ヨブ記39・1~30

粉河教会

39:1 お前は岩場の山羊が子を産む時を知っているか。雌鹿の産みの苦しみを見守ることができるか。
39:2 月が満ちるのを数え/産むべき時を知ることができるか。
39:3 雌鹿はうずくまって産み/子を送り出す。
39:4 その子らは強くなり、野で育ち/出ていくと、もう帰ってこない。
39:5 誰が野生のろばに自由を与え/野ろばを解き放ってやったのか。
39:6 その住みかとして荒れ地を与え/ねぐらとして不毛の地を与えたのはわたしだ。
39:7 彼らは町の雑踏を笑い/追い使う者の呼び声に従うことなく
39:8 餌を求めて山々を駆け巡り/緑の草はないかと探す。
39:9 野牛が喜んでお前の僕となり/お前の小屋で夜を過ごすことがあろうか。
39:10 お前は野牛に綱をつけて畝を行かせ/お前に従わせて谷間の畑を/掘り起こさせることができるか。
39:11 力が強いといって、頼りにし/仕事を任せることができるか。
39:12 野牛が穀物をもたらし/実りを集めてくれると期待するのか。
39:13 駝鳥は勢いよく羽ばたくが/こうのとりのような羽毛を持っているだろうか。
39:14 駝鳥は卵を地面に置き去りにし/砂の上で暖まるにまかせ
39:15 獣の足がこれを踏みつけ/野の獣が踏みにじることも忘れている。
39:16 その雛を/自分のものではないかのようにあしらい/自分の産んだものが無に帰しても/平然としている。
39:17 神が知恵を貸し与えず/分別を分け与えなかったからだ。
39:18 だが、誇って駆けるときには/馬と乗り手を笑うほどだ。
39:19 お前は馬に力を与え/その首をたてがみで装うことができるか。
39:20 馬をいなごのように跳ねさせることができるか。そのいななきには恐るべき威力があり
39:21 谷間で砂をけって喜び勇み/武器に怖じることなく進む。
39:22 恐れを笑い、ひるむことなく/剣に背を向けて逃げることもない。
39:23 その上に箙が音をたて/槍と投げ槍がきらめくとき
39:24 身を震わせ、興奮して地をかき/角笛の音に、じっとしてはいられない。
39:25 角笛の合図があればいななき/戦いも、隊長の怒号も、鬨の声も/遠くにいながら、かぎつけている。
39:26 鷹が翼を広げて南へ飛ぶのは/お前が分別を与えたからなのか。
39:27 鷲が舞い上がり、高い所に巣を作るのは/お前が命令したからなのか。
39:28 鷲は岩場に住み/牙のような岩や砦の上で夜を過ごす。
39:29 その上から餌を探して/はるかかなたまで目を光らせている。
39:30 その雛は血を飲むことを求め/死骸の傍らには必ずいる。

ヨブ記38・22~41

在日大韓基督教会和歌山第一教会

38:22 お前は雪の倉に入ったことがあるか。霰の倉を見たことがあるか。
38:23 災いの時のために/戦いや争いの日のために/わたしはこれらを蓄えているのだ。
38:24 光が放たれるのはどの方向か。東風が地上に送られる道はどこか。
38:25 誰が豪雨に水路を引き/稲妻に道を備え
38:26 まだ人のいなかった大地に/無人であった荒れ野に雨を降らせ
38:27 乾ききったところを潤し/青草の芽がもえ出るようにしたのか。
38:28 雨に父親があるだろうか。誰が露の滴を産ませるのか。
38:29 誰の腹から霰は出てくるのか。天から降る霜は誰が産むのか。
38:30 水は凍って石のようになり/深淵の面は固く閉ざされてしまう。
38:31 すばるの鎖を引き締め/オリオンの綱を緩めることがお前にできるか。
38:32 時がくれば銀河を繰り出し/大熊を子熊と共に導き出すことができるか。
38:33 天の法則を知り/その支配を地上に及ぼす者はお前か。
38:34 お前が雨雲に向かって声をあげれば/洪水がお前を包むだろうか。
38:35 お前が送り出そうとすれば/稲妻が「はい」と答えて出て行くだろうか。
38:36 誰が鴇に知恵を授け/誰が雄鶏に分別を与えたのか。
38:37 誰が知恵をもって雲を数え/天にある水の袋を傾けるのか。
38:38 塵が溶けて形を成し/土くれが一塊となるように。
38:39 お前は雌獅子のために獲物を備え/その子の食欲を満たしてやることができるか。
38:40 雌獅子は茂みに待ち伏せ/その子は隠れがにうずくまっている。
38:41 誰が烏のために餌を置いてやるのか/その雛が神に向かって鳴き/食べ物を求めて迷い出るとき。

ヨブ記38・1~21

和歌山新生伝道所

38:1 主は嵐の中からヨブに答えて仰せになった。
38:2 これは何者か。知識もないのに、言葉を重ねて/神の経綸を暗くするとは。
38:3 男らしく、腰に帯をせよ。わたしはお前に尋ねる、わたしに答えてみよ。
38:4 わたしが大地を据えたとき/お前はどこにいたのか。知っていたというなら/理解していることを言ってみよ。
38:5 誰がその広がりを定めたかを知っているのか。誰がその上に測り縄を張ったのか。
38:6 基の柱はどこに沈められたのか。誰が隅の親石を置いたのか。
38:7 そのとき、夜明けの星はこぞって喜び歌い/神の子らは皆、喜びの声をあげた。
38:8 海は二つの扉を押し開いてほとばしり/母の胎から溢れ出た。
38:9 わたしは密雲をその着物とし/濃霧をその産着としてまとわせた。
38:10 しかし、わたしはそれに限界を定め/二つの扉にかんぬきを付け
38:11 「ここまでは来てもよいが越えてはならない。高ぶる波をここでとどめよ」と命じた。
38:12 お前は一生に一度でも朝に命令し/曙に役割を指示したことがあるか
38:13 大地の縁をつかんで/神に逆らう者どもを地上から払い落とせと。
38:14 大地は粘土に型を押していくように姿を変え/すべては装われて現れる。
38:15 しかし、悪者どもにはその光も拒まれ/振り上げた腕は折られる。
38:16 お前は海の湧き出るところまで行き着き/深淵の底を行き巡ったことがあるか。
38:17 死の門がお前に姿を見せ/死の闇の門を見たことがあるか。
38:18 お前はまた、大地の広がりを/隅々まで調べたことがあるか。そのすべてを知っているなら言ってみよ。
38:19 光が住んでいるのはどの方向か。暗黒の住みかはどこか。
38:20 光をその境にまで連れていけるか。暗黒の住みかに至る道を知っているか。
38:21 そのときお前は既に生まれていて/人生の日数も多いと言うのなら/これらのことを知っているはずだ。

ローマの信徒への手紙11・33~36

東和歌山教会

11:33 ああ、神の富と知恵と知識のなんと深いことか。だれが、神の定めを究め尽くし、神の道を理解し尽くせよう。
11:34 「いったいだれが主の心を知っていたであろうか。だれが主の相談相手であっただろうか。
11:35 だれがまず主に与えて、/その報いを受けるであろうか。」
11:36 すべてのものは、神から出て、神によって保たれ、神に向かっているのです。栄光が神に永遠にありますように、アーメン。

ヨブ記31・13~37

丸の内教会

31:13 わたしが奴隷たちの言い分を聞かず/はしための権利を拒んだことは、決してない。もしあるというなら
31:14 神が裁きに立たれるとき/わたしが何をなしえよう。神が調べられるとき何と答えられよう。
31:15 わたしを胎内に造ってくださった方が/彼らをもお造りになり/我々は同じ方によって/母の胎に置かれたのだから。
31:16 わたしが貧しい人々を失望させ/やもめが目を泣きつぶしても顧みず
31:17 食べ物を独り占めにし/みなしごを飢えさせたことは、決してない。
31:18 いや、わたしは若いころから/父となって彼らを育て/母の胎を出たときから/やもめたちを導く者であった。
31:19 着る物もなく弱り果てている人や/からだを覆う物もない貧しい人を/わたしが見過ごしにしたことは、決してない。
31:20 彼らは常にわたしの羊の毛でからだを暖めて/感謝したのだ。
31:21 わたしが裁きの座で味方の多いのをいいことにして/みなしごに手を振り上げたことは、決してない。もしあるというなら
31:22 わたしの腕は肩から抜け落ちてもよい。肘が砕けてもよい。
31:23 神の下される災いをわたしは恐れる。その怒りには堪えられない。
31:24 わたしが黄金を頼みとし/純金があれば安心だと思い
31:25 財宝の多いことを喜び/自分の力を強大だと思ったことは、決してない。
31:26 太陽の輝き、満ち欠ける月を仰いで
31:27 ひそかに心を迷わせ/口づけを投げたことは、決してない。もしあるというなら
31:28 これもまた、裁かれるべき罪である。天にいます神を否んだことになるのだから。
31:29 わたしを憎む者の不幸を喜び/彼が災いに遭うのを見て/わたしがはやしたてたことは、決してない。
31:30 呪いをかけて人の命を求めることによって/自分の口が罪を犯すのを許したことは/決してない。
31:31 わたしの天幕に住んでいた人々が/「彼が腹いっぱい肉をくれればよいのに」と言ったことは決してない。
31:32 見知らぬ人さえ野宿させたことはない。わが家の扉はいつも旅人に開かれていた。
31:33 わたしがアダムのように自分の罪を隠し/咎を胸の内に秘めていたことは、決してない。もしあるというなら
31:34 群衆の前に震え、一族の侮りにおののき/黙して門の内にこもっていただろう。
31:35 どうか、わたしの言うことを聞いてください。見よ、わたしはここに署名する。全能者よ、答えてください。わたしと争う者が書いた告訴状を
31:36 わたしはしかと肩に担い/冠のようにして頭に結び付けよう。
31:37 わたしの歩みの一歩一歩を彼に示し/君主のように彼と対決しよう。

  • 共に仕えるためにPDF

    リフォユース最新情報はこちら

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2018年版

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友

    日毎の糧

    月別アーカイブ

    • Category Archive