沖縄・東北 交流招待プログラムのご案内

沖縄東北 交流招待プログラムのご案内

2013年7月1日

3・11より2年余りが経過しました。しかし、被災地の復興の道のりは未だ遠く、被災者お一人お一人を支援する働きは、日毎にますます大切さを増し加えています。

そこでこの夏、沖縄キリスト教学院の全面的な協力のもと、沖縄の地において、上記の「沖縄・東北 交流招待プログラム」を実現する運びとなりました。

4泊5日、沖縄の真っ青な海辺で、思いっきり遊び、笑い、また学びの時を持ちたいと思います。

3・11当時、被災された全ての児童・生徒に開かれているプログラムです。お知り合いのお子様にお声掛けください。皆様の積極的な参加を心からお待ちしています。

■日 時:2013年日(水)~11日(日)【4泊5日】

■宿 泊:ぎのわんセミナーハウス、国立青少年交流の家(とかしき島)

■費 用:招待ですので、家庭から仙台空港までの交通費、仙台―沖縄間の

往復航空運賃、現地滞在費とも主催者が負担いたします。

■募集人員:小学生8名(小4以上)、中学生4名、高校生4名  計16名

参加資格:震災当時、被災地にお住まいだった方ならどなたでも応募できます。

■引率者:荒井偉作(名取教会牧師)、飯島信(日本基督教団幹事)、吉田知沙登(大学生)

現地ボランティア:沖縄キリスト教学院大学 学生有志

■プログラム:

8/7(水)10:30仙台空港集合。出発11:55 → 那覇空港着15:10 到着後、首里城見学

8(木)朝の礼拝 10:00フェリーで渡嘉敷(とかしき)島へ  昼食後、島めぐり

夜、レクリエーション・スポーツ大会

9(金) 朝の礼拝  朝食後、海洋研修  昼食後、自由時間  夜、バーベキュー

10(土) 朝の礼拝  朝食後、清掃  昼食後、沖縄の文化体験  夜、感想会

11(日) 朝の礼拝国際通りで買い物・自由行動  空港へ移動

那覇空港発14:20 → 仙台空港着16:50 ※空港で解散

 

申込先:日本キリスト教団 名取教会牧師 荒井偉作宛にFax でお申込み下さい。

〒981-1224 名取市増田 1-12-10 (Tel&Fax. 022-382-4396)

※申し込みの際には、郵便番号、住所、電話(可能な方は保護者のメールアドレスも)、年齢、学年、氏名(ふりがな) を必ず明記して下さい。

■申込締切:7月20日(土)必着。定員オーバーの場合は本部で選考いたします。

又、参加者には、後日正式な申込み用紙を送付します。

■問い合わせ先:日本基督教団救援対策本部担当幹事 飯島 信(いいじま・まこと)

※携 帯:080-3726-7143(留守録付)

■主 催:沖縄キリスト教学院  沖縄キリスト教平和研究所

日本基督教団 東日本大震災救援対策本部

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友