【4908・09号】全国教会婦人会連合 50周年全国集会 「愛と真理に生きるとは」を主題に開催

 日本キリスト教団全国教会婦人会連合は、6月7〜8日に50周年全国集会を開催。主題「愛と真理に生きるとは−ヨハネによる福音書に聴く」。会場の幕張メッセ国際会議場には、北海道から沖縄まで、そしてエキュメニカルゲストを加えて900人を越える参加者が一堂に会した。今回の集会は、「世代をこえてつながろう」と呼びかけ、若い子育て世代や有職女性も参加しやすいよう二日目は土曜日に設定した。

 開会礼拝の後は、50周年セレモニー。チェロ演奏に聞き入りながら、会場の大スクリーンに映し出された「婦人会連合の50年の歩み」を見て、改めて歴史をふり返る時となった。

 その後、婦人会連合の活動を担う小委員会が企画した5つの分科会「聖書から聴く平和」、「教会・伝道」、「環境・子ども」、「世界との連帯」、「老いと祝福」の中で、希望した分科会に参加。夜には連合アワーとなり、各教区よりの報告を受けた。それぞれの活動に思いをはせると共に、課題を共有した。最後に独唱と会場一体となった賛美で一日目は終了。

 二日目は、朝祷の後、篠浦千史牧師(四国・さや教会)による主題講演。ヨハネによる福音書だけに登場する女性を取り上げ、メッセージが語られた。アンケートには、「わかりやすく、力強い講演で心に響いた」、「自分に語られた言葉として受け止め励まされた」、「神さまが私を愛し、一人一人賜物が与えられている」等多くの言葉が寄せられた。

 心和んだ参加者の子どもたちによるキッズ賛美・ゴスペル(あなたをたたえ等)の後、「主題を深める」、「若い世代のための講演」、「自由に交流を」の3グループに分かれ、交わりの時をもった。今回、子どものためのプログラム「しってる?うまれたときの おはなし」も実施、幅広い参加者を意識していろいろな形で関われるように準備を重ねた。

 最後に閉会礼拝・聖餐式、全員であずかる聖餐は、主につながる恵みを実感する格別の時となった。

 全日程を通して、婦人会連合の歩みを導いてくださった神への感謝・賛美を表す集会になったことを願う。そして教団の宣教にかかわる教会婦人の連帯する組織として、教団内自主活動団体の立ち位置を覚えつつ、今後も希望をもって歩んでいきたい。

 この集会で体感した全国の教会に連なる教会婦人の連帯を心にとどめつつ、参加者それぞれが御言葉に聴き従い、遣わされたところで活き活きと主のために働く。そのような力が与えられた全国集会であった。私たちの思いを越える主の恵みに感謝!
(渡辺多恵子報/50周年全国集会準備委員長)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友