インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4978・79号】剣を打ちかえて鋤となす(4面)

2022年8月6日

 横須賀にある社会福祉法人「日本医療伝道会衣笠病院」創立75周年の記念礼拝(8月6日)に教団からの祝辞を求められました。この病院の創立の経緯を見ると、1947年8月1日に35名の医療スタッフと80床の病院として出発した最初は、「日本基督教団衣笠病院」となっています。教団立の病院であったことに驚かされます。現在も一貫して「日本医療伝道会」の名前を保持してチャペルを設け、教会とキリスト者を中心とした総合的な医療と社会福祉の働きとして大きく発展し、地域に仕える姿を証し続けています。
 言うまでもなく、横須賀は在日米軍の重要な海軍基地として、原子力空母が入港する港として世界に知られている街です。これは「終戦後の混乱と窮乏の中、横須賀に着任した米海軍横須賀基地司令官のベントン・W・デッカー大佐の熱心な激励により、キリスト教の精神に基づく医療奉仕をすることを使命として日本基督教団衣笠病院として開設…」との事情が伝えられています。横須賀には「横須賀基督教社会館」もあり、これも同じ事情によって開設された施設です。まさに、「剣を打ちかえて鋤となす」働きがこの横須賀の地で継承されているのです。日本基督教団として、ここに、この働きがあることを銘記して、共に祈り支え合う交わりにあることを覚えなければならないと思わされました。

(教団総幹事 秋山 徹)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan