『現代日本の危機とキリスト教』

 

2011年8月末に銀座教会で行われました緊急シンポジウム「現代日本の危機とキリスト教」が本になって出版されました。私たちは何を聞き、何を語るかがこの本にはいっぱい詰まっています。身近な方々へのご紹介を是非お勧めします。

発売日:12月19日 価格:1,995円(内150円は救援募金)

 

<内容>

教会は神からどのような問いかけを聞くのか。それに答えて何を語っていくのか。

東日本大震災と原発事故を信仰者としてどう受け止め、何を語るか。

教会、神学、キリスト教教育、キリスト教、社会福祉の四つの視点から考える。

はじめに 石橋秀雄

■開会礼拝説教(北紀吉) 「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ」

■教団総会議長挨拶(石橋秀雄) 「神の迫り」

■発題1 キリスト教学校の視点から(中山昇) 「何を学び、何を作りだしていくか」

■発題2 神学者の視点から(芳賀力) 『なぜ神は「悲しみの人」になられたのか』

■発題3 キリスト教社会福祉の視点から(稲松義人)「悲しみと苦しみに寄り添う」

■発題4 教会・教師の視点から(岡本知之)「教会は何を語っていくのか」

■特別講演(大木英夫)「土曜日のキリスト」

■閉会の祈り

あとがき・藤掛順一

日本基督教団救援対策本部・編 日本基督教団・刊

 

 

 

 

 

  • 日本基督教団越谷教会

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友