ウェスレーファウンデーションからのお知らせ  【UMWが主催するCSW-60並行セッション参加者募集】 

【UMWが主催するCSW-60並行セッション参加者募集】
第60回国連女性の地位委員会(United Nations Commission on the Status of Women=CSW)の年次会合(2016年3月米国NYで開催予定)に合わせ、合同メソジスト教会の女性局(United Methodist Women=UMW)が、世界各国からCSWが掲げるテーマ(Women’s Empowerment and the link to sustainable development)に関連する草の根の活動を行う団体を招き、並行セッションを企画・開催します。

ウエスレー財団は、このセッションへの日本からの参加者2名をサポートします。参加希望の方は下記のウェスレー財団のウエブサイトより詳細をご覧ください。

http://wesley.or.jp/english/program/seminar-1/-united-methodist-women-mw-is-accepting-applications-to-attend.html

ウェスレーファウンデーションからのお知らせ 若い女性のためのリーダーシップ研修 in カンボジア・NYセミナー 

ウェスレーファウンデーションからのお知らせ

来年の1月にカンボジアで行われる、

 

若い女性のためのリーダシップ研修と
来年の2月に米国ニューヨークで行われる、Social Justiceセミナーに
ご参加くださる方の募集を開始いたしました。

若い女性のためのリーダーシップ研修 in カンボジア (2016年1月11日~17日)
http://wesley.or.jp/program/seminar/-in.html

NYセミナー(2016年2月20日~28日)
http://wesley.or.jp/program/seminar/ny-social-justice.html

ウェスレーファウンデーションからのお知らせ クリスチャン・フードセイフティ・フォーラム「コミュニティのためにいま、教会は何ができるか?」

クリスチャン・フードセイフティ・フォーラム「コミュニティのためにいま、教会は何ができるか?」

とき:11月24日(火)14時から16時

ところ:ウェスレー財団セミナールーム

港区南青山6-10-11 ウェスレーセンター205

ホームページ情報リンク

http://wesley.or.jp/program/seminar/post-5.html

第20回「こひつじキャンプin妙高高原」募集案内

2015年9月9日

第20回「こひつじキャンプin妙高高原」募集案内

【概 容】

1.開催日時:2015年10月10日(土)~12日(月)

2.開催場所:東京YMCA妙高高原ロッジ

3.募集人数:10家族30名(定員を超えた場合、抽選となります。)

4.費 用: 全額主催者が負担します。

5.集 合: 10月10日(土)8時30分 郡山駅西口バスプール

解 散: 10月12日(月)18時   郡山駅西口バスプール

※連休中のため、道路渋滞が予想され、解散時刻が遅れる場合があります。

 

 

 

【応募要項】

1.応募資格:福島県在住の親子、あるいは福島から避難している親子。

※但し、子どもは年少から中学生まで。

2.応募方法:参加希望者の住所、氏名、性別、年齢、学年、連絡先電話番号、Fax番号(ある方は必ず)、携帯番号を書いて、事務局宛てFax.して下さい。様式は自由です。

3.募集締切:2015年9月23日(水)必着。参加決定は、正式申し込み用紙の送付をもって代えさせていただきます。

4.主 催:日本キリスト教団  共 催:東京YMCA

 

【注意事項】

■  食前の感謝の祈りや朝の集い時の祈りなどがあります。

■  今回は、5月以来の募集のため、リピーターも歓迎です。

■  参加が決定した後のキャンセルはご遠慮下さい。

■  参加者全員に感想文を書いていただきます。

 

【問い合わせ先】

◆日本キリスト教団東日本大震災救援対策本部 「こひつじキャンプ」担当事務局

◆Tel.080-3726-7143(本部携帯:飯島信・いいじま まこと)

◆Fax.03-3205-6088(本部受付用fax.)

Fax.03-3207-3918(教団事務局Fax

 

台湾基督長老教会へのお見舞いの手紙

台湾基督長老教会

総幹事 林芳仲 先生

 

主の御名を賛美致します。

 

先日の台風13号の被害の状況をホームページにて知りました。

日本基督教団より、心からのお見舞いを申し上げます。

被害に遭われたタイヤル、ルカイ、東部、嘉義、台南中会の教会及び被災された皆様のご苦労を思うと共に、台湾基督長老教会あげて、被災地救援に向かっていることと思います。

被災した教会、又被災された方々の復興が一日も早く成されることを願っています。

以上のことを私たちの祈りに覚えると共に、日本基督教団より、今回の台風被害に対して救援金1,000,000円を送らせていただきます。

被災地支援活動並びに被災者の救援に少しでもお役に立てていただければ幸いです。

又、台湾からのボランティアチームの派遣を心から感謝致します。

現在4チーム目が活動しており、仙台の被災地の方々に感謝されています。

どうか、このような働きを通して、両国の教会が、さらになお一層強い絆で結ばれることを願っています。

 

主に在って。

 

2015年8月18日

日本基督教団総会議長 石橋秀雄

日本基督教団総幹事  長崎哲夫

  • 共に仕えるためにPDF

    リフォユース最新情報はこちら

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    日本基督教団年鑑2018年版

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友