【December 2015 No.385】Statement by the Kyodan Moderator Concerning the Recently Passed National Security Legislation

“Blessed are the peacemakers, for they will be called children of God.” (Matt. 5:9)

 

This past Sept. 19, a set of security-related bills was passed by the upper house of Japan’s Diet. I am deeply troubled by the fact that these bills are in defiance of Japan’s Constitution, and thus, in addition to protesting this action, I strongly demand that my government rescind this action and return to the principle of governing according to our Constitution.

 

This National Security Legislation is fraught with problems, the most important of which is that it is in violation of the Constitution. Likewise, the Cabinet approved the implementation of the “right of collective self-defense,” which had not been recognized for the past 70 years since the end of World War II, so now the way has been opened for the Self-Defense Forces to participate in foreign conflicts.

 

Even though very many people protested the ratification of this legislation, the voices and will of the Japanese people were ignored, and the bills were rushed through the Diet. Amid the rising voices of protest, the explanations given by the government concerning these bills was utterly insufficient, thus showing that its explanations were unconvincing and did not have the approval of the Japanese people.

 

It is for this reason that I strongly urge Prime Minister Abe Shinzo, along with all others who bear responsibility for governing Japan, to do so in a way that genuinely contributes to true peace in the world. I will continue to pray for and raise my voice in support of the repeal of this National Security Legislation. I will likewise endeavor to work for the realization of a peace that is not dependent on military power and that is in the spirit of Article 9 of Japan’s Constitution, which begins: “Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.”

 

Likewise, I pledge to continue as a “peacemaking” follower of Christ who listens to and obeys the words of the Bible, while continuing to maintain a spirit of remorse for the great suffering our nation inflicted on the peoples of Asia during the Asia-Pacific War (WW II), never forgetting the hardships surrounding our defeat some 70 years ago.

I pray for the grace and guidance of our Lord Jesus Christ, the Lord of Peace, upon all the peoples of the world. (Tr. TB)

安全保障関連法可決に関する議長声明

「平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。」

 (新約聖書 マタイによる福音書5章9節)

去る9月19日、参院 本会議において安全保障関連法案が可決されました。この安全保障関連法は立憲主義に反するものであることを深く憂い、抗議すると共 に、政府に対して、同法を廃し、憲法の理念に基づく政治に立ち戻ることを強く求めます。

そもそも、この安全保障関連法にはあまりに も多くの問題があります。何よりも同法は憲法に違反しております。そして、これまで戦後70年もの間認めてこなかった集団的自衛権の 行使容認を閣議決定し、自衛隊が他国の戦争に駆り出され得る道を開いてしまいました。

また、国民の多くが同法の成立に反対してい たにも関わらず、国民の声や意志を無視して、国会において同法を可決してしまいました。国民の声の高まりは、国会における安全保障関 連法案に関する政府の説明が不十分であると共に、その説明内容について国民の理解と同意が得られていないことを表しています。

それゆえ、今この時、安倍晋三首相をはじめ とする政治の責任を担っておられる方たちが、この世界における真実の平和の実現にこそ寄与する政治を行うことを強く求めます。また、 この度の安全保障関連法が廃止されるために、今後も祈り続け、声を上げてまいります。そして、「正義と秩序を基調とする国際平和を誠 実に希求し」(憲法第9条)、武力の行使によらない平和の実現のために力を尽くします。

また、これからも、アジア・太平洋戦争にお いてアジア近隣諸国に対して多大な苦しみを与えたことを心からお詫びしつつ、70年前の敗戦とそれに関わる苦難の歴史を決して忘れる ことなく、聖書の言葉に聞き従って、「平和を実現する」キリスト者としての歩みを続けます。

世界のすべての人々の上に、平和の主イエ ス・キリストの恵みと導きを祈ります。

2015年 10月20日

日本基督教団

総会議長  石 橋  秀 雄

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友