歴代誌上6・16~34

紫野教会

6:16 神の箱が安置されたとき以来、ダビデによって主の神殿で詠唱の任務に就けられた者は次のとおりである。
6:17 ソロモンがエルサレムに主の神殿を築くまで、彼らは幕屋、すなわち臨在の幕屋の前で詠唱者として仕え、その規則に従って任務に就いた。
6:18 この任務に就いた者とその子孫は次のとおりである。ケハトの子孫では、詠唱者ヘマン。その父はヨエル、祖父はサムエル、
6:19 更にエルカナ、エロハム、エリエル、トア、
6:20 ツフ、エルカナ、マハト、アマサイ、
6:21 エルカナ、ヨエル、アザルヤ、ツェファンヤ、
6:22 タハト、アシル、エブヤサフ、コラ、
6:23 イツハル、ケハト、レビ、イスラエルとさかのぼる。
6:24 ヘマンの右側に立って任務に就く兄弟アサフ。その父はベレクヤ、祖父がシムア、
6:25 更にミカエル、バアセヤ、マルキヤ、
6:26 エトニ、ゼラ、アダヤ、
6:27 エタン、ジンマ、シムイ、
6:28 ヤハト、ゲルション、レビとさかのぼる。
6:29 ヘマンの左側に立つ彼らの兄弟たちは、メラリの子孫。その一人のエタンは、父がキシ、祖父がアブディ、更にマルク、
6:30 ハシャブヤ、アマツヤ、ヒルキヤ、
6:31 アムツィ、バニ、シェメル、
6:32 マフリ、ムシ、メラリ、レビとさかのぼる。
6:33 レビ族の他の兄弟たちは、神殿の幕屋のあらゆる任務に割りふられた。
6:34 アロンとその子孫は、焼き尽くす献げ物の祭壇で献げ物を燃やして煙にし、香の祭壇で香をたき、至聖所におけるあらゆる務め、イスラエルのための贖いの務めを続けた。彼らは、神の僕モーセが命じたことをすべて守った。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友

    日毎の糧

    月別アーカイブ

    • Category Archive