【4580号】災害関連の二議案を可決 兵庫

第五九回/「合同」後三六回兵庫教区総会は五月二二・二三日両日、テーマを「『支えあう教会』~福音を生きるいのちのつながりを…~」とし、阪神大 震災後十年を経て再建された神戸栄光教会を会場に正議員二一一名中一五九名が出席する中、堂山興治志筑教会牧師の開会礼拝説教を以って開催された。
来賓として権寧國在日大韓基督教西部地方会会長、宮田誉夫部落解放センター運営委員会常任委員、三浦修関東教区議長、鈴木伸治教団書記から挨拶を受けた。特に教団問安使に対して質疑が行われ、沖縄教区総会選出議員不在で行われた第34回教団総会に対して教団議長が行った措置、対応に対する疑義、「教区総会提出議案の不受理」に対する抗議が議場から多数出された。
他に教団総会関連としては、「第34回教団総会報告に関する件」(八号)において議長から総会の様子が報告されると共に、教団総会議員以外の人からの質問に教区選出議員が答える形で現在の教団が抱える課題を分かち合い、報告が承認された。
教団総会での議論を受け出された議案としては「『合同のとらえなおし』に関する件」(十号)が審議され[福音を生き、神による平和をつくりだす営みのために~「合同のとらえなおし」に関する兵庫教区決意表明~]を可決した。
阪神淡路大震災から十年を経て十一年目を迎える兵庫教区として新潟中越地震被災教区である関東教区から教区議長を迎え、議場の外ではパネル展示等行われ
る中、「『災害に向かい合う』宣教を担う兵庫教区の決意表明に関する件」(十一号)と「日本基督教団内に自然災害被災者支援活動連絡会(仮称)の立ち上 げを呼びかける件」(十二号)を可決した。
「セクシュアル・ハラスメントに関する件」(十三号)においては、四月二二日概ね「被害者側全面勝訴」の判決をもって終了した「教会でのセクシュアル・ハラスメント被害を訴える裁判」を受け、私たちの日常性を問い直しつつ兵庫教区としての意見表明を可決した。
「クリスチャンセンター会計不正流用問題報告に関する件」(七号)は一日目の始めから上程され二日目午後まで議論した後、承認された。
建議としては「『子ども記念公園』及び『記録館』(仮称)建設に関する件」(建議一号)が常置委員会に付託され、「いのちを脅かすものへの恐れを表明し、いのちを脅かすものの前になんとか踏みとどまり可能で必要な働きに取り組む決意表明」(建議二号)に関する件が議場で可決された。
また「准允・按手式執行に関する件」(六号)は、教師検定試験の現状についての理解に関して「補教師の聖礼典執行に関しては、諸教会の現実的実態に即し、また兵庫教区第二五回総会以降の歴史的経過を踏まえつつ、その教会の決定を尊重する」とのいわゆる「第九号議案」を決議した教区として対応が不十分であるとの意見が出され、二日目まで議論を継続した。その議論を経た上で同議案を承認し、准允・按手式(准允・六名、按手・三名)を執行した。
(車田誠治報)

【4580号】教区総会報告② 兵庫・西中国・東中国・東北・中部

教会の根幹に関わる課題が前面に

前号に引き続き五教区の総会報告を掲載する。過去数年来、或いは数十年来の懸案であった事柄、教職制度、「合同のとらえなおし」、信仰告白、財政に加え、今年度各教区を横断する課題は、現実的な危機感に基づく「戦争と平和」についての議論・決議であり、「セクシュアル・ハラスメント」の問題に顕著な人権と教会の倫理であり、更に、聖餐式のあり方を問う論議がいよいよ表に出て来た。教会の根幹に関わる、或いは根本から揺さぶる議論に発展しようとしている。

 

【4579号】憲法記念日に

五月三日は「憲法記念日」であるが、複数の政党をはじめ、政界は憲法改正に向けての動きが急で、今や「平和憲法」も「風前の灯火」の様相。
私の仕えている遠州教会には、市民運動の「浜松市憲法を守る会」の事務局があり、毎月一回、役員会を開催し、翌月配布の「護憲チラシ」原稿の担当決定などの準備をし、当教会で印刷。翌月の第二日曜午後、市役所に集まり、小集会後に浜松駅までチラシを配布しながらデモ行進をし、この五月が四五九回。つまり、三八年間も継続されていることになる。
加えて昨年には「浜松・憲法九条の会(私が代表者)」を立ち上げたこともあり、三日に講演会を開催し、二百名近い参加。
「憲法」というと、「法」という言葉が先に浮かび、堅いものという先入観があるが、「憲法」とは「かたち」を意味し、日本の国のかたちを言葉で表すものであり、それが「国民主権・平和・人権」の三つの柱になっている。
前述の講演会を終え、そのまま大阪に走り、大阪教区総会に出席。
問安使への質問に答え、「正しい聖礼典の執行」の説明をする中で「教憲とは、憲法と同じで、日本基督教団という教会のかたちを言葉で表わし、その教会の内実あらしめ、整えるものが教規である」という内容を語らせていただいた。さらにこれが私たちの土俵であり、守るべきもので、ここから踏み出されると議論が成り立たないのではないか、とも語った。
伝道論などには多様性がなければならないだろう。しかし、教憲・教規に対する姿勢には多様性があってはならないのである。
(教団総会副議長 小林 眞)

【4579号】人ひととき 村山順吉さん

音を通して福音の ハーモニーを奏でる

村山さんは幼い頃からピアノを習い、将来の夢は指揮者であった。しかし聴力の関係で指揮者の道を断念せざるを得ないと知る。そのことで悩んでいた高校生の頃、祖母の導きで教会に行くようになった。そんなある夜、満天の夜空を見ながら、自分が気にしていることは、ほんの小さなことである。また、こんな小さな自分をかけがえなく大事にしてくれる方の存在に気付かされた。自分の音楽家として生きる道は、困難を背負いながら歩むこと。「そこに生きよ」との主の声を聞いた。一九七七年クリスマスに受洗し、自分のためではなく、神から用意された道を生きる歩みへと変えられた。自分に与えられた生を一人でも多くの人に捧げていこう。神が与えてくださるからこそ、自分にしか出せない音があるのだから。
その後、不思議な導きで女子聖学院短期大学に奉職、多くの出会いを通して音楽と人間の生命との関わりを知った。村山さんは「音」は「福音の真理」を指し示すと言う。誰でも母の胎にいる時から固有の音を持っている。また同じ音楽を聞きながら、その人固有の音を聞く。そこで音と人の生命が触れ合う時、感動と共に新しい命が生れる。その人にしか出せない音、固有な生命の再生が起こる。神から与えられた、その人にしか出せない音。私たちそれぞれがその音を磨き、発していく時、ハーモニーの全体となってゆく。村山さんは、かつて聖歌隊の指揮者として、現在はフィルハーモニーで学生を指導している。一度は断念した指揮者の道、しかし不思議な仕方で豊かに与えられた。ピアノ・指揮・教育の賜物が一つとされた。神との出会いを通してキリストのハーモニーの全体となってゆく。
村山さんは聖学院のスクールモットー「神を仰ぎ、人に仕う」の通り、神を讃美し、学生や子どもたち一人ひとりと人格的に関わりながら、音楽と福音のすばらしさを伝え続けている。

 

 

【4579号】お知らせ

★第5回「農」に関する活動者協議会開催

/時=6月20日(月)14時~21日(火)11時

/所=北海道クリスチャンセンター

/講演=五十嵐紀子(名寄教会員、道北三愛塾メンバー、恵泉レディースファーム)

/発題(交渉中)

/費用=教区推薦(交通費、宿泊費伝道委員会負担)自主参加(実費自己負担)

/オプション=(1)余市「いのちの園」、(2)道北見学コース、(3)道東見学コース

/申込・問合せ=教団伝道委員会℡03-3202-0544

  • 共に仕えるためにPDF

    リフォユース最新情報はこちら

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2018年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友