インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【KNL No.410】Looking Back at My Life in Singapore(4)

2022年6月1日

by Matsumoto Akihiro, former Kyodan missionary

I ministered at the Jakarta Christian Fellowship for seven years, starting in April 2005, and for one year I circulated among Japanese language churches without pastors in the Middle East, Europe, and Asia. During that time, the Singapore Christian Fellowship was without a pastor, and receiving a request, I helped them for three months. As a result, I was called to be the pastor and, after finishing nine years of service, have returned to Japan.

Singapore is what you might call “good fishing ground,” and Japanese people of their own volition have entered our churches “net.” I think that is due to the Christian testimony of the Singapore Christians, the fact that the church is in a very prominent place, and that the atmosphere made it easy to enter. There were usually 80 attendees at the worship service, but about 200 participated when the program centered on family attendance and worship together with children. About 100 people registered for the free English classes for housewives that we held with the aid of the church members from the area. Through this kind of work, about 40 people were baptized over a nine-year period. We evangelized with the mission of sending those Japanese people, who first came as non-Christians, back to Japan as believers.

Naturally, there was a lot of movement of persons, and more than 90 people who were Christians when they came to Singapore became members of our church, and nearly 90 others left. I preached with the objective of getting them to grasp the overall picture of the Bible.

Before the COVID-19 pandemic, the sermon given at the worship service was broadcast via YouTube, so we were able to switch that to an online broadcast smoothly. In addition to delivering the worship service’s sermon, we used Zoom to hold Bible Study and prayer meetings five times a week, and when I created my own personal YouTube Bible Course channel to send out messages three times a week, 14,000 persons registered.

The church was given an amazing ministerial successor, so at this time I am at peace and able to return back to Japan. I give heartfelt thankfulness to the Lord. (Tr. RT)

 




「シンガポールでの生活を振り返って」

松本章宏(元派遣宣教師)

 

私たちは2005年4月から7年間Jakarta Japanese Christian Fellowshipで牧会し、その後1年間、中東、欧州、アジアの牧師のいない日本語教会を巡回しました。その間、Singapore Japanese Christian Fellowshipが無牧でしたので、要請を受けて3ヶ月間お手伝いをしました。その結果、牧師として招聘されることになり、今回9年間の働きを終えて日本に帰って来ました。

 シンガポールは、まさに「好漁場」で、日本人が自ら私たちの教会の網の中に入って来てくれました。それはシンガポール人クリスチャンの証のおかげでもあり、教会が目立つところにあり、入りやすい雰囲気があったからだと思います。普段は80名ほどの礼拝でしたが、子どもと一緒に参加できるプログラムには、家族連れを中心に200名近い方々が集まってくれました。現地の教会のメンバーと協力して、無料の英語教室を開催したところ、主婦層を中心に100名近い方々が登録してくれました。このような働きを通して、9年間で約40名が洗礼を受けました。私たちは、未信者として来られた日本人を信者として日本に送り返すことを使命として伝道しました。

 当然のごとく、人の移動が多く、クリスチャンとしてシンガポールに来られた方々90名以上が私たちの教会に入会してくれましたが、90名近くの方々が退会されました。その方々に聖書の全体像を把握していただくことを目標に説教しました。

 コロナ禍になる前に、YouTubeを使って礼拝説教を発信していたので、スムーズにオンラインに移行することができました。礼拝のライブ配信の他、Zoomを使ったバイブルスタディや祈り会を週に5回行い、私個人のYouTube聖書講座チャンネルを作って週に3回メッセージを発信したところ、14,000人のチャンネル登録者が与えられました。

素晴らしい後任の牧師が与えられ、今回安心して日本に帰って来ることができました。心から主に感謝いたします。

Kyodan News
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan