【4787号】《東京教区・東日本大震災特別礼拝》 5支区聖歌隊が讃美

 東京教区の東日本大震災を覚える特別礼拝が、10月27日午後、銀座教会で開催された。

 礼拝〈司式・鈴木秀信(船橋教会)、奏楽・草間美也子(銀座教会)〉で岸俊彦牧師(経堂北教会)は、「時」と題する説教(ヨハネの黙示録1・1〜3)で、「黙示録の著者ヨハネの『時』とは、キリストの『時は満ち、神の国は近づいた』の『時』であり、過ぎ行く時間でなく、特別な決定的な『時』だ。決定的な『時』の開始は、産みの苦しみの始まりだとキリストは語った。3・11は、まさに決定的な『時』に違いなく、ますます先行きの見えない、困難な時代となった。神の計画と必然は、私たちには計りがたい。だから、いつも目を覚ましていなければならない。ヨハネは、礼拝を考えて黙示録を書いた。神の御前に集うこと、礼拝者の幸いが分かる。教会で真の礼拝の実現する時が、終わりの時の光景だ」と述べた。

 礼拝後、長崎哲夫総幹事、飯島信救援対策幹事の挨拶に続いて、第2部5支区聖歌隊讃美〈司会・宮越光(松戸教会)〉に移った。

 東京教区は、70年の万博出展問題で起きた激しい対立で、90年の再開まで20年間、教区総会が開けなかった。この間、75年に活動を支区に委ね、教区は連絡・調整役を担って来た。09年の能登半島地震特別礼拝が紛争後初めてで、今回が復活後3度目の合同讃美だった。

 西南、南、北支区が合同聖歌隊、東支区が銀座教会、千葉支区が柏教会聖歌隊の讃美で、最後は、5支区聖歌隊讃美の恒例ともなった会場全員での「ハレルヤ・コーラス」(メサイア)を声高らかに歌った。

 礼拝には、30教会から207人が出席。当日の献金、15万9千490円は東日本大震災募金に献げられた。(永井清陽報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友