【December 2015 No.385】National Laity Conference Held After 65-year Lapse

The Conference of the Kyodan National Laity Organization was held June 9 at Fujimicho Church in Tokyo, thus reinstituting a previously existing but disbanded organization.

 

After thoroughgoing preparation, the Kyodan National Laity Organization was reorganized. With a joyous desire to share the good news and celebrate communion together, 212 people, including 26 ministers, gathered. This was sponsored by the Kyodan National Laity Organization and supported by the Taskforce on Evangelism Promotion.

 

The last meeting of the former organization was held 65 years ago, in April 1950, at Fujimicho Church and Tokyo Union Theological Seminary. The All–Japan Laity Conference was organized in 1941, the year the Kyodan was founded, and was called the Christian Laity Conference. After World War II, in 1947, delegates from each Kyodan district formed an organizing committee, with the aim of promoting fellowship, training, and cooperation among Kyodan laity. Its most notable contribution was the creation of a cooperative church building fund and radio evangelism, but in the 1960s it gradually became inactive, and by 1970, it had ceased to exist.

 

Prior to the reestablishment of the national organization, lay members of Tokyo District created the Tokyo Laity Organization in 2002. At each Kyodan Annual Conference, they met and held preparation meetings. In 2009, a laity conference to commemorate 150 years of Protestant evangelism in Japan was held. This all led to 130 people agreeing to be the organizing members of the new National Laity Organization at a “Lay Fellowship Meeting” held in October 2014.

 

At the center of this call for the National Laity Organization was the desire to share the grace of receiving Holy Communion. At the meeting on June 9, Fujimori Yuki, pastor of Fujimicho Church, led a Communion Service. Kyodan Moderator Ishibashi Hideo and Yamakita Nobuhisa, a former Kyodan moderator, gave greetings as guest speakers, stating that a burning spirit of evangelism among the laity is the hope of the Kyodan. Akudo Mitsuharu, pastor of Takinogawa Church in Tokyo, said in his presentation that the hope for the reconstruction of the church is that the laity will positively carry out their task as “priest, prophet, and supporter of the King.”

 

I heard that the reason the meeting was held on a weekday during the day was in hope that pastors would be able to participate. However, to raise and support the next generation, meetings on Saturday or evenings should be considered so that laypersons in all kinds of situations can participate.

 

Mochizuki Katsuhito, president of Kyodan National Laity Organization and Member of Kamakura Yukinoshita Church in Kanagawa District, comments as follows:

 

By the year 2030, it is predicted that the population of Japan will decrease to 110 million. Forty percent of the resident communicant members are 70 or older, and so it is predicted that in 7 years Kyodan membership will have declined by 12% and after 15 years by 17%. Likewise, 20% of churches are presently without a full-time pastor. It is not God’s will to have the church decline like this, and so it is in the midst of this trial that this National Laity Organization was founded. As we sing “Victory in the Life of the Resurrection,” it is our fervent desire to work together with our pastors to fulfill the mission of the Church. (Tr. JT)

—From Shinto no Tomo (Believers’ Friend)

September 2015 issue

「全国信徒会」半世紀ぶりに開かれる

6月9日 火曜日、東京・富士見町教 会を会場に、「教団全国信徒会結成第1回 信徒大会」が行われた。これは一度失われた組織が再結成された。

周到な準備あっての再結成

 「福音伝道に喜びをもって、みんなで集まって聖餐を祝お う」との呼びかけの下、当日は全国より212名(う ち牧師26名)が 参加した。主催は日本基督教団全国信徒会、後援は教団伝道推進室。 教団における「全国信徒大会」の開催は、1950年4月 に富士見町教会と東京神学大学を会場に行われて以来65年 ぶりのこととなる。

 「教団全国信徒会」の歩みは、教団成立の年の1941年 秋に結成された「日本基督教信徒会」にさかのぼる。戦後、各教区選出の信徒会設立委員により、47年 に再組織、以来「教団所属信徒間の親睦修養並びに協力を図ること」を目的として活動が続けられた。「会堂共済組合」や「ラジオ伝道」 への貢献は特筆すべきことであったが、60年 代に入ると低迷。70年 には実体が失われてしまった。

 全国信徒会再結成に先立って、「東京信徒会」が東京教区信 徒有志により2002年に結成された。同会は06年 より教団総会の度に「信徒交流の集い」を準備運営し、09年には「日本伝道150年 記念信徒大会」を開催した。そうした積み重ねの中で、昨年10月 の「信徒交流の集い」において、130名 の発起人により「全国信徒会再結成」が宣言されるに至った。

教会再建の一翼を担う

 信徒大会の中心には「聖餐の恵みにあずかること」を据えた いとの願いから、藤盛勇紀牧 師(富 士見町教会)に よる司式で聖餐礼拝が行われた。石橋秀雄教団総会議長、山北宣久前 教団総会議長が来賓としてあいさつに立ち、「伝道に燃える信徒の群れの新しい出発は教団の希望」との期待を語った。その後、阿久戸光 晴(牧師(東京・滝野川教会)が講演で、「祭司として、預言者として、王の職務を支える者 として」の役割を信徒が積極的に担っていくことに、教会再建の希望があると結んだ。

 平日昼間の開催となったことについて、牧師の参加をも得て 進めたいとの思いがあったと聞く。しかし、次世代を担う信徒の育成、交わりの形成へと進めるためにも、土曜日や夕刻からの開催など、 あらゆる層の信徒が結集できるような工夫をしていくことが課題と言えるだろう。

「主にある喜び」を運びたい

望月克仁教団全国信徒会会長(神奈川・鎌倉雪ノ下教会員)

2030年 問題では日本の人口が1億1000万 人に減ると言われています。教団現住陪餐会員の70歳 以上の構成比は現在40% に達し、信徒数は7年 後には12% 減、15年 後には17% 減と予測されます。無牧の教会が2割 に達しようとしていますが、教会の衰退はみ心ではありません。この試練の中で全国信徒会が立ちあがりました。「復活の生命の勝利」を 高らかに賛美し、福音宣教のために牧師を助けて元気に戦い抜きたいと祈り願います。信徒の友編集部 (信徒の友9月 号より)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友