"The word of the Lord spread quickly and with power"

by Kyodan Moderator Ishiabashi Hideo
“Amazing Grace”
On Dec. 16, 2010, the movie distribution agency, Prestio, sent me a DVD and an invitation to write a review. The DVD was “Amazing Grace” (2006, U.K.), and I was asked to write on John Newton for the mass media. “Amazing Grace” will be shown throughout Japan from March 2011. Through his faith, the main character, William Wilberforce, fought to introduce a bill to end the slave trade, and was supported in his efforts by the Reverend John Newton.
John Newton, who wrote the lyrics for “Amazing Grace,” experienced many failures and setbacks as a youth, but he had a dramatic conversion experience during a storm at sea as he and his ship were spared. As a result of that experience, he went from being the captain of a slave ship to becoming a minister of the gospel. Upon realizing that the Lord could “save a wretch” like him from his sinful life, one for which he could never atone, he was able to sing about God’s unbelievable grace―that is, God’s “amazing grace.” In the movie, at the end of Newton’s life, when his eyesight began failing and his memory became dimmer, he exclaimed that even though he may have forgotten many things, there were two things he could never forget; that he was a sinner, and that Christ was his savior. I was moved to recognize this movie as an instrument of evangelism, and wrote the article.
What is Evangelism?
Paul held daily discussions about God’s amazing grace in the lecture hall at Tyrannus in Ephesus “so that all the Jews and Greeks who lived in the province of Asia heard the word of the Lord.” (Acts 19:10) The Ephesians took time from their lunch hour to listen eagerly to the gospel at the lecture hall. Paul spoke passionately, and the people listened intently. Many people repented.
The evangelism of which Acts speaks is that of repentance. When the Ephesians understood the amazing grace of which Paul was speaking, they confessed their sins, “and openly confessed what they had done.” (Acts 19:18) They were released from their sins, and thus, were also made free.
The towns in Ephesus were full of magic practices. The people who heard Paul’s gospel clearly confessed their sins and discarded their magic. They repented and burned the books of magic, which had been at the center of their lives. “When they calculated the value of the scrolls, the total came to fifty thousand drachmas.” (Acts 19:19) Scrolls of magic were quite expensive. “Fifty thousand drachmas” represents a huge price in their world. The valuable scrolls of their world were destroyed.
As the magic books were the center of the Ephesians’ lives, they depended on them for overcoming the troubles of their lives and this world. People were finally released from the bondage of the magic practices that had enslaved them. The words of the living God have power to change peoples’ lives. God frees us from the bondage of magic, myths, and hardships.
God’s Words are Influential
“In this way the word of the Lord spread widely and grew in power.” (Acts 19:20) Not through Paul nor through the words of people, but through the word of the Lord the message of the Lord Jesus through his cross and resurrection rapidly spread.
Speak the Word passionately, listen to the Word passionately, and sing praises to God on high in worship. Let us be an evangelistic church with a burning faith and a passionate witness. May the word of the Lord spread quickly and with power in the Kyodan so that it will be recognized for its evangelism. (Tr. WJ)
―From Shinpo (Kyodan Times) published in Jan. 19
主の御言葉が勢いよく広まる          総会議長 石橋秀雄
驚くほどの恵の中で
 昨年12月16日映画配給会社プレシ ディオからDVDと原稿依頼が送られて きた。DVDには「アメイジング・グレイス」(2006年英国)とあり、マスコミ用資料としてジョ ン・ニュートンについて書いて欲しいとの事 であった。
アメイジング・グレイスが今年三月に全 国の映画会社から公開される。
この映画の主人公は「奴隷貿易禁止法 案」を成立させる為に信仰もって闘ったウ イリアム・ウィルバーホースである。この闘いをジョン・ニュートン牧師が支える。
アメージング・グレイスを作詩したジョ ン・ニュートンの青年時代は挫折と転落 の人生であり、その救いの体験は、難破船の中で、必死に祈り、死の危険から救われたことによる。その後、奴隷貿易船の船長から、牧師に なった。 このならず者、 償い切れない罪を犯した者を、罪の中に捨てられた者を、主は見いだし救ってくださった。神の驚くべき恵 みが歌われる。まさに、アメー ジング・グレイスだ、驚くべき恵みだ。
映画の中で、ニュートンは視力が落ち、 記憶が薄れ、人生の終わりが近い中で、 「すべてを忘れても決して忘れられない二つの事がある。それは、私が罪人であり、キリストは救い主であるということだ」と告白する場面が ある。この映画は伝道 の映画だと感銘を受け原稿を書くことにした。
伝道とは
この驚くべき恵みをパウロはエフェソの ティラノの講堂で毎日論じた
「アジア州に住む者は、ユダヤ人であ れ、ギリシャ人であれ、だれもが主の言葉 を聞くことになった」
(使徒言行録19章10節)
エフェソの人々は。貴重な昼休みに講堂 にやってきて熱心に福音を聞いた。
「パウロは熱心に語り、人々は熱心に聞 いた
ここで多くに人々が悔い改めた。
使徒言行録が示す伝道とは、「悔い改 め」を起こさせることだ。
エフェソの人々はパウが語る「驚くべき 主の恵み
を知らされた時、罪の告白をしている。
「自分たちの悪行をはっきり告白し た」(同18節)
彼らは罪から解放された。そして、同時 に自由にされたのだ。
エフェソの町は魔術が盛んな町であった。
パウロの福音を聞いた人々は「その悪行をはっきり告白」して魔術を捨 てた。自分の生活の中心であった魔術 の書物を、悔い改めて捨てて燃やした。
「その値段を見積もってみると、銀貨5万枚にもなった
(同19節)
魔術の書物は高価な書物であった。銀貨5万枚は膨大なこの世の価値を示している。こ の世の価値書物が燃やされた。
魔術がエフェソの人々の生活の中心にあるということは、同時に生活の 不安、その不安を魔術の本に頼って克 服しようとしていたということになる。
この今まで生活の中心にあり、人々の心を縛っていた魔術から人々は解 放された。
生ける神の御言葉の力は人々の生活を変える。
魔術から、迷信から、わたしたちを縛るあらゆる苦悩から自由にする。
主の御言葉が勢いよく
「このようにして、主の御言葉はますますい勢いよく広まり、力を増し た
(同20節)
パウロではなく、人間の言葉ではなく、主の言葉が、「十字架と復活の 主イエスの言葉が、ますます、勢いよ く広まり、力を増した
のだ。
御言葉が熱心に語られ、御言葉が熱心に聞かれ、神への讃美が高らかに 歌われる礼拝が捧げられ。この礼拝で 熱くさた信徒が,熱心に証をし、熱心に伝道する教会でありた い。そして、日本基督教団において「主の御言葉がますます勢いよく広まり、力を増した」と語りえる「伝道する教団」になって行きたい。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友