The General Secretary's Diary: The Succession of Faith

On Jan. 10, 2011 the 18th Chiba Subdistrict’s Lay Rally was held at West Chiba Church, with the theme “Let’s Connect: the Circle of Faith and the Succession of Faith.” Chiba Subdistrict is one of Tokyo District’s five subdistricts. It has 62 churches and preaching points, 46 of which participated in the Lay Rally. I attended the rally this time and gave an address with “the succession of faith” as its main focus. Here I want to present the key points of that address.
“The succession of faith” is an important concern for all churches, and especially for the Kyodan, as an issue of evangelism. However, it is by no means easy to achieve because it is deeply related to the basic essence of faith. That is to say, “the succession of faith” is not a succession of assets or the transfer of wealth and is different from the inheritance of things. Rather, it is a matter of the heart, which connects one’s being and one’s deep spiritual nature in faith and is also connected to eternal truth (life). Simply stated, faith is basically my relationship with God.
I cannot have faith on behalf of someone else, and no one else can have faith on my behalf. No matter how great our love for someone else (such as a parent, child, husband, wife, best friend), persons with a true living faith cannot permit this love to come between themselves and God. No matter how much I love my children, I cannot stand in my children’s place and believe in God on their behalf. Praying earnestly to God the Holy Spirit is the only way for the succession of faith to be realized in the lives of our children and for them to come to believe in God themselves. According to the Bible, only God the Holy Spirit can give us faith that Jesus is Lord (I Cor. 12:3) and lead us to become one who prays deeply, calling on the “Abba, Father” (Rom. 8:14-15). Therefore, if we want a succession of faith, we must pray to God, pray deeply, and continue to pray that “our children will be given true faith,” and it is important that the church, as the family of God, pray together for God to give faith to the next generation.
Next, in order to realize the succession of faith, it is important to have the assurance of faith that the living God gives me individually. And it must be constantly made clear that this faith gives me deep, living joy, which gives me “living” courage and a “living” hope. Faith in Christ the Lord is the greatest treasure that God has given me. Further, it is necessary that we clarify the content of our faith. For that reason as well, we must correctly understand the Kyodan’s Confession of Faith.
To make the succession of faith a reality, infant baptism must be seriously considered. In order to raise true believers, the parent(s) of the child who has received infant baptism and the church through its prayers, must become the means of continuing to offer education in faith. The prayers of the parent(s) and the church give birth to the “catechism,” and church history teaches us that they have played a large role in the realization of the succession of the Christian faith. I see the posture of those who diligently pray and strive for the succession of faith reflected in the posture of Joshua, the leader of Israel after Moses, who declared, “… as for me and my household, we will serve the Lord” (Joshua 24:15). (Tr. RT)
–Naito Tomeyuki, general secretary
  第18回千葉県信徒大会が2011年1月10日、西千葉教会を会場にして開かれました。主題は 『つなげよう・信仰の輪・信仰の継承』でした。千葉県は教団の東京教区にある5つの支区のうちの一つです。62教会・伝道所があり、今回の信徒大会には、その中の46教会よりの参加者がありました。私はこの大会に出席 して、信仰の継承を焦点にして講演をしました。今、その要点を記してみたいと思います。
  「信仰の継承」ということはすべてのキリスト教会、特に日本キリスト教団にとって宣教の課題として大切な事柄です。けれども、それが健全 になされることは決して容易なことではありません。その理由は信仰がもっている本質と深くかかわっています。そもそも信仰の継承という 時、それは財産を継承するとか、金銭を譲るという、いわば物を継承することと異なり、信仰の持つ高い精神性や自分の実存にかかわる心の問 題、ひいては永遠の真理(生命)とかかわる事なのです。分かりやすく言えば、信仰の事柄は根本的には、この私と神様と関わることなので す。信仰に生きるとは、この自分が神様を信じて生きることなのです。誰かに代わって私が信じてあげることもできないし、私に代わって誰か に信じてもらうこともできないのです。真実な信仰に生きる者と神様との間にはどんなに愛する人でも(親・子・夫・妻・親友等々)割り込む ことは許されないのです。
  私が我が子をどんなに愛していても、我が子に代わって神様を信じてあげるわけにはいきません。我が子に信仰の継承が実現するためには我が 子自身が神様を信じる者となるようにとひたすら聖霊なる神様に祈るほかはないのです。聖書によれば、聖霊なる神だけが「イエスは主であ る」との信仰を与えてくださるのですし(Ⅰコリント12:3)また「アバ父よ」とみ名を呼んで深く祈る者へと導いてくださることができるのです(ローマ8:14~15)
  ですから、信仰の継承を願うなら、私達は「子どもに真の信仰を与えて下さい」と神に祈ること、それも深く祈ること、祈り続けるのです。ま た神の家族としての教会は、次の世代の者たちに神様が信仰を与えてくださるようにと一緒になって祈ることが重要なのです。
  次に信仰の継承のために大事なことは、生ける神様がこの自分に与えて下さった信仰の確信をもつことでしょう。そして、その信仰がこの私に 深く生きる喜びを与え、生きる勇気を与え、生きる希望を与えてくれることを絶えず明らかにしておくことです。主キリストを信じる信仰は神 様がこの私にくださった最高の宝なのです。
  さらに言えば、自分が信じている信仰の内容を明確にしておくことが大切です。そのためにも教団信仰告白で告白されている内容を正しく理解 しておかねばなりません。
 信仰の継 承を実現していく時、真剣に考えるべきこととして幼児洗礼ということがあります。愛する子どもに幼児洗礼を授けた親も教会もその子を真の信仰 者に育てていくために、祈りつつ信仰教育をすすめることになります。その親や教会の祈りが信仰問答(カテキズム)を生み出し、それが信仰の継 承の実現に大きな役割を果たしてきたことは、教会史が教えてくれることです。私はモーセの後継者としてイスラエルの指導者となったヨシュアが その民の前で『わたしとわたしの家族は主に仕えます』と呼ぶように語った姿に(ヨシュア記24:15)祈りつつ信仰の継 承に励む者の姿をみるのです。
内藤留幸総幹事

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友