インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4968号】在日韓国朝鮮人連帯特設委員会-(4面)

2022年3月5日

韓国教会と南北統一について学習会を開催

 2月1日、オンライン会議で第7回在日韓国朝鮮人連帯特設委員会が開催された。様々な日韓問題に対して当委員会としての見解をどう持つかが課題になっていたため、今回も始めに長尾有起宣教師(韓国基督教長老会ソウル第一教会)による学習会をもった。テーマは「朝鮮半島のキリスト教事情 −韓国教会と南北統一」。

 南北統一については、①統一とは?、②統一の理由、③統一の必要性、これらを韓国国民の実際のアンケート数字等を示しながら話されたが、実に多様な意見があることを知らされた。当地のキリスト教事情も、2015年から韓国に留学・宣教師として働いている長尾宣教師の実体験と深い知識を通して詳しく話され、貴重な学習会であった。

 報告事項は①1月28日、外キ協(外国人住民基本法の制定を求める全国キリスト者連絡協議会)全国協議会・集会がオンライン併用で開催され、宮本義弘委員長が出席し、その報告をした。主題は「コロナ禍/コロナ後の移民社会の歴史的課題〜未来世代へのメッセージ〜」。②昨年12月に全国の各教会・伝道所に「外国人住民基本法と人民差別撤回基本法」の制定を求める署名のチラシを送った際に問い合わせがあり、宮本委員長と星山京子担当職員がその報告をした。

 協議事項は、①8月に開催される全国キリスト教学校人権教育セミナーに、オンライン開催の場合は土井しのぶ委員を派遣する。しかし、会場に集まって開催する場合は、会場に一番近い委員を派遣する。②今年度の「外国人住民基本法と人民差別撤回基本法」の制定を求める署名活動は、以下の通りとした。8月に全国の教会・伝道所に著名用紙(3枚)を委員のアピール文を添えて送る。教団のホームページに載せる。尚、署名用紙もダウンロード出来るようにする。教団新報に委員長名で活動の協力も求める文章を載せる。(豊川昭夫報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan