The Hope Received from “Questions about Life” — The Foundations of Christian Education at Tohoku Gakuin University

by Akai Satoshi, 2010 graduate

Christian Division, Department of Literature

 

What is the meaning of my life? Am I a person of worth? These are questions about life that everyone considers at some point in life.

 

I grew up in a non-Christian family and went to public schools up through high school.  Throughout my studies, I lived my life with these questions stored away in the corner of my mind.  That was because the education I received was based on the premise that one would not have any doubts about life. So, it was in that context that I dove right into the competition for entrance into university. As I could not do well in that competition, I began to question the value of my existence. Accordingly, my interest in philosophy and religion increased in response to my continued questioning, and I decided to enter the Christian Department of Tohoku Gakuin University.

 

“Respect for personal dignity and perfection of character.” This has been the educational policy of Tohoku Gakuin University since its founding some 120 years ago. “Respect for personal dignity”; this means that you are really valued as a person. Education at Tohoku Gakuin University is based on the Bible, which says, “You are precious and honored in my sight.” (Isa. 43:4) The “you” that is a human being is of value in the sight of God, who reveals himself as the “I.” For me, as a person able to find my value only in comparison with other people, learning about this at Tohoku Gakuin University was like a Copernican transformation in my life.

 

In my third year at the university, I became friends with a Christian several years older than I was. He had also encountered the Bible for the first time at Tohoku Gakuin University in the same way as I had, and this had led him into the faith. I was very attracted by his kind and gentle personality and became interested in why this person had become a Christian. However, I never got a chance to ask him about that, as he suffered from a serious illness and passed away in the winter of 2010 after a year-long fight against it.

It was a great shock to me, and I could not help but ask why he had to suffer and die. Then afterwards, I had an opportunity to read some things he had written during his battle with illness. Even though he had questions about his suffering, he still spoke of his trust and his hope in God, even in his trials. As I read what he had written, the words of the Bible I had encountered in university finally began to connect directly to my life.

 

The Great East Japan Disaster happened soon after that, so while being involved in support work in the disaster zone, I have been wondering about the meaning of such a catastrophic event. At the same time, I have wondered how I would handle such an event in my life that was so far beyond what I could anticipate. Indeed, in such an unprecedented situation as that, even the meaning of life seemed to be washed away, calling into question the true meaning of education. I think, however, that Christian education is laid on a foundation that cannot be washed away, even in such unexpected circumstances.

 

Tohoku Gakuin University is characterized by the spirit of the “3L’s” (Life, Light, Love). This is not a mere slogan but a witness that this school has been making to the hope we have in the life, light, and love we have even in the face of death. This is not just an empty debate. We want to make our school one that continues to witness to the hope that is shown in those three concepts of life, light, and love, so that we can face death without ignoring the darkness that surrounds it. This is something that we encourage our students to consider.

 

I graduated from Tohoku Gakuin University and became a teacher in a Christian-related school. Standing on this solid foundation, I want to continue to work hard for education in response to the “calling” shown in these three aspects of hope.

東北学院大学 キ リスト教教育の土台に触れて“生への問い”に与えられた希望

赤井 慧 あかい さ とし 文学部キリスト教学科2010年 度卒業生

 

私の人生の意味は何なのか。私は価値がある人間なのか。……これ は誰もが一度は思う生への問いです。

私はノンクリスチャンの家庭で育ち、高校までは公立の学校へ通っ ていました。その学びの中では、この生への問いを頭の隅に置いて過ごしていました。生きることに何の疑問も持たない前提で教育が行わ れていたからです。そんな中で私は大学受験という競争へ飛び込んでいきました。そして、その競争の中で挫折感を味わうこととなりまし た。その競争に乗りきれない自分の存在価値を問いました。問うていくにつれ、哲学や宗教への関心が高まり、東北学院大学キリスト教学 科へと進路を変えたのです。

「個人の尊厳の重視と人格の完成」。これは創設以来一二〇余年の 間、東北学院に根付いている教育方針です。「個人の尊厳」とは、「あなた」をほんとうに大切にするということです。東北学院の教育は 「わたしの目にあなたは価高く、貴い」(イザヤ書43・4)と 語る聖書を礎としています。人である「あなた」は、「わたし」として啓示される神の前で価値があるということです。

それまでは他人との比較の中でしか自分の価値を見いだすことがで きなかった私にとって、このことを知った東北学院での学びは人生のコペルニクス的転回のときとなりました。

大学に入り、三年生になったときのことです。数歳年上のクリス チャンの友人ができました。彼も私と同じように東北学院で初めて聖書に出会い、それをきっかけに信仰へと導かれた人です。味があり、 優しさがにじみ出るその人柄に引かれて、なぜこの人はクリスチャンになったのだろうと関心を抱くようになりました。しかし、彼にそれ を聞くことはできませんでした。大病を患い、一年間の闘病生活の後、二〇一〇年の冬に亡くなったからです。

私にとってこの出来事はショックでした。なぜ彼が苦しみ、死なな ければならなかったのか、そのことを問わざるをえませんでした。その後、闘病生活の中で彼が残したいくつかの文章を読む機会がありま した。そこには、苦しみへの問いとともに、極限状況の中でも神への信頼と希望が語られていたのです。その瞬間、これまで東北学院で与 えられた聖書の言葉が、私自身の生と直接つながりました。

ほどなくして起こった東日本大震災では、被災地での支援に関わり つつも、かくも大きな惨禍の意味を問い続けました。と同時に、人生の「想定外」にどう立ち向かうのかを問われる思いがしました。人生 の意味さえも押し流してしまうほどの想定外の状況でこそ、教育の真価が問われます。しかし、キリスト教教育はその想定外に流されない 土台の上に据えられていると思うのです。東北学院は3L(LIFE, LIGHT, LOVE)精神を掲げています。それは机上の言葉遊びではありません。死に向き合い、闇を切り捨てず、無関心を問うた上 で、「いのち」「光」「愛」という希望を証しし続ける学校であるということです。

私は東北学院を卒業し、キリスト教学校の教員になりました。これ からも動くことのない土台に立ち、この三つの希望を示し続ける「召し」に応えて教育に励みたいと思っています。

 

 

キリスト教を土台に人間性の育成

 

東北学院大学宗教部長 佐々木哲夫

 

東北学院の創立は、127年前の1886(明 治19)年、宣教師バラから洗礼を受けた押川方義と米国 ドイツ改革派宣教師W. E. ホーイ、D. B. シュネーダーらが創立した仙台神学校です。

5年後に東北学院と改称されますが、彼ら3人が土台としていたキリスト教信仰は、今日に至るまで建学の精神として継承されています。特に、各キャンパスにお いて毎日行われている礼拝は、その具体的なしるしです。

学生たちは、6学部において教授される専門分野を深く学ぶととも に、豊かな人格を形成するための教養科目も広く履修します。これらの学びは、卒業後においてそれぞれに託される使命遂行に必要とされ る実力を養い、人生の可能性を広げてくれます。

東北学院大学での学びは、自分自身を高めるだけではありません。 隣人との間に誠実な関係を築き得る人間性の育成をも目標としています。それは、自分自身を相対化する視座を自分の中に持つということ です。キリスト教の価値に触れる大学礼拝を重要視している理由はそこにあります。このように、大学では隣人を愛し世界の福祉と文化に 貢献し得る人間の育成、全人教育を行っています。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友