【4575号】台風被害募金の配分決定 委員会の担当・組織を決定 社会委員会

去る二月二四~二五日、教団会議室にて第34総会期第一回社会委員会を開催した。出席は、招集者・小出望、上地武、小森宏(日本キリスト教社会事業同盟)、難波幸矢、張田眞、村田元、山本光一の七名。担当幹事の今泉幹夫、職員の新名知子である。
招集者の奨励により開会礼拝をもった。第32総会期より慣例となっている。自己紹介の後、委員会組織に入り、委員長に小出委員を、書記に張田委員を互選。諸報告の後、前総会期委員会よりの申し送り事項を確認した。
主な協議事項は下記のごとくである。
▽靖国・天皇制問題小委員会委員長、委員の選任。村田委員を委員長に選任し、委員五名を選考した。委員就任の承諾を得てから氏名を公表したい。
▽委員の担当を決めた。「働く人」編集委員に難波委員、日本キリスト教社会事業同盟理事に張田委員、日本キリスト教保育所同盟理事に上地委員、「社会委員会通信」担当に山本委員が当たる。
▽〇四年実施の台風被害救援募金の配分。各教区からの被害報告に基づいて、九州教区、北海教区にそれぞれ四〇〇万円を、中部教区に一五〇万円、他四教区にそれぞれ五〇万円を配分・お見舞いすることとした。これをもって募金は閉じられる。
▽その他。〇五年度委員会予算を承認し、六月、一〇月、二月に委員会を開催することとした。また、「社会委員会通信」発行の日程を決めた。
当然のことであるが、協議の中で、委員それぞれの立場で取り組んでいる社会問題、直面している課題などが紹介され、聞き合った。また、「日本基督教団社会活動基本方針」がはっきりしていない状況下にあって委員会運営の難しさを感じる。教団が教会としてより良く社会問題と取り組むためには筋道のしっかりした基本方針が必要であることは言を待たない。前総会期に引き続き重要な課題となる。
(張田眞報)

【4575号】今期の方針・計画を協議 貸出金・援助金等を決定 伝道委員会

第34総会期第一回伝道委員会が、二月二八日~三月一日に教団で開催された。選出された七名のうち一名の欠席で行われた。まず招集者の北紀吉委員によって開会礼拝が行われた後組織が編成され、委員長に北紀吉委員、書記に白砂誠一委員が選出された。そして前期委員会報告ならびに申し送り事項が確認された。
その後、今期委員会の方針及び計画について協議がされ、前期伝道委員会の申し送り事項に関する事柄の継続を尊重しながらも、同時に今期の委員会による新しい視点を加えて、一年後にまとめることとした。
また、関係委員会の担当者は次の通りとなった。宣教委員会・北紀吉委員長、「信徒の友」「こころの友」編集委員・渡辺和史委員、大見川昭子委員、「働く人」編集委員・白砂誠一委員、農村伝道担当者・辻中明子委員、深澤奨委員、刑務所伝道担当者・渡辺和史委員、土肥聡委員が選ばれた。
尚、開拓伝道協議会担当者は選出しないこととした。
次に、二〇〇五年度予算を取り決めた。また第五回「農」に関する活動者協議会を六月二〇日~二一日にかけて北海教区にて開催することとした。
二〇〇四年度後期分貸出金申請に対して、坂戸いずみ教会、水元伝道所、二宮教会、洛西教会、三重教会にそれぞれ五〇〇万円を貸出すこととした。
二〇〇五年度開拓伝道援助金申請に対して、次のように決めた。弘前西教会に一六〇万円、坂戸いずみ教会に一六〇万円、我孫子教会に一六〇万円、二宮教会に六〇万円、大阪聖光教会に八〇万円、志筑教会に一八〇万円、出雲伝道所に二〇〇万円を援助することとした。
二〇〇五年度エクロフ基金貸付金申請に対して坂戸いずみ教会に対しての五〇〇万円を推薦することとした。
次回委員会は「農」協議会に引き続き六月二一日~二二日開催予定。
(白砂誠一報)

【4575号】荒野の声

▼真冬・厳冬とまで評された就職状況に好転の兆しがあるそうだ。しかしそれは大学新卒しかも男子学生の場合。未だ未だ春は遠い。▼D・ウェストレークに『斧』という小説がある。斧・axは、首切り・馘首の意味があるそうで、発想は日本語と同じだ。主人公は、自分と専門が似通っていて再就職のライバルになりそうな失業者を、偽の求人広告で呼び出しては殺していく。最後に、狙いを定めていた技術者を葬り、その後釜を襲う。小説はその過程と心理を克明に描いたもの。▼ウェストレークらしいユーモアむしろドタバタ喜劇を期待して読んだのに、最後までドストエフスキーばりにシリアスなままだった。米国の通俗小説に描かれた光景は、日本では一〇年後二〇年後に現実となる場合が多い。『斧』は九七年の刊、不況がこれ以上長引くようだと。▼牧師の世界では五〇代・六〇代での転任も珍しくない。退職金も貰うことだし、世間の目から見れば、退職であり再就職だ。くどいが、五〇・六〇で。まあ、牧師が世間の人から羨ましいと見られるのも、悪くはないか。

【4575号】春季教師検定試験 召命に応えるべく受験者総数78名

神学の基本的学びを問う

二〇〇五年春季教師検定試験は、三月一日~三日、東京と京都の両会場で行われた。今回の受験者総数は七八名であった。試験直後の委員会での学科試験判定によると、補教師試験全体では七三名が受験した。うち合格者は四四名、保留者八名、不合格者二名であった。Cコース受験者二二名のうち一八名が、またBコース受験者一名が継続となった。また昨年秋の正教師試験で科目が残った五名が再受験し、一名が合格、二名が保留、二名が不合格となった。保留者については、改めてレポートが課された。委員会で後日、再判定する。また今回は他教派よりの転入志願者はなかった。
前回春季試験ではA、B両コースの受験者の中から多数の不合格者が出たが、今回は概して良い準備がなされ、不合格者が少なく、また保留者も比較的少なかったことは喜ばしい。検定試験では、教師となる上でどうしても理解しておく必要のある基本的な神学の学びについて問われる。今後も各受験者が、教師となる自覚のもとに良い準備をされるよう望む。
それでも依然として保留となる者がある。とくに教団教憲教規・宗教法人法、および新約聖書神学の両科目については、基本的な理解を問う問題であるにもかかわらず、学びが不足している場合がある。宗教法人法の知識は教会現場における実務に必須である。新約聖書神学の知識と理解は、説教と伝道、牧会にあたり、直ちに問われることになる。
Cコース受験については、ギリシア語の合格率が低い。限られたごく初歩的な範囲での出題であるので、時間をかけて少しずつ準備を進めてほしい。また教会史・教理史の知識は神学的思考の基礎となる。日頃の積み重ねが重要である。組織神学の記述も不十分な点が見うけられる。基本的な書物を繰り返し学び、組織神学的思考を養う必要がある。
そうしたことが積み重ねられていって、説教や牧会、ひいては教会形成へと結晶することになる。今後も個人の学びを進めていくことはもちろん、相互の共同の学びを継続し、研鑚を深めていくことが望まれる。
学科試験後の個人面接の前に両会場で全体会を行い、受験志願者と委員全員で懇談の時をもった。これは、検定試験への理解を深めるとともに、よりふさわしい試験のあり方を求めるものである。八束潤一委員長が挨拶し、試験全般について説明した。第一に、検定試験は教団教憲教規と検定規則、および信仰告白に基づいて行われている。第二に、教師検定試験はたんなる合格だけを目指すものではなく、準備を通して福音の豊かさを学び、人々に届かせるための良い機会でもある。第三に、いま教団において現在の二種教職制度の改革について検討が始められている。最後に、教憲第九条において「本教団の教師は、神に召され正規の手続きを経て献身した者」とされていることに触れ、教師となるにあたり、教区教団における教会の手続きを重んじるとともに、献身と召命の思いを新たにして、研鑚と学びを続けてほしいと述べられた。委員長挨拶に基づき、受験志願者との質疑応答、意見交換がなされた。
試験後の委員会では、いくつかの点が指摘された。今回、受験者の準備が良くなされていたことが評価される。また三名の検定委員が教会員の召天に伴い、日程半ばで帰らざるをえなくなったが、今後そうした場合、面接等の職務遂行について、対応が求められる。また現在は東京と京都の二会場に分かれて試験を実施しているが、これを一会場とすることも今後の課題である。検定試験制度を、より細かく定め、規則を整備する必要がある。次期委員会への申し送り等については、時間を改め、別に委員会を開催する。
教師検定試験においては、神学の基本的な知識と理解を問われる。そのいずれも、教師として伝道と牧会の場に立つ上で、欠くことのできないものばかりである。今後、そのための良い備えをして試験に臨み、主の聖なるみ体である教会に仕えることができるよう、努力していただきたいと願う。
(楠本史郎報)

*2005年春季・補教師検定試験問題

教憲教規および諸規則・宗教法人法(60分)
(A・B・CⅢコース)
次の2題に答えてください。                                           1. 宗教法人である教会の主任担任教師の就任と辞任について、必要な手続きについて記してください。
2. 宗教法人である教会が備えなければならない書類・帳簿について記してください。
旧約聖書神学(60分) (B・CⅢコース)
次の2題に答えてください。
1. 捕囚前の預言者の使信の特徴について述べてください。
2. 旧約聖書における「契約」思想について述べてください。
新約聖書神学(60分) (B・CⅢコース)
次の3題のうちから2題を選んで答えてください。
1. 共観福音書におけるイエスの「受難と死」について述べてください。
2. パウロにおける「神の義」について述べてください。
3. ヨハネによる福音書における「キリスト論」について述べてください。

 

『講  評』

教師検定委員長
八束 潤一

33総会期委員会として最後の教師検定試験を実施した。
試験期間中、教会員の召天等により三名の委員が途中で不在となる事態が生じたが、委員諸氏の協力により無事に実務を終えることが出来た。働きを終えるにあたり委員長個人として感じたことを述べたい。
今期委員会は、32総会期第五回常議員会が行った検定試験の基準に関する決議の後に選ばれ実務にあたった。信仰告白を基準とする決議は何より、受験生にとって良いことであった。また同時にこの決議は、私たちが教団の中にある多様性や差異を、合同教会の豊かさとして互いに受け入れ、生かすために努力することを求めていると思う。大切な課題であろう。
今一つは、検定作業に携わりつつ、委員自らが福音を証しする働きに召され、神に献身する者として立てられている事を改めて問われたことである。このような働きに携わることが出来て感謝している。

【4574号】教会の支援とは

一月末の大雪の中、新潟県内の教会を問安する機会が与えられた。
それは、「新潟県中越地震被災教会会堂等支援委員会」を現地で開催する前に、小橋孝一委員長と共に全委員が、関東教区三役等の案内で、被害を受けた五教会の実際の被害状況を見るためでもあった。
しかし今回、考えさせられたことは、地震被害のことではない。
ある教会を訪れた時、その牧師館を見て、本当に驚き、正直なところ、私を含め何人かの方が「ここに住んでおられるのか」と声が出たくらいにその牧師館は狭く、古かった。
私も幾つかの牧師館に住み、多少の苦労も経験してきたが、この牧師館は…。
関東教区も配慮し、地震被災を期に、近くのアパートに住んで戴くように配慮されたようだ。

私たちは、教団信仰告白で「教会を信ず」と告白するが、勿論、それは建物ではなく、「全体教会」への告白でもある。
しかし、現状はどうだろうか。
パウロが、エルサレム教会を支援する時に、実際に援助するのは「お金」であるが、それを記す箇所には一度も「お金」とは記さず、「慈善の業・奉仕」との言葉を用いている(第二コリント八章)。
今回の教会支援も、実際は募金活動ではあるが、「教会を信ず」を実質化できるような内容でありたいと祈りつつ被災地を後にした。
(教団総会副議長 小林 眞)

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友