological damage to all the people on Earth.

私は人であり、人として原子力に反対する!

此の言葉は、私達が台湾での原子力反対運動で(は)何時も耳にするスローガン です。

此の言葉は、地球と人類を代償に、原子力開発を通じて経済成長を追求する事 が、如何に非人間的な事であるかを訴えています。私達は、現在の台湾でも世界の多くの国々同様、間違った政治的政策に加え、私達自身の貪 欲と利己主義によって、環境を破壊している事を目の当たりにしています。それが人々と自然の調和を喪失させているのです。多くの先進国の 人々が原子力が内包する破壊性を認識し始めたり、将来の原子力発電の建設を取りやめたり、現在稼働中の原子力発電を休止したりしているこ とは上記の件をますます決定づけています。その一方で、私達の政府が、原子力が台湾の再生と発展の大きな脅威となっている事を無視し、 人々の願望や学者や専門家の警告を無視し、未だに頑なに原子力の活用を守ろうとするのを見ると、一層の危機を感ずるのです。

台湾基督長老教会(the Presbyterian Church in Taiwan)は自らの神学的伝統に基づいて全宇宙は神の創造物である事、そして人類は全ての自然の秩序の完全性と調 和を守る事を求められていると信じています。此の事から、自然が自立的なものであるために、

そして現在の豊かさが私達の次の世代にも保証される為に、現代の人間中心の行 動を変える為に神様の代理人として働く事が全てのキリスト者にとっての責任なのです。それ故に、私達の教会は1992年政府に対し真剣に 次の様な声明を提出しました;

1.原子力は完全に安全なエネルギー源ではない;台湾は原子力発電所を建設す べきではない。

2.満足すべき核廃棄物の処分方法は無い。将来の原子力発電の建設は、現在稼 働中の原子力発電の利用同様

中止されるべきである。

3.台湾のエネルギー政策を見直すべきである。安全でクリーンなエネルギーの 代替ソースを創造すべきである。

4.私達全ての市民はライフ・スタイルを変えなければならない。そしてエネルギー資源の節減を進めなければならない。

決定的な問題は、他にも確かに問 題は有りますが、台湾の現与党馬英九政権(KMT government)が、事実原子力が無くても他の発電所で私達が必要する以上な電力を産出する事ができるにも拘わ らず、原子力の必要性を強調し続けている事です。政府の政策は経済成長の照準を当てており、同時にこの事は消費を促す経済全体のシステム を必要として来ます。勿論、高いエネルギー需要に対する表面的な“短絡的解決”は原子力発電所(NPP=Nuclear Power Plant)です。しかしながら、此の種の“短絡的解決”は常に問題解決よりもはるかに多くの問題を惹起し、そして福 島の災害の後に分かった様に人々の予測を大きく超える代償を支払う事になるのです。

2014年3月11日は311東日本大震災の三周年です。福島で起きたこと、特に原子力発電所第一号炉の爆発後の 放射能汚染は多くの人々に、被災地の人々丈でなく他の国の人々にも衝撃を与えました。台湾の人々への原子力災害の衝撃は大変深刻です、何 故なら原子力災害と其の後の出来ごとが、政府が原子力の安全性の例として日本を宣伝してきた神話を完全に打ち砕いてしまいました。此の事 実は、3月11日~14日、仙台で開催された日本キリスト教団主催の国際会議が、台湾人にとっても如何に重要であるかを示しています。原 子力採用の可否は日本や台湾の様に幾つかの国々で論議されている依然としてホットな案件ですが、3月11~14日の仙台での国際会議は世 界各地からのキリスト者に神様が創造した秩序の調和のとれた世界の為の戦いの中にあって私達の連帯を示す機会を提供しました。(同時に、 私達は)環境に対する原子力の被害、特にそこから発生する廃棄物の被害について、および地球上のすべての人々に影響を与える肉体的、精神 的被害についての私達の関心の声を共に挙げなければなりません。

Ching An Yeh

Program Secretary for Ecumenical Relations

台湾基督長老教会

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友