The General Secretary’s Diary : Symposium Held by the Kyodan’s Disaster Relief Planning Headquarters

The Kyodan’s Disaster Relief Planning Headquarters hosted a symposium at Ginza Church, Aug.29-30, on the theme “Christianity and the Crisis in Present-day Japan–Issues Raised by the Great East Japan Earthquake,” which was attended by 440 participants. Four speakers–a pastor, a theologian, a Christian educator, and a Christian social worker–made presentations from their individual perspectives, and Oki Hideo, president of the postgraduate school of Seigakuin University, gave a special lecture.

The substance of this symposium was extremely valuable, so a report will be published in the future. I will introduce here only the main points of Oki Hideo’s lecture, as space is limited. The theme, “Christ’s Saturday,” is filled with deep and penetrating insights.

The Great East Japan Earthquake caused a massive tsunami, and with “a shaking movement of the earth’s foundation” attacked human society with enormous strength, plundering many lives, destroying many towns, and giving birth to a piteous situation that we can hardly bear to see. Moreover, this earthquake caused a nuclear accident, which led to radioactive contamination, and revealed various contradictions in modern society. The superficiality of politics and its deceitful nature made clear the shallow base of education. And not only that, has it not exposed the weakness of faith within the Protestant Christian church in present-day Japan? Neglecting the proclamation of the gospel of the cross and the resurrection of the Lord Jesus Christ, regarding as sufficient mere statements like “Follow Our Lord Jesus who was kind to people,” such as humanists would say—these weaknesses of the church has been shattered by this great earthquake.

About the desolate scene of mountains of thoroughly devastated debris spreading out before him, one Buddhist scholar reportedly said, “sai no kawara” [referring to the hopeless state of a child]. Truly only darkness, uncertainty, and a Hades that must be resigned to are there.

However, in that Hades, Christ is reclining. As clearly confessed in the Apostle’s Creed, “[Jesus Christ]… was crucified, dead, and buried; He descended into hell….” That is to say, Christ who died on the cross on Friday descended into Hades and lay Himself down there on Saturday, the day before the Sunday when he was resurrected. Why? It was in order that he might fulfill the role of a bridge crossing over from Hades to the eternal Kingdom, not remaining in Hades, which the Buddhist scholar called sai no kawara.

Ezekiel, the prophet during a period of destruction who saw a similar scene of sai no kawara in a vision (Ezekiel 37:1-14), spoke of how “dry bones in the valley” were raised from the death. The true God puts new breath in the dry bones, resurrects them, and gives them new life. Japan is now in “the valley of dry bones.” That is, we are in the dark Hades of Saturday. It appears as if there is hopelessness, darkness, and only sadness, pain, and tears. But Christ lies down in the Hades of Saturday, and furthermore, He speaks powerfully to those who are in utter despair. “Cross over me, as you would go across a bridge, and receive a new spirit!’

Christ in the Hades of Saturday is the Christ of the resurrection of Sunday. Speaking strongly about this is the mission of the present-day Protestant church. (Tr. SM)

—Naito Tomeyuki, general secretary

 

 

今回は教団の『東日本大震災救援対策本部』が主催したシンポジウム について記します。

8月29日 (月)~30(火)銀座教会を会場にして開催されました。テー マ:『現代日本の危機とキリスト教―東日本大震災によって問われたことー』。発題者は4名。教会牧師の立場から、神学者の立場から、キリスト教学校教育者の立場から、キリスト教社会福祉者の立場からそ れぞれ発題されました。そして最後に大木英夫氏(聖学院大学大学院長)による特別講演がなされました。このシンポジウムは内容の濃い 会でした。後日報告書として出版される予定。出席者は440名ほどでした。

このたびは、紙面に限りがありますので、大木英夫氏の講演の要点 のみを紹介します。題は『土曜日のキリスト』。深く鋭い洞察に満ちた内容でした。

このたびの東日本大震災は大津波を引き起こし、「地の基ふるい動 く」凄まじい力で人間社会を襲い、多くの生命を奪い、多くの町並みを破壊し、目を覆いたくなるような綱領惨憺たる状況を生み出した。 また、この大地震は原発事故を誘発し、放射能汚染を生み出して現代社会のさまざまな矛盾を暴き出した。政治の軽さや欺瞞性を審き、教 育の底の浅さを明らかにした。それだけではなく、現在の日本のプロテスタントキリスト教会の信仰の虚弱さをあばいたのではないか。十 字架と復活の主キリストの福音を語ることを疎かにし、単に「人に優しくされた主イエスに倣おう」などとヒューマニストと余りかわらな いことを語ってよしとしている教会のひ弱さをこの大地震は打ち壊したのである。

ある仏教学者が、徹底的に崩壊した瓦礫の山の拡がる荒涼たる光景 を前にして「賽の河原だ」と言ったという。そこはまさに暗闇であり、無常であり、諦めしかない陰府だというわけである。

しかしながら、その陰府にキリストが横たわっている。「十字架に かかり、死にて葬られ、陰府に下り」and in Jesus Christ his only Son our Lord; who was conceived by the Holy Spirit, born of the Virgin Mary, suffered under Pontius Pilate, 「was crucified, dead, and buried; He descended into hell; 」the third dayと使徒信条に、はっきり告白されているとおりである。即ち、金曜日 に十字架に死なれたキリストは、日曜日に復活される前日の土曜日に位陰府に下り、そこに横たわられた。何のために?それは仏教学者が 「賽の河原だ」といわれた陰府に止まらずに、陰府を越えて永遠のみ国へと渡っていく橋の役割を果たされるためだったのである。

「賽の河原」と同じような光景を幻としてみた崩壊期の預言者エゼ キエルは「枯れた骨の谷」の復活する様を語っている(37章1~14)。 真の神は新しい霊を吹き込み、枯れた骨を復活させ、新しい生命を与えられる。今日本は「枯れた骨の谷」にいる。即ち、土曜日の暗い陰 府にいる。そこには希望が無く闇があり、悲しみと痛みと涙のみがあるように見える。しかし、土曜日の陰府にはキリストが横たわってお られ、しかも絶望の渕にある者に力強く語られる。「わたしの上を、橋を渡るように渡って行け、そして新しい霊を受けよ!!」とー。

この土曜日の陰府のキリストこそ、日曜日の復活のキリストであ る。このことを力強く語ることこそ、現代のプロテスタント教会の使命なのである。

内藤留幸 総幹事

 

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友