Historical Background of Doshisha University (A research school for the study of “the Religions of Abraham”)

In 1875, at the dawning of modern Japan, Niijima Jo founded Doshisha English School in Kyoto. Based on the principles and spirit of Christianity, it was to provide an “education that would completely fill the conscience of individuals.” (Incidentally, the wife of Niijima Jo, Niijima (Yamamoto) Yae, is the heroine of the current yearlong historical drama series on NHK TV, “Yae no Sakura.”)

 

The history of the School of Theology dates back to 1876, with the establishment of a theology major as an adjunct to the English School. (Today this would be the equivalent of a graduate school.) Although the School of Theology continues to make Christian theology the foundation of its curriculum, today it incorporates the study of Judaism and Islam. It has become a research facility for the study of “the Religions of Abraham.” This is because Judaism is the mother of Christianity, and Islam has been strongly influenced by both Christianity and Judaism.

 

One of the added advantages of being a School of Theology in a university setting is the opportunity to take classes in Doshisha University’s other 14 faculties. Here, one has the freedom to develop a personal curriculum and freedom to explore interests in areas apart from theology and religion. It is the purpose of our Theology Department to not only equip the individual with a thorough understanding of Christianity and related religions but also to provide our graduates with a well-rounded education in other fields as well. (Tr. JS)

—Mizutani Makoto, dean Doshisha University, School of Theology

From Shinto no Tomo (Believers’ Friend), August 2013 issue

 

「アブラハムの宗教」を学べる教育・研究機関

同志社大学神学部長 水谷 誠

1875年、近代日本の黎明の時期に、新島襄はキリスト教精神に立脚し、「良心の全身に充満する人間の育成」を志して、京都に同志社英学校を興しました。この新島襄の妻が、現在NHKの大河ドラマ「八重の桜」のヒロイン新島(山本)八重です。神学部の歴史は、1876年に同志社英学校に併置された神学専門「余科」 (現在では大学院に相当)にさかのぼります。

現在、神学部はキリスト教を中心としつつ、さらにユダヤ教とイス ラームを加えた、いわゆる「アブラハムの宗教」の教育・研究機関となっています。キリスト教はユダヤ教を母体とし、イスラームはこの二つの宗教の影響を強く受けているからです。

さらに同志社大学には14の学部があります。総合大学にある神学部の利点として、神学や宗教だけではなく、さまざまな分野の授業を履修する ことができます。そのために、学習計画をかなり自由に立てられるカリキュラムとなっています。神学部では、キリスト教などの宗教をしっかり理解し、さらに広い教養・知識を身につけた人物の育成を目指しています。(「信徒の友」8月号より)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友