【4582号】メッセージ

ヨハネの黙示録 三章二〇節

扉を開いて 藤掛順一

会堂開放

私たちの教会は昨年秋から、「会堂開放」を始めました。私たちの教会堂は一九二六年に建てられた、ご覧のように大変厳めしい建物です。新来者にとって決して入り易くはない、敷居の高いものですが、他方横浜市の歴史的建造物に指定されており、それらを巡るツアーのコースにも入っていて、見学を希望する人はけっこうあります。
しかしこれまでは、正面玄関近くに事務所を設けることができないという構造上の制約もあり、週日には扉を閉ざしていました。それをこのたび、教会員の中から奉仕者を募り、毎週木曜日から土曜日の午前十時から午後四時まで、正面入口の受付に奉仕者が二人ずつ待機して、来訪者を迎え、必要があれば建物の説明などをするという体制を整えました。開放中、外には「会堂開放中です」という看板を出し、気候のよい時には扉を開けたままにしておいて、誰でも入れることをアピールしています。
始める前は、果してどれくらい人が来るだろうか、一日中待ちぼうけになるのでは、と不安にも思っていましたが、実際にはほぼ毎日、案外多くの方々が訪れてくれています。
私どもの教会はオフィス街にありますが、近くの会社に勤めている人が、「一度入ってみたいと思っていたが、今まで週日にはいつも閉まっていて入れなかった」とお昼休みに来たり、横浜のキリスト教史跡を巡るツアーの方々が立ち寄られたり、デート中のカップルがふらりと立ち寄ったりしています。ちょっと見るだけですぐ帰る人もいれば、礼拝堂に座って奏楽者がパイプオルガンの練習をしているのをしばらく聞いていかれる方もいます。この会堂開放を通して、見知らぬ人々に教会の案内を渡したり説明したりする出会いの機会が与えられたことは、貴重な時間を献げてくれている教会員の奉仕者にとっても、また教会全体にとっても、充実した喜びとなっています。初めて礼拝に来る前の下見に来られた方もあり、教会の敷居を低くし、入り易くするという効果も出ているようです。

秘密結社化する教会

教会が地域の人々に向かって扉を開き、迎え入れる姿勢を具体的に示すことは大事なことです。それはある意味当たり前のことであり、そのような努力をそれぞれの教会はいろいろな仕方で既にしておられることと思いますが、そのことがなかなか願うような成果を生まない現実もあります。日本のキリスト者人口は今や一パーセントを切り、社会の中で教会の存在感はますます希薄になり、人々の目に見えなくなりつつあります。ある人はこれを「教会の秘密結社化」と表現しています。そのようなつもりはなくても、自分たちの間でしか通用しない言葉や論理に凝り固まり、結果的に世間の人々に対して扉を閉ざしているという印象を与えてしまってはいないか、私たちは自らを振り返るべきでしょう。

主イエスを迎えるために

教会の扉は、象徴的な意味で開かれていなければなりません。けれどもそれは、単に世の人々を一人でも多く教会に迎え入れるためだけのことではありません。教会の、そして私たちの、閉ざされてしまいがちな扉を、主イエス・キリストがたたいておられるのです。 主イエス・キリストが私たちの心の扉の外に立ってたたいておられ、私たちが扉を開くことを待っておられるのです。私たちが扉を開くのは、その主イエスをお迎えするためなのです。
教会の扉を開くことも、人々を迎え入れるためであるよりも先ず、主イエス・キリストをお迎えするためです。教会が自らの中に閉じ籠り、扉を閉ざしてしまっているとしたら、それは主イエス・キリストに対して扉を閉ざしているのです。主イエスをお迎えする心が萎えてしまっているのです。

主イエスによる派遣

主イエスは、そのような私たちの閉ざされた扉をたたき、入って来られます。復活された主イエスが、ユダヤ人を恐れて家の戸に鍵をかけて閉じ籠っていた弟子たちのところに来られ、その真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と語りかけて下さったのと同じことが私たちに起るのです。主イエスが入って来て下さったことによって、弟子たちは喜びを与えられ、そして主イエスによって「父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす」と派遣されたのです。主イエスは彼らに息を吹きかけ、「聖霊を受けなさい。だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る」と言われました(ヨハネ福音書二〇章一九〜二三節)。このようにして弟子たちは、聖霊の力をいただき、罪の赦しの福音を宣べ伝えるために、閉ざされていた扉を開いてこの世へと出ていったのです。このことは私たちに、扉を開いて主イエスをお迎えすることによってこそ、扉を開いて世に向かって福音を語っていくことができ、扉を開いて人々を教会に迎え入れることができる、ということを教えているのです。

洗礼と聖餐の共同体

「だれかわたしの声を聞いて戸を開ける者があれば、わたしは中に入ってその者と食事をし、彼もまた、わたしと共に食事をするであろう」。この食事は終末における祝宴ですが、今この世において私たちがその食事を前もって味わい、この祝宴にあずかる希望に生きるために与えられているのが聖餐です。この食事にあずかるために、扉を開いて主イエスを迎え入れること、それが洗礼を受けることの持つ一つの意味です。教会は、扉を開いて主イエスをお迎えする洗礼を受け、終末の祝宴の先取りである聖餐にあずかりつつ生きる者たちの洗礼共同体、陪餐共同体なのです。

伝道する教会へ

教会が扉を開くのは、この共同体を真実に形造るためです。
扉を開くことは、教会と世との境目をなくしてしまうことではないし、教会の入り口の敷居を取り払ってしまうことでもありません。
「十字架のつまずき」(ガラテヤ五章一一節)をなくしてしまってはならないのです。
洗礼を受けて聖餐にあずかる群れ、という教会の本質、そこにある根本的なつまずき、即ち教会と世との境目をはっきりさせなければなりません。
そうすることによってこそ教会は、人間の思いが作り出す不必要な敷居を全て取り除き、扉を大きく開いて、世に向かって、主イエス・キリストの福音を宣べ伝えていくことができるのです。
力強く伝道する教会となることができるのです。

(横浜指路教会牧師)

 

【4581号】教区総会を問安して

各教区総会が続いている。残念ながら沖縄、京都の両教区は問安使を拒否されたが、それゆえにこそ対話を求めて行かねばならないと感じている。沖縄教区総会には愛澤豊重総務幹事を傍聴せしめたので、報告を受け対応していきたいと思っている。
四役で分担して一五の教区総会を問安しているが、幹事たちも一人一教区ずつ随行訪問させていただいた。
私は四国、奥羽、東北、西東京、関東の五教区を問安させていただいたが、各々の教区固有の宣教課題を担いつつ歩んでいる様子を今回も教えられている。
差異はあるが、「合同のとらえなおし」の問題をめぐる質疑、そして、セクシュアル・ハラスメント裁判についての質問が多かったように思えた。
これらについては深めることは出来なかったが、現状の把握はそれなりなしえたことは有益であったと感じている。
一方、教区活動連帯金の受入額減少をめぐっては厳しい意見、注文もなされ、これも今後に反映されていくであろう。
更に議長挨拶文の中で「正しい聖礼典執行を通して教団(教会)形成に励みましょう」の一文について私の問安した教区ではいずれも質疑が熱くなされた。 聖礼典の乱れが教団の不一致、教会間の不信を増大させるだけに、この件については看過できない。これから本格的な取り組みがなされるべきだろう。
(教団総会議長 山北宣久)

【4581号】人ひととき 森 民代さん

必要なものは与えられる

必要なものは、主が与えてくださる。それが、民代さんが信じてきたことだし、事実、これまでもそうだった。
民代さんの父、森敬造氏は関西学院に学んだメソジスト教会の牧師だった。必ず民主主義の時代が来ると三番目の娘に民代と名付けた。父の転任に伴い、家族も石川、愛知、愛媛と住まいを移った。戦争となり四年ごとの転任がなくなる。民代さんは、三瓶教会で小学生から高校生までを過ごし、父と母が教会に仕える姿を間近に見てゆく。父は伝道一筋の牧師だった。
終戦後、女学校を卒業した民代さんは、姉の学んだ東洋英和女学院に進みたかったが道が開かれなかった。東京・府中に開校された生活指導学校へ社会福祉主事になるべく進学した。
父は、娘たちに職業に就くことを強く勧めた。二人の姉は、それぞれに栄養士、幼稚園教諭となっていた。民代さんに与えられたのは幼稚園助手としての働きだった。二百名の園児が通ってくる大きな園で、宗教色はなかった。教会の中で育ってきた民代さんにはショックなことも多かったと言う。
助手としての仕事を続けながら、一九五四年に開設された原宿高等保育学校の一回生として学び、幼稚園教諭の資格を取得した。この学校での、キリスト教保育を志す仲間たちとの出会いは新鮮だった。
資格取得後、教会付属の南部坂幼稚園が教師募集していることを知り転職した。十分の一の園児数には驚いたが、聖書の言葉が通じる働き場が嬉しかった。園長の婦人牧師と共に懸命に園を運営した。神様のため、教会の幼稚園のため、子供たちに御言葉を伝えるためにここで働いているのだからとの思いに支えられたと言う。今、園児数は定員一杯にまで増えた。
この三月に四五年の働きを終えて、後任の園長にバトンを渡した。これからは、幼稚園委員会委員長として幼稚園を背後から支えてゆくことになる。

【4581号】篤いお祈りと温かいご支援を 中越地震・再建支援委員会

「新潟県中越地震」被災教会会堂等再建支援委員会が発足し、一億五千万円の目標を掲げ、全国の諸教会に支援のお願いを始めて半年が経ちました。現在約三千万円の募金が皆様のお祈りと共に寄せられています。ご協力を心より感謝いたします。
被災地は震災の後、例年にない豪雪にも見舞われました。関東教区発行の「被災支援センターニュース」11号に、「雪との戦いが終って、再び地震の被害との戦いが始まる。この痛みを負った被災地の現実に主の導きと私達の真心を持って望みたいと願っています」とありました。雪解けと共に被害の姿が再び露にされ、補強・補修工事を含め、復興作業が急がれます。
仮住まいを続ける牧師ご家族、体調を崩された信徒の方々、そのような厳しい中でなお主のお守りに感謝し、主を信じて前向きに歩んでおられるとのこと。新たな雪の季節を迎える前に、どうか再建・復興させていただきたいと願います。
多額の会堂建築負債を抱えた教会、移転再建を決意した教会もあります。信徒も被災した中で、各教会自身での再建は非常に困難なことです。
福音宣教の拠点として憂いなく活動する日が一日でも早く訪れますように、諸教会、信徒の皆様の篤いお祈りと温かいご支援をよろしくお願いいたします。
郵便振替口座/00130-8-315973、口座名 /中越地震被災教会支援募金
(朝岡瑞子報)

【4581号】伝道のともしび

「さいはて」こそ伝道の拠点

輪島教会牧師 勇 文人

朝、金沢方面に車で向かう途中、何台もの観光バスとすれ違う。「奥能登さいはての地めぐり」や、「辺境を旅する」などと銘打ってバスツアーが実施されているのが分かる。私は六年余前、輪島に遣わされた当初、この地が「さいはての地」と呼ばれていることに、あまり良い感情を持たなかった。
しかし、鉛色の雲に覆われ牧師館を揺らすような激しい暴風雪が連日吹きすさぶ冬は、荒涼としたイメージさえ漂わせる。能登半島の北端にある輪島は鉄道が四年前に廃止となり(今年三月には珠洲線が廃止となったために奥能登から鉄路は完全に消えた)、交通手段はバスと車しかない。同じ能登伝道圏を構成している「隣りの」七尾教会まで六〇キロ、羽咋教会まで七五キロ離れている。さらに金沢までは一二〇キロという地に住むと、車は貴重な交通手段となる。私の車の走行距離は毎年三万キロを超える。教会を訪ねる遠来の方が口をそろえて言うのは「遠いですね…」。なるほど、奥能登の地、輪島は「辺境の地」「さいはての地」なのかも知れない。
ところが、こんな「さいはての地」にも教会はたてられた。「地の果てまで救いをもたらさん」としたメソジスト教会の旺盛な伝道心がなければ、「真宗王国」と呼ばれる北陸の中でも、特に「伝道困難な地」である奥能登・輪島に福音の種が蒔かれることはなかっただろう。
そして、その旺盛な伝道心は、決して過去のものではない。今を生きる教会員一人ひとりにも脈々と受け継がれている。もちろん、具体的な数字となって教勢が伸びるわけではないかもしれない。過疎化・少子高齢化が進む地域にあって、それでも、常に朝夕で十五~二十人の礼拝出席者を維持し続け、教会学校も途切れることなく礼拝が続けられていることは、感謝である。まかれた種が芽を出し成長し収穫されることを信じて九十二年間ひたすら、福音の種が蒔かれ続けたのだ。
九年前に洗礼を受けた方は朝市で喫茶店をやっている婦人だが、子供のころ姉と一緒に教会学校に来たものの献金当番で祈ることがいやですぐに離れたという方だ。しかし、三十年後に夕拝に出るようになり、洗礼へと導かれた。三年前に受洗した婦人は朝市の煎餅屋さん。約四十年前に子どもたちを教会学校に送り出したことが教会とかかわったきっかけだが、四十年後に夕拝に出席するようになって洗礼へと導かれた。今年のイースターには二人の受洗者が与えられたが、そのうちの一人はかつてこの地にあったキリスト教幼稚園を三十年前に卒園した男性で、元園長との交流を通して礼拝に出席するようになり受洗へと導かれた。このように、蒔かれた種の収穫が幾世代もあとになることは、輪島教会においては珍しくない。この地での伝道は「林業的な伝道」だと言えるのかもしれない。
だからだろうか。日本伝道は、輪島教会にとっていつも祈りだった。この地から巣立っていって、日本各地の教会に連なっている人が少なくないからだ。具体的な人たちの名前と、その人が連なっている教会を覚えて祈っているし、輪島を離れていった家族や友人たちが連なることになるかもしれない教会のことを覚え、日本基督教団のためにも祈っている。
たとえ、「さいはての地」と呼ばれる土地であっても、住む私たちにとってこの地は決して「さいはての地」などではない。自分が住むこの地こそが中心だ。後ろは日本海。つまり、私たちの眼前には日本列島が広がっているのだ。

  • 共に仕えるためにPDF

    リフォユース最新情報はこちら

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2018年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友