【4843号】教区総会報告2016年度3 教団総会議員、大方を選出

新議長に平良修氏 三役一新

沖縄教区

 第76回沖縄教区総会は、5月29・30両日、沖縄キリスト教センターで開会時、正議員45名中32名が出席して開会された。沖縄教区は03年以来連続して、教団問安使を拒否したが、石橋秀雄教団総会議長が総会を傍聴した。

 議事日程承認前に時間を要するのは、近年の沖縄教区総会の特徴で、今総会も議員資格の論議から、組織会終了までに45分間要した。

 沖縄教区は本年2月21日の教区臨時総会で、伝道所信徒議員投票権の内規を制定した。内規は、⑴伝道所信徒議員は全ての表決に参加する、⑵表決は、内規に則った表決を行い、次に規則に則った表決を行う、⑶規則に則った表決を教区総会の決議とする、というもので、「異なる結果が出た場合は協議する」と内規細則で定めた。

 今総会はこれを受け、全ての表決が2度行われたが、成否異なる結果が出ることはなかった。

 議長選挙は、第1回投票で当選者が出ず、上位2人による3回目投票で、31人中22票を獲得した平良修議員(うふざと伝道所代務)が当選。これまで合同のとらえ直しを理論的に指導して来た平良修議員の再登場となった。平良修新議長は、「85歳になり体力的に鈍って来ている。沖縄教区は大きな選択を迫られており、投票してくれた人には責任があり、連帯責任でやって行きたい。教区総会に出席しない教会、負担金を払わない教会とは徹底的に対峙して行く」と語った。

 副議長選挙は、同様に3度目の投票で、大城実議員(西原代務)が当選した。書記は、辞退者が相次ぎ、1日目の准允式で准允を受けたばかりの伊波美智子伝道師(宜野湾伝道所)が就任した。

 2日目午後、教団総会議員選挙議案が上程されたが、一つの意見も出ず、挙手多数で、沖縄教区は、第34回教団総会以来、一貫して教団総会議員を選出しなかった。

 九州教区が呼びかけている熊本救援募金に、教区から100万円献金をする議案が、満場一致で可決され、総会傍聴の梅崎浩二九州教区議長が謝意を表した。

常置委員選挙結果
【教職】小倉隆一(平真)、望月智(志真志伝道所)

【信徒】外間永二(平良川)、高里鈴代(西原)、玉城凉子(兼次伝道所)、中原牧子(石川・常置委推薦)
(永井清陽報)

 

「立川開拓伝道」継続支援を決議

西東京教区

 5月29日~30日にかけて、国分寺教会を会場に、第34回西東京教区定期総会が開催された。開会時の議員数は、207名中134名であった。

 一同が共に御言葉と聖餐に与る開会礼拝が捧げられた。その後、2名の准允式が執り行われ、新しく教師が立てられた喜びを議場一同で分かち合い、議長報告から議事が開始された。

 議長報告において真壁巌議長は「教区の教勢と教師の動き」「立川開拓伝道のさらなる歩み」「教区青年活動充実のための支援」「他教区との交流」「東日本大震災被災教区への継続的支援」「教区主催の集会」「教区に委ねられた喜びの決議」「教団関係」の8項目について順次報告した。

 この報告に対し議場から、特に立川開拓伝道に関してその道筋に疑義が示された。

 常置委員会報告においては、東日本大震災以降積極的に、そして組織的に教区としてボランティアを派遣している教区として、2015年度も12回に及ぶボランティア派遣を行ったこと、また、今年度も6回にわたるボランティア派遣が計画されていることが報告された。

 総会2日目、佐々木美知夫教団問安使との質疑応答では、教団議長挨拶の冒頭における贖罪信仰に偏った教会理解に疑問を覚えるという意見、改訂宣教基礎理論第2次草案について、透明性の無い常議員会が強行採決するような形ではなく、全教団的な議論での扱いを願う意見があった。

 これに対し佐々木副議長は、「贖罪信仰の強調は、様々な意見もあろうが、現時点の教団に必要なことの強調として議長が述べている。改訂宣教基礎理論に関しては、これから更なる議論を全教団的に行っていく」と答えた。

 議案「立川からしだね伝道所の土地・建物の購入への継続支援に関する件」に関しては、議長報告で疑義が示されたこともあり、より丁寧に議論がなされた。この議案は、2020年度までの5年間、立川からしだね伝道所に対して年間342万円を継続的に支出し支援を続けることを目的とした議案である。2007年に立川開拓伝道が教区総会で議決され、ようやく主任牧師が与えられた伝道所の今後を更に教区全体で支援することが承認された。

常置委員選挙結果(半数改選)
【教職】吉岡光人(吉祥寺)、宮崎新(本郷)、竹前治(清瀬信愛)

【信徒】井田昌之(狛江)、中嶌暁彦(八王子)、宮下重康(玉川)

教団総会議員選挙結果
【教職】真壁巌(相愛)、山畑謙(小金井緑町)、願念望(国分寺)、七條真明(高井戸)、吉岡光人(吉祥寺)、岩田昌路(狛江)、山口紀子(更生)、宮﨑新(本郷)、竹前治(清瀬信愛)、長谷川洋介(小平)、五十嵐成見(花小金井)、大住雄一(東京神学大学)

【信徒】井田昌之(狛江)、内堀怜子(相愛)、宮下重康(玉川)、中川義幸(阿佐ヶ谷)、堤恵子(高井戸)、鐘ヶ江有道(中野)、吉崎純二(吉祥寺)、中嶌曉彦(八王子)、森和博(国分寺)、亀谷二男(荻窪清水)、原田満喜夫(小平)、高津博(大宮前)
(小林信人報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友