【4851号】第40回教団総会議案第42号「教憲9条を改正し、伴って関連教規条項を改正する件」(提案者 第66回九州教区定期総会)の取り扱いについて

 第40回教団総会に向けて、九州教区総会では教憲第9条の改正議案を可決しました。

 教団は7月5日付で受理しました。

 教憲の変更に関しては、同第12条に「教団総会開会3箇月前に議案を公表し」とあることから、ただちに同議案を公表すべきでありましたが、その適切な取り扱いをすることができませんでした。

 その結果、第40回教団総会では同議案を上程することができませんでした。ここに、九州教区及び教団諸教会・伝道所に深くお詫びすると共に、左記に同議案を紹介いたします。
総会議長 石橋秀雄

 

議案42号
教憲9条を改正し、伴って関連教規条項を改正する件
提案者  第66回 九州教区定期総会
議 案
 現行の教憲第9条の規定「教師はこれをわけて,正教師および補教師とする」は、先の大戦下に宗教団体法(1940年施行)及び同施行令の命じるところに従って合同前各教派が不可抗力的に採るに至った「二種教職制」を踏襲して定められた旧日本基督教団規則第207条「教師ハ之ヲ分チテ正教師及補教師ノ二種トス」を、戦後の混乱期に充分な検討なくそのままに引き継いだ(1946年6月制定)ものであって、教会の信仰に基く内的希求ないし信仰的決断に発した定めではない。従って、第40回日本基督教団総会は、先の戦時下に犯した“神の主権よりも国権を上位に置いた過ち”を深く悔改め、神が与え給うた信仰の自由なる決断において、教憲第9条を次の通り、改正し、伴って関連教規条項を改正する。

〔教憲第9条現行条文〕
本教団の教師は,神に召され正規の手続きを経て献身した者とする。
教師はこれをわけて,正教師および補教師とする。
正教師は按手礼を領した者,補教師は伝道の准允を受けた者とする。

〔教憲第9条改正条文〕
本教団の教師は,神に召され正規の手続きを経て献身し,按手礼を領した者とする。
 上の改正に伴って、関連する教規の条項を次の通りに改正する。

〔教規第103条現行条文〕
教会担任教師が正教師であるときは牧師,補教師であるときは伝道師という。

〔教規第103条改正条文〕
教会担任教師を牧師という。

〔教規第104条現行条文〕
 教会担任教師は,次の教務を執行する。
ただし,伝道師は,第2号の教務を執行することができない。
⑴礼拝,伝道および信徒の信仰指導
⑵聖礼典の執行
⑶結婚式,葬式その他の儀式

〔教規第104条改正条文〕
教会担任教師は,次の教務を執行する。
⑴礼拝,伝道および信徒の信仰指導
⑵聖礼典の執行
⑶結婚式,葬式その他の儀式

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友