【October 2019 No.404】2019 Japan-Germany Youth Mission

 by Rev. Naka Yoshiyuki, Bible Teacher,

 Seirei Christopher High School

The 2019 Japan-Germany Youth Mission was held from July 25 to August 3. The eight members from Japan this time ranged from second-year middle school students through first-year college students: three boys, five girls, and two leaders (a man and a woman). The receiving church group in Germany was the Kirchenkreis Wittstock-Ruppin District, with District Superintendent Matthias Puppe bearing most of that responsibility.

 

The overall theme was “Genesis,” and after arriving, participants were divided into two groups to make artistic creations related to the first and second chapters of the Book of Genesis. We used such items as clay and tree leaves and displayed our creations at St. Marien Church where the Sunday worship service was held. Compared to Chapter 1, the realistic creations of Adam and Eve in Chapter 2 made a deep impression.

 

Continuing with the theme of “Genesis,” several other events were planned, including a discussion about the environmental issues of both countries, long-distance cycling and camping, and a time of prayer in a historic sanctuary, making for a full schedule. On the eighth day, we visited Berliner Missionswerk’s mission center and had a chance for interchange with Pfr. Dr. Christof Theilemann, Director of Berliner Missionswerk. He passionately related his recollections of feeling inferior as a believer during the former period of East Germany and stated that the tragedy of Hiroshima and Nagasaki “must never, NEVER be repeated.”

 

Preparation was done this time by three members in their 20s, who were the core of the task team; Rev. Kataoka Hoko of Kamakura Sensui Church and I served in the role of advisors. I am grateful for the place the young people were given for enthusiastic interaction. (Tr. RT)

 

日独ユースミッション

 日独ユースミッション2019が7月25日から8月3日まで行われた。今回の日本メンバーは中学2年生から大学1年生までの8名(男3、女子5)と引率2名(男女各1名)の計10名でした。現地の受け入れ教会はヴィットシュトック・ルピン教区であり、教区長のマティアス・プッペ牧師が特にその責任を負ってくださいました。

 全体のテーマは『創世記』であり、到着後、用意されていたのは、創世記1章と2章を2班に分けて担当ごとに創作物を作成することでした。粘土や木の葉等を用いて作品を造り、それを主日礼拝が行われるザンクト・マリーン教会に飾ることとなりました。1章に比べ、2章のアダムとエバがリアリティのある作品となったのが印象深いことでした。

 また、その後も『創世記』のテーマに沿ったイベントが企画され、両国の環境問題についての討論、長距離のサイクリングとキャンプ、また歴史のある礼拝堂で祈りの時など、充実した内容となりました。また、8日目にはベルリン宣教局を訪問し、タイレマン先生と交流の機会を持つことができました。旧東ドイツ時代の信仰者としての肩身の狭かった思い出や、広島・長崎の悲惨を「決して、決して、繰り返してはならない。」と熱心に語りかけて下さいました。

 今回は20代3名のタスクチームを中心に、私と片岡宝子牧師(鎌倉泉水教会)がアドバイザーという立場で準備を進めました。それも含めて青年たちが生き生きと活躍できる場が与えられたことに感謝する次第です。(聖隷クリストファー中・高 教務教師 仲 義之)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友