Message of Peace Aug. 7, 2011

by Ishibashi Hideo, Kyodan moderator and
Choi Young Shin, Korean Christian Church in Japan moderator

The Great Eastern Japan Earthquake, which resulted in the unprecedented number of nearly 20,000 dead and missing persons, has given those of us living in Japan great sorrow and pain. The tsunami that swallowed 500 kilometers (310 miles) of coastline stretching from the Tohoku region to the Kanto region has particularly shown us the fearful power of nature, which mercilessly destroyed people’s lives, and has revealed how weak we are in the midst of such tragedy. In this difficult time, we Christians in Japan who have been given an “incomprehensible hardship” search for meaning, while supporting together the many people who are suffering great pain, and try to understand and bring hope to start down the road to reconstruction. Why? Because we believe that the despairing event of “the death on the cross of God’s only Son,” made by God to be the vessel for saving all the people of the earth, was God’s plan for our incomprehensible conversion to become vessels to bring hope to the world.

We, the Kyodan and the Korean Church of Christ in Japan (KCCJ), through our respective reconstruction plans, have determined to be present with the people who are suffering, not only Christians but also all people affected by the disaster. For this reason, besides emergency support, which is already being provided, we work with people to help them return to a normal lifestyle and to give spiritual support. Along with support to help with the reconstruction of churches, we are creating mid- and long-term support plans. Jesus said: “As you did it to one of the least of these who are members of my family, you did it to me.” (Matt. 25:40) So we have a great interest in assisting those who are the most vulnerable in devastated areas, such as children, persons who have disabilities or are aging, and foreigners, to return to a normal life. When necessary, within our separate support plans, both the Kyodan and the KCCJ will cooperate and assist each other in accordance with our mission agreement established in 1984.

On the other hand, this tragedy has shown people who live in Japan the mistaken road they have been walking. Because of the power of the earthquake and tsunami, which exceeded anyone’s imagination, the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant released a frightening amount of dangerous radiation and continues to endanger many people. Even though Japan is the only country to suffer from nuclear weapons and should know better than any other country the danger of nuclear power, slogans such as “necessity,” “safety,” “economics”, and recently, “environmentalism” have been used to promote nuclear proliferation. Also, even aware of the continued contamination from this terrible accident, the government concealed much of the truth and raised the standard radiation contamination limit, thus creating an emergency situation and disregarding their responsibility for the health and lives of the people. Already, the slogans that have been supporting nuclear energy promotion, “necessity,” “safety,” “economics”, and “environmentalism,” have clearly been exposed as falsehood. Through this accident the government has placed the people living in eastern Japan in danger and has polluted the environment of the entire world for the pursuit of convenience and profit, and the people of this country who supported this pursuit caused this “man-made disaster” by getting involved in something they should never have touched. We arrogant human beings have received a warning for our sin.

The Kyodan and the KCCJ sincerely wish to walk together for this cause and to pray for the following items related to this unprecedented disastrous situation:
1. Long-term support and mental health care for the victims of affected communities as well as sufficient
support from the government to match the efforts of the victims;
2. Sufficient support and care for foreign victims of the disaster as well as monitoring of abuse or
discrimination.
3. Absolute disclosure rather than concealment of the truth concerning radiation contamination and other facts
by the Japanese government and the Tokyo Electric Power Company (TEPCO);
4. Complete security for people in the mandatory evacuation area, emergency evacuation area, and preparedness
evacuation area;
5. Explanation of the rationale for why, after the nuclear accident, the radiation contamination limit for TEPCO
workers and for children was permitted to be raised and a return of the limits to appropriate numbers; and
6. Ceasing the operation of all nuclear power plants and the removal of all reactors as well as an earnest effort
to replace all nuclear power plants with renewable energy sources. (Tr. WJ)

From Kyodan Shinpo (Kyodan Times)

 

平和メッセージ

日本基督教団 総会議長 石橋秀雄
在日大韓基督教会 総会長 崔栄信

死者・行方不明者を合わせて2万人以上を出した未曾有の災害である東日本大震災は、私たち日本に住むすべての人々に大きな痛みと苦しみをもたらしました。特に、東北から関東にかけての約500キロにわたる沿岸部を飲み込み、人間の生活の営みを無残に破壊し尽くした津波は、恐るべき自然の力に対する畏怖の念と、そこに暮らす私たちに人間の弱さとはかなさをあらためて悟らせました。このような悲劇の中で、私たち日本にあるキリスト者たちは、私たちの人生に与えられた「故なき患難」の意味を苦しみながら探しつつ、今大きな痛みの中にある人々と共にその痛みを分かちあいながら、それでもなお望みを持って復興への道を歩み始めています。なぜなら、「ひとり子の十字架の上での死」という絶望的な出来事でさえ全人類の救いへの器とされた神は、この絶望をも、私たちが測り知ることのできないその善きご計画にしたがって、未来の希望への器と変えてくださると私たちは信じているからです。
私たち、日本基督教団と在日大韓基督教会は、それぞれの復興支援策を通じて、被災地の教会とキリスト者たちのみならず、すべての人々に寄り添い、その苦しみと痛みを共に担っていくことを決意しています。そのために、すでに実施された緊急支援の他にも、被災地の復興と人々の生活の再建と魂の回復のためのサポートを、教会復興支援と同時に中・長期的に進めることをすでに計画し、実行しています。さらに、「わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである」(マタイ25:40)と説かれた主イエスの精神にのっとり、被災地における災害弱者(子ども、障がい者、高齢者、外国籍者)を取り巻く問題に、特に大きな関心を払いつつ、復興支援を進めていきます。またこれらの支援策のなかで、必要に応じて両教団が協力し互いの働きを支え合うことこそ、1984年に両教会の間に結ばれた宣教協約のひとつの結実であると信じています。

一方でこの大震災は、私たち日本に住む人々の間違った歩みを明らかにしました。人々の予想をはるかに超える地震と津波の破壊力によって、その制御機能を失い崩れ落ちた福島第一原子力発電所は、最悪の放射能汚染を引き起こし、今も多くの人々の命を危険にさらしています。実に、原子力の軍事利用によって大きな被害を受けた唯一の被曝国であり、核の恐ろしさを他のどの国よりも知っているにもかかわらず、この日本は「必要性」「安全性」「経済性」、そして最近では「親環境性」というスローガンのもと、発電の原子力化を推し進めてきました。また、今回の重大事故に際して日本政府は、一触即発の危機的状況や、人の健康に重大な影響を及ぼす深刻な汚染状況が継続していたにもかかわらず、その事実を多くの部分において隠蔽し、むしろ放射能の被曝基準値を引き上げることによって急場をしのぐという、人々の命と生活に対する責任を放棄する行動を取っています。すでに、これまでの原子力推進政策を支えていた「必要性」「安全性」「経済性」、そして「親環境性」というスローガンのどれもが虚偽であったことが明らかになりました。東日本に住む人々の命を危険にさらし、全地球の環境に影響を与えているこの原発事故は、とどまるところを知らない利便性と利潤の追求の道を歩むことを選択したこの国と、そしてそれを支えたこの国に住む人々が引き起こした「人災」であり、そういう意味でこれは、手をつけてはならなかった強大な力を我がものにして驕り高ぶっていた私たち人間の罪に対する警告であるのではないでしょうか。

日本基督教団と在日大韓基督教会は、この未曾有の震災状況と取り組みつつ、次のことを真摯に祈り求めつつ、共同の歩みを重ねていくことを表明いたします。

1 被災者に対する公共の中・長期的支援が、精神的なケアも含めて適正に行われること。また被災者支援にあたる民間の努力に対して、政府による支援が十分に行われること。
2 被災した外国籍者に対する公共の支援とケアが適正に行われること。また災害弱者に対する虐待や差別的待遇の有無が監視されること。
3 日本政府と東京電力が、原発事故と放射能汚染に関わる全ての客観的事実を、隠すことなく明らかにすること。
4 原発事故により警戒区域・緊急時避難準備区域・計画的避難区域に指定された地域の住民たちに対する生活保障が、完全に実施されること。
5 原発事故後、原発作業員の被曝量、また子どもたちの被曝許容量の引き上げに関し、その合理的な根拠を明示し、その値を適正値にもどすこと。
6 全ての原発の稼働を停止し、廃炉を前提とした処置が取られること。また原子力発電に取って代わる自然エネルギーの開発が全力で取り組まれること。
(教団新報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友