Personal Experience of Christianity in Practice in Germany

For five-and-a-half months, from Feb. 15 to July 28,
2011, I experienced life in Germany as a participant in a
volunteer program of the Das Evanglische Missionwerk in
Sudwestdeutschland (Southwestern German Evangelical
Church). The purpose of this program was to enable
Christian young people from countries where Christianity
is a minority religion to learn about other religious cultures
while living in Germany, a country of many forms of
Christianity. I responded to an advertisement in the Kyodan
Shinpo (The Kyodan Times) and. following an interview,
was selected to participate.
There were a total of five participants who came from
Indonesia, South Africa, Hong Kong, and Japan. During
our stay in Germany, we did volunteer work at nursery
schools, public schools, and churches during the week.
On weekends, we spent time with our host families. Once
every two months, there would be study/training at the
EMS home office as well as opportunities for fellowship
with other volunteers and EMS staff.
I experienced Christianity as a child, being taken to church
by my parents from the time I was in kindergarten. Perhaps
it was because it was an assumed part of my life from
childhood, but I found it difficult really to grasp Christian
faith as an adult. I became less active in church attendance,
and I thought of myself as a Christian of shallow faith.
Even after being allowed to be a part of the program, I
found myself wondering if I should be participating as a
representative of Japan. However, after going to Germany,
I found that most of the songs sung in nursery school were
hymns; families gathered together and celebrated Easter;
and many of the after-school activities took place at the
YMCA. In fact, I found myself in surroundings where
Christianity was an assumed part of almost every facet of
life.
I was taken to worship services by my host family on
numerous occasions. However, my host mother felt that
the important thing was not the frequency of church
attendance, but one’s faith. I was able to hear this view —
different from that of many Japanese — and that helped to
lighten my feelings. I was able to look at my personal life
of faith in a more positive way.
The 2011 Great East Japan Earthquake occurred while I
was in Germany. I was exposed to foreign media coverage and the thoughts of people other than Japanese. I felt that I had an opportunity to see Japan objectively. I also had the opportunity to make special friendships with Germans and other foreigners. In closing, I want to thank God for watching over me and providing me this opportunity to reside in Germany. I also want to thank the Kyodan Committee on Ecumenical Relations, the staff of EMS, and the many people who made my participation in this program possible. I am very grateful to everyone. (Tr. JS) Kyodan Shinpo (Kyodan Times) No. 4737

Personal Experience of Christianity in Practice in Germany
by Nakagawa Shiori, member*
Shinmatsudo-koya Church,
Chiba Subdistrict, Tokyo District

2011年2月15日から7月28日までの5ヵ月半、私はEMS(Das Evanglische Missionwerk in Sudwestdeutschland)(南西ドイツ福音宣教会)の主催するボランティアプログ ラム(Ökumenisches Freiwilligen Program)に参加し、ドイツ での生活を経験してきました。このプログラムは、キリスト教が まだマイノリティである国のクリスチャンの若者が、キリスト教が多数派であるドイツで生活をする中で異なる宗教文化を学ぶことを目的 としたものです。教団新報での公募に応募し、面接を経て参加が叶いました。

今回の参加者はインドネシア、南アフリカ、香港、日本からの合計5人で、滞在中私たちは、平日は保育園や学校、教会でボランティ ア活動をし、週末はホストファミ リーと過ごし、2ヶ月に一度ほどEMS本部事務所で研修が あり、他のボランティアやEMSのスタッフと交流を深めました。

私は幼稚園のころから親に連れられて教会に通うようになりキリスト教と言うものを知り ました。小さいころから生活の中に当たり前にあったせいか、大人になっても信仰の対象としてキリスト教を捉えることができず、教会へ 行くことにもあまり積極的ではなく、自分は信仰が深くないクリスチャンであると思っていました。

このドイツでのプログラムに参加させてもらえるように なってからも、自分が本当に日本の代表として行かせてもらっていいのだろうかという思 いもありました。しかしドイツへ行ってみると、保育 園で歌う歌はほとんどが賛美歌、イースターは家族みんなが集 まって祝う行事、中高生の課外活動は教会に付属しているYMCAと、まさに生活のなかに当たり前にキリスト教があるという環境 でした。

 ホストファミリーに教会の礼拝に連れて行ってもらったのも数え るほどで、ホストマザー曰く、「礼拝にあまり行かなくても信仰してるからい いのよ。」という考え方なのだそうです。日本人とは異なる宗教 観を知ることができ、少し気持ちが軽くなり、自分の信仰をポジティブに捉え 直すことができるようになりました。

ドイツ滞在中には、東日本大震災という大きな出来事がありました。日本以外のメディア や人の考え に触れることができ、日本という国を客観的に見るきっかけが与 えられました。またドイツ人をはじめ、海外に大切な友達もできました。

最後に、今回のドイツ滞在の機会を与え、その日々を守ってくださった神様に感謝しま す。また、出 発前からたくさんの手助けをしてくださった教団国際関係委員会 の皆様、EMSのスタッフ、私のプログラム参加に手助けをしてくださった方々 に御礼申 し上げます。 (教団新報4737号)

千葉・新松戸幸谷教会員/中川志桜里(なかがわしおり)(2011年3月明治学院 大学卒業)

 

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友