インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

雅歌1・9~2・7

2015年10月19日
長崎教会

1:9 恋人よ、あなたをたとえよう/ファラオの車をひく馬に。
1:10 房飾りのゆれる頬も/玉飾りをかけた首も愛らしい。
1:11 あなたに作ってあげよう/銀を散らした金の飾りを。
1:12 王様を宴の座にいざなうほど/わたしのナルドは香りました。
1:13 恋しい方はミルラの匂い袋/わたしの乳房のあいだで夜を過ごします。
1:14 恋しい方は香り高いコフェルの花房/エン・ゲディのぶどう畑に咲いています。
1:15 恋人よ、あなたは美しい。あなたは美しく、その目は鳩のよう。
1:16 恋しい人、美しいのはあなた/わたしの喜び。わたしたちの寝床は緑の茂み。
1:17 レバノン杉が家の梁、糸杉が垂木。
2:1 わたしはシャロンのばら、野のゆり。
2:2 おとめたちの中にいるわたしの恋人は/茨の中に咲きいでたゆりの花。
2:3 若者たちの中にいるわたしの恋しい人は/森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り/甘い実を口にふくみました。
2:4 その人はわたしを宴の家に伴い/わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。
2:5 ぶどうのお菓子でわたしを養い/りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。
2:6 あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ/右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。
2:7 エルサレムのおとめたちよ/野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください/愛がそれを望むまでは/愛を呼びさまさないと。

日毎の糧,未分類
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan