ウェスレー財団からのお知らせ 財務・総務担当職員募集

ウェスレー財団では、社会的な課題(貧困、環境、人権、平和、女性への暴力等)に関心を持ち、その解決のために寄与したいと考え、ウェスレー財団のビジョン、ミッションに共感し、チームの一員として働いてくださる財務・総務担当職員を募集します。

 

沢山の方からのご応募をお待ちしております。

募集要項は下記のとおりです。

 

【募集人数】

1名

 

【担当業務】

当財団の資金運用、経理、総務、人事・労務等の以下の業務を行う

・資金運用

・経理

・総務

・人事・労務

・ウェスレーセンタービル管理業務

・内閣府への報告事項

・理事会・評議委員会事務全般

・支援金業務

・その他指示された業務

 

【資格・条件】

・NPOまたは一般企業などで5年以上の実務経験があること

 

ウェスレー財団のミッションに賛同して頂けるクリスチャンの方を希望

・意欲的に働き、協調性豊かで柔軟な対応ができる方

・日本語(母国語レベル)、英語あれば尚可

 

【勤務地】

東京都港区南青山6-10-11 ウェスレーセンター301 ウェスレー財団事務所

 

【勤務期間】

2020年5月1日よりの勤務開始希望。応相談。

 

当初6か月間は試用期間とする

 

【勤務時間】

9:00-17:00 (実働7時間)

 

【待遇】

経験・知識を考慮の上決定

 

【募集期間】2020年4月17日(金)まで

 

ご応募される方は下記の応募方法をご覧ください。

 

【応募方法】

以下の書類を締め切りまでにメールの添付でお送り下さい。

1)履歴書(日本語と英語)メールアドレス明記のこと

2)自己紹介と応募の動機(日本語、A4 1ページ)

3)応募書類送付先: h.k.chang@wesley.or.jp 及び t.ida@wesley.or.jp

(応募書類をお送りいただく際は、お手数ですが両方のアドレスを宛先に入れてください)

 

【選考方法】

書類選考を通過された方には都度、メールで面接の連絡を差し上げます。

 

採用に関するお問い合わせは t.ida@wesley.or.jp(担当:井田) まで

ウェスレー財団ホームページ:http://wesley.or.jp

「新型コロナウイルス感染症に伴う注意喚起」について 訂正版

「新型コロナウイルス感染症に伴う注意喚起」について 訂正版(PDF)

領収書発行についてお知らせ(再掲)

領収書発行についてお知らせ

これまで皆さまから頂戴した献金には、漏れなく領収書を発行しておりましたが、郵便料金値上げに伴い、これを原則廃止とさせていただきます(第40総会期第2回常議員会にて了解済)。郵便払込取扱票をご利用になった際に振替払込請求書兼受領証が残りますので、それをご利用ください。銀行口座からお振り込みの場合は、通帳記帳をもって領収の証しとさせていただきます。現金の場合は、これまで通り領収書を発行いたします。

なお、どうしても領収書が必要な場合は、お申し付けいただければ発行いたします。皆さまから頂戴した献金を有効に用いさせていただくためにも、この経費削減にご理解くださいますようお願い申し上げます。

2017年8月

日本基督教団事務局

総幹事事務取扱 道家紀一

 

2020年2月

日本基督教団事務局

総幹事 秋山 徹

2020年度日本基督教団エキュメニカル協力奨学金のご案内

主の御名を賛美いたします

2020年度日本基督教団エキュメニカル協力奨学金のご案内です。

この奨学金は、2007年に解散した宣教協力協議会(CoC)の留学生奨学金制度を受け継ぎ2008年に設置されたもので、毎年1名〜2名に支給されております。
今年も公募を始めましたので、ご案内申し上げます。

<奨学金>
• 支給する奨学金は、一人あたり36万円を上限とし、日本基督教団国際関係委員会の定める額とする。
• 奨学金の送金は2020年7月までに行う。
• 奨学金の送金は、奨学生の研究・研修機関を通じて行う。

<申し込み方法>
所定の申し込み用紙に必要事項を記入の上、研究・研修機関を通して、2020年5月11日月曜日(必着)までに下記に提出する。
申し込み先:〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18
日本基督教団事務局 国際関係委員会宛

<提出書類>
(1) 願書
(2) 履歴書
(3) 本国の所属教会からの推薦状
(4) 日本における出席教会の牧師の推薦状
但し、教会は日本基督教団・在日大韓基督教会[KCCJ]に限る
(5) 研修機関からの推薦状(教授またはそれに準ずる者)
(6) 研修計画書(留学目的、留学機関、期間等を詳細かつ具体的に記載すること)
(7) 資金計画書(学費、自己負担金、希望奨学金額を詳細に記載すること)

<詳細及び申込書一式>
募集要項
申込書一式

<規約一部抜粋>
第一条 目的
JNACの世界宣教協力の意志を受け継ぎ、広い意味でエキュメニカルな相互理解と宣教協力に資するために日本において研究・研修に従事するアジア地域等からの留学生を支援する。

第二条 資金
1)「世界宣教の日」献金からの繰入金
2)在北米関係教会からの献金および日本国内の献金によるCoC奨学金基金
3)その他

第四条 申請資格
奨学金に申請しようとする者は、以下の各号をすべて満たすものとする。
1)アジア地域等から日本へ留学しているキリスト者。
2)既に日本に滞在して研究・研修に従事している者。
3)日本において日本基督教団、在日大韓基督教会のいずれかの教会に出席している者。
4)日本において、また母国において、エキュメニカルな宣教協力に貢献する志をもつ者。

ご応募お待ちしております。
<お問い合わせ>
03-3202-0544まで

【公募】「台湾ユースミッション2020 」参加者募集!

【公募】「台湾ユースミッション2020 」参加者募集!

 台湾ユースミッション は日本基督教団と台湾基督長老教会の宣教協約に基づき、2年に1度、日本と台湾とを交互に実施しており、今回は岡山と広島を開催地として行われます。

台湾青年と日本青年が1週間のプログラムを通して、両国の歴史、文化、教会、などお互いの違いや共通点に目を向けて主のもとに豊かに交わります。

岡山では豪雨被災地にも訪れ、広島では平和について学びます。

様々な交わり中でいつも私たちと共にいてくださる神さまの存在を深く再確認し、そこから神の家族として、平和を創る者としての歩みを祈り、考え分かち合うことを目指しています。

今回、参加者を以下の要項の通り募集いたします。

参加者には、進んで台湾青年とコミュニケーションをとり、受け身ではなく自発的に交流をすることを期待します。

また、今回は参加者でプログラムを作り上げ企画していくため、主体性を持ってjoinする青年を募集します!

 

【日程】2020年8月17日(月)~25日(火) (8泊9日)

【開催地】岡山(集合) 19~21真備町(ボランティア&交流)、広島(解散)

【内容(予定)】東中国教区・岡山キリスト災害支援室・YMCAせとうち・まびくら運営委員会と連携したボランティアへの参加、ホームステイ、参加者の企画するプログラム実施など

【参加費】1万円(交通費全額補助)

【応募条件】

・募集人数 7名(応募人数を超えた場合、選考あり)

・18歳〜30歳で、礼拝に出席している青年(求道者可、高校生不可)

・所属(出席)教会牧師の推薦状のある人

・事前・事後オリエンテーションへの参加

第1回オリエンテーョン:3月30日(月)16時~18時(日本基督教団会議室)

※当日参加できない方はご相談下さい。

【申込方法】

以下の書類を揃えて、日本基督教団教育委員会宛まで郵送にてご送付ください。

①参加申込書(日本基督教団HPからダウンロードまたは事務局にご請求ください)

②日本基督教団牧師による推薦書

③参加者が20歳未満の場合には保護者の同意書

【募集締切日】2020年3月6日(金) 郵送必着

*青年参加者でプロブラムを作っていくため、早めの締切日となっています。

【申し込み・お問い合わせ】日本基督教団教育委員会

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31

Tel:03-3202-0544   Fax: 03-3207-3918

Email :kyouiku-c@uccj.org

【主催】日本基督教団教育委員会
【共催】日本基督教団世界宣教委員会

【後援】学生キリスト教友愛会(SCF)

 

 参加申込書

  • 日本基督教団越谷教会

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友