【4781号】「障がい」を考える小委員会 障がい者、牧会者各交流会の交互開催を決定

6月24日、第38回総会期「障がい」を考える小委員会が教団会議室にて開催された。加藤幹夫(阿漕)、W・ジャンセン(東京神学大学)、上竹裕子(磐城)、森田恭一郎(遠州栄光)、中村英之(熊本城東)、藤盛勇紀担当幹事が出席し、加藤委員長の開会礼拝の後、書記に上竹委員を選任した。
前総会期からの申し送り事項として①病と障がいの理解を深めていくこと、②4年に一度の全国交流会を2016年度に開催できるように努め、そのための献金を継続すること、③「障がい」に関する情報発信を継続することを確認した。
特に、牧会者とその家族のメンタルケアの問題について、牧会者とその家族の相談室設置や交流会開催が議論されてきた経緯についての話し合いを深めた。教会と牧会者、その家族のコミュニケーションの課題があり、牧会者が悩むケースに加えて、パワーハラスメントやDV等、牧会者が加害者となるケースについても対応できる相談室の重要性を話し合った。この課題については、次回委員会でさらに学びを深めることとした。
次に、今後の交流会の計画について話し合い、2年ごとに障がい者交流会と牧会者交流会を交互に開催することを決定した。交流会は、参加者同士の励ましとなり、具体的な課題が見えてくる貴重な機会ともなる。2014年9月2日~3日、戸山サンライズにて、《第4回「障がい」を考える全国交流会-牧会者ならびにその家族の精神的なケアを考える》を開催予定。
最後に、ホームページの内容について検討した。現在、本委員会はホームページ上で、障がいについて、教会での取り組み等を紹介している。
《http://uccj-j.org/》 今後、障がい者やその家族、教会と情報を共有し、共に考えることのできる場として周知され、活用されるよう内容を充実させる。ホームページ担当に中村委員を選任した。障がいを抱えながらも福音の喜びに生きるための手助けとなるメッセージや情報を発信していくことを確認した。
(上竹裕子報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友