インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4575号】三役・常置委員大幅交替 諸委員会の予算は引き続き年5%削減 神奈川教区総会

2005年4月2日

第一一三回神奈川教区総会が、二月二六日、清水ヶ丘教会を会場に行われた。鳥羽徳子氏の司式により開会礼拝が行われた後、正議員二二五名中、一四七名で総会は成立。
組織会に続き、「補教師の准允執行に関する件」と「正教師の按手礼執行に関する件」が上程された。准允受領志願者一名と、八名の按手礼志願者の所信表明を受け、質疑の後、それぞれの議案は可決。午前中に准允式と按手礼が執行された。
また、新潟県中越地震後初めての教区総会となる今総会では、同地震による「被災教会会堂等再建支援委員会」の小橋孝一委員長、関東教区から村田元副議長、飯塚拓也書記が、被災状況を説明し募金を呼びかけた。昼食前に直ちに議場で募金が集められ、一五万円が献げられた。
今回の総会では、議長、副議長、常置委員選挙が行われたが、岩崎隆議長は三選禁止の条項に該当し議長交替の選挙となるため、大きな動きのある選挙が予想されていた。選挙の結果は次の通りで、三役が替わり、常置委員会も顔ぶれが変わった。なお、書記は後日、議長と副議長により西田直樹氏(平塚)が選任され、常置委員会で報告された。
【議 長】高柳竜二(本牧めぐみ)
【副議長】藤盛勇紀(藤沢北)
【常置委員】《教職》藤掛順一(横浜指路)、古旗誠(横浜上原)、菊池礼子(高座渋谷)、渡辺誉一(大船)、岩崎隆(六ツ川)、東野尚志(鎌倉雪ノ下)、〈次点〉北村慈郎(紅葉坂)、森研四郎(鎌倉)、盛谷祐三(茅ヶ崎)、《信徒》片山知子(本牧めぐみ)、望月克仁(鎌倉雪ノ下)、田崎幸子(溝ノ口)、伊東永子(翠ヶ丘)、渡辺勝利(茅ヶ崎南湖)、中林克彦(鎌倉雪ノ下)、〈次点〉荒井明子(川崎戸手)、内田保彦(六角橋)、吉田暁美(鎌倉恩寵)
教区活動基本方策案および活動計画案に関する件では、様々な社会活動への教区の取り組みが総花的であるが環境問題への取り組みが無い等の意見や、子どもを巡る問題に教会がどう取り組むかに関する質問などが交わされた。いつくかの質疑応答の後、原案が可決された。
教区予算案および各教会負担金割り当て案に関する件も可決されたが、諸委員会の予算は〇三年度対比で一律一〇%削減、または一〇数%の自主カットとなり、教区財政の逼迫が一目瞭然となっている。また、この削減は〇六年度の一五%減まで予定されている。
議員提案による「米国陸軍第一軍団司令部をキャンプ座間へ移転する計画の中止を求める件」では、実際に提出される抗議文の本文がどうなるか等について質疑があったが、文案や翻訳等については常置委員会に委ねられ、議案は可決された。
(藤盛勇紀報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan