【4864号】2017年度教区総会報告3 5月末集中して総会開催

沖縄教区

教区の方向めぐる学習協議会開催

第77回沖縄教区総会は、5月28日から2日間、沖縄キリスト教センターで、開会時、正議員43名中、34名が出席して、開会された。
平良修議長は、中間報告と題した議長報告で、「他県出身牧師が、担任教師の過半数を占める沖縄教区の現実で、昨年、沖縄出身の新三役が誕生した意味や意志は、何なのか。ここに沖縄教区の存在に関わる問題がある。伝道所信徒議員に議決権を与える教区規則改正は、教団議長の同意を得られず、1議案毎に2度採決するとの内規を設けたが、今総会から、伝道所信徒議員席を従来の准議員席でなく正議員席に設けた。『教団との間に距離を置く』という教区方針は、教区内の分裂すら招いたので、本年3月、教区方針についての第1回学習協議会を開催した。近年の沖縄の集会では珍しい130人の出席があった」と報告した。
教務報告で、那覇相愛伝道所が総会直前、5月12日開設されたことを報告。幼稚園父兄信徒の集まりが、20数年間の活動を経て、教区12番目の伝道所開設に至ったもので、議場は大きな喜びに包まれた。
17年度経常会計予算は1500万円で、前年度予算比1223万円減、同決算比155万円減の厳しい予算となった。負担金未収金が948万円に上っている。予算編成で赤字が増大すると、教区基金を取り崩すことが、近年の沖縄教区で続いているが、本年度も、「元農村センター」資金から4000万円の取り崩し議案が、承認された。
平良議長は、議長中間報告で、「適当な年月をかけて、負担金未納金を納付して貰う方法も、一つの現実的解決法ではないかと考えている」と報告した。
1日目夕食後、会場を2階の志真志伝道所に移して、第2回学習協議会が開催された。発題者は平良議長。「教団との間に距離を置く」現状に至った経緯を、信徒に理解して貰おうという狙いで、座れない人も出た100人の出席者の大半は信徒。
平良議長は、沖縄キリスト教団の発足から、教団との合同、合同のとらえなおしを経て、33回総会(2002)での「時間切れ廃案」に至った経緯を説明。平良議長は、「33回総会が、討議の末の否決なら、むしろ良かった。廃案は沖縄の教会への死の宣告だった」と「距離を置いている」心情を吐露した。以来15年が経過した今、⑴「距離を置く」のを止め復帰、⑵「合同のとらえなおしと実質化」の再開条件に復帰、⑶「沖縄特別教区」として復帰、⑷合同の解消、など「いくつかの選択肢がある」と説明した。
協議会では、どの選択肢を選ぶかの議論には、立ち入らず、協議会を重ねて、次の段階を目指すものと見られる。
(永井清陽報)

関東教区

少数・制限連記、僅差にて否決

第67回関東教区総会が5月30日~31日、大宮ソニックシティで、開会時正議員273名中196名の出席で行われた。
教区議長報告において秋山徹議長は、東日本大震災復興支援が16年7月の水戸中央教会献堂式をもって一応の終結を迎えたこと、今総会期、特に取り組んだこととして、10年以上活動実態がない5つの教会・伝道所の合併・廃止の手続きを進めたこと等を報告した。
「災害対応支援委員会」設置に関する件では、東日本大震災被災教会の被災支援が一区切りしたことを受け、「新潟県中越地震・中越沖地震」被災教会・被災地支援委員会と「東日本大震災」被災支援委員会を統合し、新たな委員会を設置することを可決した。
「熊本・大分地震」被災支援の件では、教団「熊本・大分地震被災教会会堂等再建支援募金」(目標額1億8千万円)の内、関東教区として4年間で2千万円を目標に取り組むことを可決した。
緊急議案として提案された、「共謀罪の創設に反対する件」では、活発な議論が行われた。反対の立場からは、個人的には共謀罪に反対の意見を持ちつつも、総会で議決することに反対する意見が出された。賛成の立場からは、「信教の自由に直結する問題であり、教団が国家の宗教に対する介入に抵抗できなかった歴史を振り返れば、声明を出すことが大切」等の意見が述べられた。「この総会においては採決をしない」との動議が出されたが少数否決となり、原案を161名中130名の賛成で可決した。
常置委員選挙は、例年全数連記(5名)による投票が行われているが、今総会では、教師、信徒共に3名連記で投票する議案が審議された。提案理由として、昨年の教団総会議員選挙において白票が多かったことや、投票の結果に偏りがあり多様な意見を反映していないことが挙げられた。
反対の立場からは、「人の思いを越えて働く主の御業を信じて投票している」、「5名の投票権を持つ方が多様な人を書ける。白票には意味があり、意志表示がある」、賛成の立場からは、「原則は一人一票である。全数連記は一定のグループの票が倍加してしまう」、「女性の意見を意思決定機関に反映したい」等の意見が述べられた。無記名投票の結果、賛成81、反対87の僅差で否決された。
教団問安使挨拶では石橋秀雄議長が挨拶文を朗読。質疑において、「伝道資金は教憲・教規上問題があるうえ、教区活動連帯金廃止により、教区間の互助は後退している」、「教団総会で、各教区が議案として総会に提案した議案を扱わないのは問題。北村教師戒規は手続き上問題があった。教憲・教規の適用において不公平がある」、「日本に住んでいる外国人への宣教も課題に入れてもらいたい」等の意見があり、石橋議長が応答した。
三役に、東野尚志議長(聖学院)、福島純雄副議長(筑波学園)、小池正造書記(東新潟)を選出した。「宣教部委員長選挙の件」を可決した上で、飯塚拓也委員長(竜ヶ崎)を選出した。
常置委員選挙結果
【教職】熊江秀一(大宮)、秋山徹(上尾合同)、栗原清(武蔵豊岡)、田中かおる(安行)、木村太郎(宇都宮)
【信徒】金刺英雄(上尾合同)、豊川昭夫(越谷)、國吉常喜與(宇都宮上町)、佐久間文雄(志木)、小西文江(新潟)
(嶋田恵悟報)

【4863号】主の祝福に歩んで

幼稚園の庭に大きな桜の木が4本ある。今、新緑が深まり、子どもたちのために大きな木陰を作っている。涼しい風を受け、子どもたちは元気に遊んでいる。この大きな木陰は当然一朝一夕に出来たものではない。先達が小さな苗を植え大切に育ててくれたからこそ、桜は神の恵みを受けて大木となった。子どもたちのために充分その役割を果たしているのである。子どもたちは花を楽しみ、木陰で遊び、鳥の声を聴き、美しい落ち葉で様々なものを作る。冬の寒さの中で、木の周りを走り回って遊ぶ。
この桜もやがて年老いてゆくだろう。この素晴らしい環境を子どもたちのために維持するには、今の桜を大切にしながら若木を将来に向かって育てねばならない。桜は子どもたちと遊びながら年を重ね、神の御業のために成長していくからである。
考えてみれば幼稚園は子どもたちが自らの将来に備える場であり、将来の社会を創るための備えの場である。神の愛される存在として子どもたちが大きく成長するようにと祈りが込められる場である。子どもたちも桜も神の祝福の中で日々をしっかりと生き、将来に向かって行く。
この幼稚園を支える教会の歩みもまた、主の御手の内に在る。今、主の働きを担う人々の礼拝と信仰生活が大切にされてこそ将来を担う人々が育っていく。教会の歩みこそ神の祝福と力が途切れずに注がれる場である。
(教団総会副議長 佐々木美知夫)

【4863号】人ひととき 成田喜代司さん 命を見つめ続けて

成田夫妻は日曜の朝礼拝前、道行く人に『こころの友』を配り、教会の存在を伝えている。
産婦人科医として生きた喜代司さんは、「僕は二人の犠牲で生きているのです。一人はイエス様。もう一人は母です。結核に罹って、命が危ない、と言われていたのに、僕を産んで、3ヶ月で亡くなりました。僕は十字架の贖いを、そのことと重ねて考えさせられるのです」と語る。命を見つめ続ける務めにあったことに深い思いを抱き続けたことを感じさせられる言葉である。
喜代司さんは順天堂大学医学部に合格。一人の教授に導かれ、日本ホーリネス教団小岩教会で受洗。その後、鳥取大学医学部に入学し、米子教会に出席する。東京・富士見町教会で受洗し、故郷の米子教会に出席していた由紀子さんとはここで出会い結婚、一男一女を授かった。博士号取得後、移住。広島・庄原教会に籍を置く。当時の笹尾清史牧師との家庭的な交わりに感謝をしている、とのことである。そして浜松の聖隷病院に移り、遠州教会に転会。約20年、産婦人科医として勤めた。
その時にこう思っていた。「産まれる赤ちゃんが『オギャー』と泣く。そして精一杯『息』をする。それは神様の愛の聖霊をいただくことだと思うのです。私はそのことを、赤ちゃんのお母さんに伝えたいと、いつも思って医者をしていました」。
一方でこうも言う。現職の時は「自分の力で生きている」と思い込んでいた。それは罪である。しかし引退後、病を患い、様々に神様のことを思わせられた。今、夫婦で穏やかに家庭礼拝ができ、教会での交わりが持てることを感謝したい。「『昔』医者だった」ということが用いられるなら、出来得る限り、教会員の相談に乗りたいと思っている、と語る。

1974年、庄原教会より遠州教会に転会。妻・由紀子さんと共に。

【4863号】第14回日韓連合異端似而非対策セミナー

5月25~26日、韓国南水原永楽教会を会場に、第14回日韓連合異端似而非対策セミナーが開かれた。日本側は日本基督教団、在日大韓基督教会、カトリック中央協議会、日本聖公会、バプテスト連盟を含む16名、韓国側は大韓イエス教長老会(PCK)の35名の計51名の参加。
今回の講演は、卓志一教授(釜山長神学大学校)「韓国異端の動向分析及び対応策-異端と政治権力の癒着を中心に」と、川島堅二教授(農伝・恵泉女学園大)「日本における『摂理』の活動と対策」であった。
卓講演では、セウォル号事件をきっかけに起こった朴大統領から文大統領への政権交代により、韓国政界がカルト系諸団体との癒着関係を明確に否定するようになり、「似而非集団規制法」制定の動きまで出始めたことが報告された。朝鮮戦争期に生まれた多くの団体が、現在女性教祖に代替わり継承されていく形で生き残りを図ろうとしている中で、これは注目すべき動きであろう。
川島講演では、信者への猥褻行為で10年の刑で収監されていた「摂理JMS」の教祖が来年にでも出所するのを目前にして、日本で盛んに布教活動がなされている実態が報告され、韓国側から来年韓国で開催される冬季オリンピックに関与する動きがあるとの報告もなされた。
セミナー後、新天地本部調査、日帝時代の殉国記念館のある堤岩里教会訪問等がなされた。
今回のセミナーに先立つ23~24日には、日程の詰まった中、大韓キリスト教長老会(PROK)事務局、韓国カトリック中央協議会事務局、PCK総幹事、大韓聖公会事務局訪問もなされ、PCKの長老会神学大学の礼拝、3箇所の教会の水曜礼拝を回って、韓国生まれのキリスト教系カルト宗教被害と対策を訴えた。各教派に対策機関が次々と設置され、私たちの協力要請にも各教派とも積極的に応じるなど、韓国キリスト教界の意識の変化を大きく感じた訪韓の旅であった。
(小海 基報)

【4863号】▼救援対策継続事業委員会▲本部事業の継続事項を確認

3月6日の救援対策本部最終会議に引き続き、3月16日及び5月8日、本部事業の残務処理を担当する継続事業委員会が開催された。
第1回委員会 冒頭委員会組織が行われ、委員長に佐々木美知夫・前対策室長、書記に真壁巌・前本部委員、財務委員長に佐久間文雄・前本部財務委員長を互選し、その他、保科隆・前本部委員、陪席に道家紀一総幹事事務取扱、飯島信担当幹事で組織することが確認された。
続いて常議員会から付託された事業内容として①被災教会からの貸付金返済受付等管理業務、②教団救援対策本部よりの申し送り事項【東北教区被災者支援センター・エマオ活動支援、東北教区放射能問題支援対策室「いずみ」活動支援】、③教団救援対策事業全記録刊行業務、④教団救援対策本部会計処理業務、⑤その他、教団救援対策本部活動からの継続事業を改めて確認したほか、計良祐時財務幹事が2月末までの収支状況を、飯島担当幹事が会堂・牧師館復興貸付金返済状況、補正予算案に基づく5団体などへの支援執行などを報告した。また、エマオ仙台で使用していた「ハイエース」廃車にともなう件を協議した。
第2回委員会 継続事業委員会メンバー以外に、前本部委員、奥羽・東北・関東の各教区議長、被災3教区幼児教育担当者会委員長、事務局幹事が陪席して行われた。
佐久間財務委員長から口座を閉じた時点での国内外募金結果、担当幹事から貸付金返済状況とこの間の活動、教区議長から被災教会の様子や現時点での課題などが報告された。
主な協議事項として①本部活動終了に伴う決算、②「国際青年会議in京都」報告書を全教会へ送ることへの提言、③青年会議の声明に盛られた内容の取扱い、④担当幹事の任期中の仕事内容の確認などがなされ、石橋秀雄・前本部長の祈祷によって終了した。但し、①については、青年会議関係の支払いやボランティアセンターの敷金の返済などが継続しているため、5月末に行われる監査までに決算を取りまとめることとした。
(飯島 信報)

  • 共に仕えるためにPDF

    リフォユース最新情報はこちら

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    日本基督教団年鑑2018年版

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友