箴言23・15〜25

大津教会

わが子よ、あなたの心が知恵を得れば/わたしの心は喜び祝う。あなたの唇が公正に語れば/わたしのはらわたは喜び躍る。罪人らのことに心を燃やすことはない/日ごと、主を畏れることに心を燃やすがよい。確かに未来はある/あなたの希望が断たれることはない。わが子よ、聞き従って知恵を得よ。あなたの心が道をまっすぐに進むようにせよ。大酒を飲むな、身を持ち崩すな。大酒を飲み、身を持ち崩す者は貧乏になり/惰眠をむさぼる者はぼろをまとう。父に聞き従え、生みの親である父に。母が年老いても侮ってはならない。
真理を得よ、知恵も諭しも分別も手放すな。神に従う人の父は大いに喜び躍り/知恵ある人の親は、その子によって楽しみを得る。父が楽しみを得/あなたを生んだ母が喜び躍るようにせよ。

箴言22・1〜12

大江野の花教会

名誉は多くの富よりも望ましく/品位は金銀にまさる。金持ちと貧乏な人が出会う。主はそのどちらも造られた。思慮深い人は災難が来ると見れば身を隠す。浅はかな者は通り抜けようとして痛い目に遭う。主を畏れて身を低くすれば/富も名誉も命も従って来る。曲がった道には茨と罠。そこから遠ざかる人は自分の魂を守る。若者を歩むべき道の初めに教育せよ。年老いてもそこからそれることがないであろう。金持ちが貧乏な者を支配する。借りる者は貸す者の奴隷となる。悪を蒔く者は災いを刈り入れる。鞭は傲慢を断つ。寛大な人は祝福を受ける/自分のパンをさいて弱い人に与えるから。不遜な者を追い出せば、いさかいも去る。争いも嘲笑もやむ。清い心を愛する人は唇に品位があり/王がその友となる。主の目は知識を守り、欺きの言葉を滅ぼす。

テサロニケの信徒への手紙二3・6〜13

丹波新生教会

兄弟たち、わたしたちは、わたしたちの主イエス・キリストの名によって命じます。怠惰な生活をして、わたしたちから受けた教えに従わないでいるすべての兄弟を避けなさい。あなたがた自身、わたしたちにどのように倣えばよいか、よく知っています。わたしたちは、そちらにいたとき、怠惰な生活をしませんでした。また、だれからもパンをただでもらって食べたりはしませんでした。むしろ、だれにも負担をかけまいと、夜昼大変苦労して、働き続けたのです。援助を受ける権利がわたしたちになかったからではなく、あなたがたがわたしたちに倣うように、身をもって模範を示すためでした。実際、あなたがたのもとにいたとき、わたしたちは、「働きたくない者は、食べてはならない」と命じていました。ところが、聞くところによると、あなたがたの中には怠惰な生活をし、少しも働かず、余計なことをしている者がいるということです。そのような者たちに、わたしたちは主イエス・キリストに結ばれた者として命じ、勧めます。自分で得たパンを食べるように、落ち着いて仕事をしなさい。そして、兄弟たち、あなたがたは、たゆまず善いことをしなさい。

箴言18・9〜24

物部教会

仕事に手抜きする者は/それを破壊する者の兄弟だ。主の御名は力の塔。神に従う人はそこに走り寄り、高く上げられる。財産は金持ちの砦、自分の彫像のそびえる城壁。破滅に先立つのは心の驕り。名誉に先立つのは謙遜。聞き従う前に口答えをする者/無知と恥は彼のため。人の霊は病にも耐える力があるが/沈みこんだ霊を誰が支えることができよう。聡明な心は知識を獲得する。知恵ある耳は知識を追求する。贈り物をすれば人の前途は開け/えらい人の前に彼を導く。訴えごとを最初に出す人は正しく見えるが/相手方が登場すれば問いただされるであろう。くじはいさかいを鎮め/手ごわい者どうしも引き分ける。一度背かれれば、兄弟は砦のように/いさかいをすれば、城のかんぬきのようになる。人は口の結ぶ実によって腹を満たし/唇のもたらすものによって飽き足りる。死も生も舌の力に支配される。舌を愛する者はその実りを食らう。妻を得るものは恵みを得る。主に喜び迎えられる。物乞いをする者は哀願し/金持ちは横柄に答える。友の振りをする友もあり/兄弟よりも愛し、親密になる人もある。

箴言16・16〜32

丹陽教会

知恵を得ることは金にまさり/分別を得ることは銀よりも望ましい。正しい人の道は悪を避けて通っている。魂を守る者はその道を守る。痛手に先立つのは驕り。つまずきに先立つのは高慢な霊。貧しい人と共に心を低くしている方が/傲慢な者と分捕り物を分け合うよりよい。何事にも目覚めている人は恵みを得る。主に依り頼むことが彼の幸い。心に知恵ある人は聡明な人と呼ばれる。優しく語る唇は説得力を増す。見識ある人にはその見識が命の泉となる。無知な者には無知が諭しとなる。知恵ある心は口の言葉を成功させ/その唇に説得力を加える。親切な言葉は蜜の滴り。魂に甘く、骨を癒す。人間の前途がまっすぐなようでも/果ては死への道となることがある。労苦する者を労苦させるのは欲望だ。口が彼を駆り立てる。ならず者は災いの炉、その唇には燃えさかる火。暴言をはく者はいさかいを起こさせる。陰口は友情を裂く。不法を行う者はその友を惑わして/良くない道を行かせる。人は目を閉じて暴言を考え出し/悪を果たして口をすぼめる。白髪は輝く冠、神に従う道に見いだされる。忍耐は力の強さにまさる。自制の力は町を占領するにまさる。
  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友

    日毎の糧

    月別アーカイブ

    • Category Archive