インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【December 2021 No.409】A Christmas Message

2021年12月17日

A Christmas Message

by Kondo Makoto, pastor

Sendai Kita Church, Tohoku District

Two months ago, at the church board meeting of Sendai Kita Church where I am serving, we talked about how to celebrate Christmas this year. Usually we invited people in our neighboring area to hold a Christmas service together. However, due to the spread of the Covid 19 virus, we had to suspend various meetings and adopted a plan to shorten the length of worship services. In Japan, the government did not mandate enforced “lockdowns,” so it was necessary for us to discuss what should be done. So we decided to hold a scaled-down Christmas service to protect the health of the people in our area.

We don’t know if our judgment is medically sound, so we have not put any pressure on other churches to follow the same pattern. Differences in the living conditions in various parts of the nation are the result of differences in infection rates. Some churches feel they have to continue with online worship services, while other churches send printed copies of the sermon to the congregation every week. I respect what each church has decided. On our road of pain and trial, I believe that God is always with us, supporting us and leading us.

While we are fighting against the menace of a virus we can’t see, I am hoping we can receive the meaning in the Gospel message of the story of Jesus’ birth that is applicable to the present situation. The uncertainty caused by the announcement suddenly given to Mary and Joseph during the period of their engagement as well as their poverty, which made them unable to find a place to stay in the last stages of pregnancy, reveals the current realities presented in any age. What makes Jesus’ birth good news is that God’s work of salvation, which is open to all the world, was manifested to shepherds and to Gentile scholars.

Christmas today is ensnared in commercialism. But in the midst of this pandemic, we are looking towards celebrating a simple Christmas. We will sing carols while wearing masks and singing in a soft voice, and perhaps shorten our time of prayer as well. It will be difficult to gather inside the church building to eat cake together and exchange presents. We have come to realize at this time that even from before the pandemic, for various reasons, there have been people in difficult situations for whom getting together, singing, and eating are also difficult.

Because we ourselves are in a weak position for the first time, we can now frequently recognize the pain of others, and I want to remember that God always sees the very weakest persons and places. The birth of the Savior Jesus Christ is a testimony that God’s love is real. It is my hope that this Christmas will be an event of special hope and joy, that whether our worship service is at the church or just online, we will use whatever means available to share with as many people as possible. May Christmas celebrations throughout the world be blessed. (Tr. RT)


クリスマスメッセージ

近藤誠 仙台北教会牧師 

 2ヶ月前、私が仕えている仙台北教会の役員会で、今年のクリスマスをどのように祝うかを話し合いました。私たちは例年、近隣の人々を招待し、共にクリスマス礼拝を守っていたのです。ところが私たちは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年から様々な集会を中止し、礼拝を短時間にするなどの対策を取らなければなりませんでした。日本には政府が強制的に「ロックダウン」させる法律が無いこともあって、私たちはどのようにするか自分たちで判断する必要があります。そこで私たちは昨年と同じように、地域の人々の健康を守るために、規模を小さくしたクリスマス礼拝を守ることに決めました。

 私たちの判断が医学的に正しいのかわかりませんから、他の教会に同様の対策を求めることはありません。国や地域の生活様式の違いもあれば、感染状況も違うからです。やむを得ず、オンラインによる礼拝を続けておられる教会もあるのではないでしょうか。ある教会では、紙に印刷されたメッセージ(説教)が会衆に毎週郵送されています。私は、それぞれの教会で決められたことを尊重します。そして、私たちの苦悩と試練の道には、いつも神が共にいてくださり、支え、導いてくださることを信じます。

 私たちは見えないウイルスの脅威と闘いながら、福音書に込められたイエス誕生の物語のメッセージを、現状にふさわしい意味で受け取りたいと願っています。婚約関係のマリアとヨセフに突如として与えられた告知への戸惑いや、身重でありながら泊まるところが無いという彼らの貧しさは、いつの時代においても私たちの現実を表しています。そして、イエスの誕生を祝福したのが、羊飼いたちと、異邦人の学者たちだったことは、神の救いの御業が全ての人に開かれていることを示しています。

 商業主義に陥っている現代のクリスマスとは、ずいぶん違っています。しかし私たちはパンデミックの中で、質素なクリスマスを迎えようとしています。私たちはキャロルをマスク着用のまま小さな声で歌い、祈りの時間も短くするかもしれません。教会に集まることができず、ケーキを分けたり、プレゼントを交換したりすることも簡単ではありません。私たちはこの時に気づきます。それはパンデミック以前から、様々な理由で、集まることも、歌うことも、そして食べることも困難な立場に置かれている人々がおられることです。

 私たちは、自分が弱い立場に置かれてから初めて他者の痛みに気づくことが多いのですが、神はいつも最も小さくされた人々や場所に目を注いでおられることを思い起こしたいのです。救い主イエス・キリストの誕生は、このような神の愛が真実であることの証しです。私たちは今年のクリスマスを特別な希望と喜びの出来事として、教会における礼拝かオンラインかを問わず、できる限りの方法を尽くして、一人でも多くの人々と共に分かち合いたいと願っています。世界中のクリスマスに祝福がありますように!

Kyodan News
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan