【4592号】人材・施設データベース化へ 第2回障害者差別問題小委員会

第34総会期第二回障害者差別問題小委員会が、教団会議室にて一〇月三一日~一一月一日に行われた。
開会礼拝では、鈴木優子委員がヨハネによる福音書四章四三~五四節より「帰りなさい。あなたの息子は生きる」というイエス様の御言葉は「新しい事態が待ち受けているところに帰れ」という意味であり、「信仰を持って生きる者は、たとえどのような状況にあっても、無限の可能性を信じることができる」というメッセージが語られた。
前回記録承認、第二回宣教委員会報告が、それぞれ資料に基づいて行われた。
人材・施設などのデータベースについて、藤崎義宣委員より、資料に基づいて説明があった。障害者およびその家族も含めて、教会では対応できない範囲があることを再確認すると共に、このような資料を全国的に整えていくことの必要性を考えさせられた。掲載許可を得ることなど問題もあるが、各委員ができる範囲で資料を収集し、次期委員会にも申し送り、時間をかけて作成することとした。
刑法第三九条(心神喪失者、心神耗弱者)について堀眞知子委員より発題があり、質疑応答がなされ、学びと討論を深めた。この問題については、継続的に取り組むこととした。
お互いに情報交換を深め、委員会と教区、委員会と活動者のネットワークを築くために、ニュースレター「かがやけともに」を以下の方向で発行することとしたので、お読みいただきたい。
①発行/二〇〇五年一二月一日
②内容/ⅰ委員会・委員・幹事等の紹介、ⅱデータベースの情報募集、ⅲ「刑法三九条に関する考察」、ⅳその他
次回委員会は、二〇〇六年四月一七日~一八日、教団会議室で開催することとした。内容は、
①講演/大津恵子氏(女性の家 HELP)
②「かがやけともに」(レター版第二号)
③医療福祉制度の変化
④データベースのサンプル
⑤障害者差別問題小委員会の課題(名称も含めて)
それぞれ担当者が発題することとした。
(堀眞知子報)

【4592号】河上民雄元衆議院議員に聞く 第三回社会委員会

去る一〇月三一日(月)~一一月一日(火)、教団会議室にて第34総会期第三回社会委員会を開催し、難波幸矢委員の奨励による開会礼拝をもって始められた。
委員の交代があり、日本キリスト教社会事業同盟から長沢道子新委員が就任した。
主な協議事項は下記のごとくである。
1、報告事項に関連することとして、(1)ハリケーン募金実施についての事後承認と、献金先としてアメリカ改革派教会(RCA)を加えることとした。(2)「靖国・天皇制問題小委員会」から「小泉首相靖国参拝反対声明」を一〇月一六日に出したとの報告を受けた。(3)「働く人」編集委員会との関係を正しく理解し、整えるべきことを確認した。(4)日本キリスト教社会事業同盟の〇四年四月~〇五年一〇月末までの活動と、交流が始まっている韓国PCKの社会事業の実情が紹介された。(5)すでに救援募金は終了しているが、村田元委員から新潟県中越地震のその後の救援と支援の状況について伺った。
2、「憲法改正問題と教育基本法改正問題をめぐって」と題して憲法学者で元衆議院議員の河上民雄氏による講演を聞き、質疑応答の時間をもった。氏は「再び愚かな祖先とならないために」との熱い思いを秘めつつ、現下の問題についての分析と、歴史的、法的側面から貴重な意見を述べた。
3、上地武委員より「沖縄におしつけられた基地問題について」と題する発題がなされ、ことにビデオを用いて辺野古の現状と問題が紹介された。
4、教団の「社会活動基本方針」に関して引き続き協議している。今回は一九九六年の第29総会期第五回常議員会記録を読んで決議の内容が不透明なことを改めて確認し、基本方針の必要性を再認識した。
5、「全国社会委員長会議」の開催に関して、過去の反省を含めてどのようにすべきかを協議し継続とした。
6、「憲法改悪反対」署名を呼びかけることとした。
(張田眞報)

【4592号】戒規施行細則変更の協議を開始 第六回教師委員会

第六回教師委員会が一〇月二〇日関西学院教会を会場にして開催された。
今回は、二年に一度の神学校問安に重ねて委員会を開催するという形を取り、二〇日の午後に関西学院大学神学部、二一日の午前に同志社大学神学部の問安を行なった。
神学校の問安は、教師委員会が教団と神学校のパイプ役であるとの理解の中で行っており、教師養成への感謝を述べ、神学部の現状と教団への要望をお聞きし、祈りを合わせて行っている。今回の問安では、それぞれに総合大学での神学部の位置付けに対する課題を聞くことができた。今後も神学教育に関わる両大学神学部への祈りと話し合いの窓口としての役割を大切にしていきたいと考えている。
なお、関東地区にある、東京聖書学校、日本聖書神学校、農村伝道神学校、東京神学大学への問安は一一月に入って委員が手分けして訪問することにしている。
さて、委員会では、軽込昇委員長から七月に開催された常議員会で教師委員会報告が承認されたことと戒規執行に関して抗議、要請文が届いていることの報告を受けた。委員会としては、それらに対する返答を協議した。
また、戒規施行細則の不備についての反省を踏まえて戒規施行細則変更の協議を開始している。更に、今後、戒規の提訴が起こった場合の手続きに関しては、内規を設けて対応することとし、内規作成の作業に入った。
次年度の新任教師オリエンテーションに関しては、二〇〇六年六月二六~二八日に天城山荘を会場にして開催することを決定した。(宮本義弘報)

【4592号】荒野の声

▼「おばさんは…マリア様の絵の前にひざまずいた。お祈りをするのではなく、マリア様におしゃべりするためだ!ぼくは、おばさんが村のうわさをくりかえしたり、近所の人の悪口をいっているのを聞いたことがある。…H.C.ホガード『小さな魚』富山房」▼ホガードの登場人物を、信仰的だとか不信仰だとかと一概には言えない。一人ひとりが生きて、神さまに向かい合っている。或いは背を向けている。▼S.ツヴァイクは『トルストイ伝』で、登場人物の全てが彼の自画像だと言った。ホガードでも、あらゆる作品のあらゆる登場人物が、著者の信仰を投影しているのではないかと想像する。▼他の作品には、神様をごく自然に素直に受け入れ、神様と親しんでいる老夫人が描かれる。このおばさんと重なる。同じ人物の裏と表かも知れない。▼昼の部の祈祷会は年配の人の出席が多い。お祈りの時間がだんだん長く、一人五分平均にもなってしまった。厳しい見方をすれば、時候の挨拶に始まり、よもやま話を祈っている場合がある。若い人にはちょっと辛い。▼しかし、神様とおしゃべり。羨ましくもある。

【4592号】仕えられるためではなく、仕えるために アジアキリスト教教育基金の働き

アジアキリスト教教育基金(ACEF)は、一九九〇年一〇月、隅谷三喜男氏を中心に発足した。この年は、国連による「国際識字年」にあたり、世界のすべての子どもたちに初等教育をとの呼びかけが行われた年でもあった。
ACEFは、二つの目標を掲げた。ひとつは、「バングラデシュに寺子屋を贈ろう」。アジアで最も貧しい国に、その国のキリスト教系NGO(BDP)と共働して初等教育を普及させようということである。次に、この運動を通じて、「アジアに使命と責任を持つキリスト者青年を育成しよう」ということである。

・寺子屋学校では

バングラデシュのBDP創設者であるマラカール女史は、熱心なキリスト者で、イギリスで学位をとった女医さんでしたが、地域医療を進めているうちに、国民の識字率の低さ(30~40%)に直面し、医師を辞めて初等教育に専念しました。当初、首都ダッカの郊外にあるスラム地区で、一六三名の幼児と、数名の女子中学生を先生に、一クラス二〇名で、粗末な家の軒下を教室に始まりました。成績が優秀でも貧しさのために進学できない女子に奨学金を与え、進学できなければ一四〜五歳で結婚させられてしまう女子に、仕事と学業を両立させる一石二鳥のプランでした。
日本からの協力を得て、この運動は徐々に農村地域にも発展し、現在ではバングラデシュの北部から南部まで六地域に、寺子屋学校六五校、教師二七四人、生徒数一〇、八二六人となりました。

・運動の特徴は

この運動にはいくつかの特徴があります。
第一に、運動の中核を支えているのはキリスト者ですが、重要な部門にイスラム教徒、ヒンズー教徒も居り、毎朝行われるキリスト教の礼拝に彼らも参加しています。ともすれば、宗教対立が声高に叫ばれる現在の世界において、共に各々の信仰を重んじ、尊敬しつつ、ひとつの目標に向かって「仕えてゆく」姿は、二一世紀における宗教信仰のあり方を示しているように思われます。
第二に、この運動は単なる識字運動ではなく、イスラム世界にあって「女性解放運動」につながっています。マラカール女史の信念によって、教師はすべて女性となっていますが、都市のスラム、農村において、女性が村の中心である学校教師になることが、女性の社会的地位を飛躍的に拡大することにつながりました。
小さな村においては、教育関係のことのみならず、村のあらゆる行事に教師が関係することとなり、女性が公衆の面前で堂々と発言する、それが認められるようになったのです。
これは、イスラム文化圏においては画期的なことであり、新しい村づくりです。
第三に、ACEFとBDPとの関係は、援助するもの、されるものという関係ではなく、共に働く「共働者」という関係です。通常、資金提供者は、ドナーとかスポンサーと呼ばれていますが、ACEFは、そのいずれでもなく「コーワーカー」です。
この原理は、BDPと地元との関係にも適応され、地元のニーズを優先し、地元の人々が共に参画するプログラムがあらゆる面において見られます。これは聖書における「人の子が、仕えられるためではなく仕えるために」(マタイ20・28)との御言葉に基づいています。

・ACEFの国内活動は

ACEFは、国内においては、春秋にセミナーを開催、「アジア」「キリスト教」「教育」をテーマに、すでに二八回の学習を重ね、多彩な学者、研究者を招き研鑽を続けています。
三月と八月には「寺子屋学校訪問スタディーツアー」を主催しています。このツアーには、高校生、大学生、幼小中高大の教職員、主婦など、あらゆる階層、年齢の方が参加されています。寺子屋学校を訪問し、教師、生徒たちと話し合い、遊んだりすることはもちろんですが、朝晩に礼拝の時があります。キリスト者か否かは問わず、すべての参加者に聖書の箇所が割り当てられ、準備された奨励がなされます。バングラデシュの大地のもとで御言葉に接することは、平穏無事な日本で聖書を読むこととは別のインパクトが与えられます。キリスト教学校に通いつつも、チャペルにも行ったことのない学生が、この地で初めて福音に出会い、帰国後、教会に行き始めて洗礼を受けたという例が、すでに四〇人ほどあります。
ある自称「落ちこぼれ」の高校中退者は、バングラデシュの方々の温かい愛に触れ、「本当の自分」に戻ることができたと告白しています。その大地と自然と温かな人情、そして聖書の学びが、人をその根底から考えさせ、ありのままの姿で受け入れてもらえることによって、まさに回心の経験とも呼ぶべき経験をして帰国しています。

・今、最も深刻な問題は

「五つのパンと二匹の魚で五千人を養った」奇跡は、すべての福音書に記されている唯一の奇跡物語です。それは、初代教会で重要視されたからに他なりません。今、世界で最も深刻な問題は「貧困」であり、「貧富の格差」「分配の不平等」です。ここに示された聖書の真理こそ現代世界を照らし、二一世紀の世界が目指すべき道標です。私たちはこの御言葉を信じて活動したいと願っています。
(船戸良隆報・アジアキリスト教教育基金事務局長)

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友