【4581号】篠ノ井教会設立を涙で報告 東海

第七九回東海教区定期総会は、五月二四日~二五日、翔峰(松本市)を会場に開催された。正議員一九四名中一六五名出席。
議事冒頭の教区議長報告、教団問安使の竹前昇総幹事挨拶に続いて、教区議長選挙が行われた。今回は議長、副議長、書記の三役が東海教区規則内規の多選禁止にかかり、伝道委員長を含む教区四役の顔ぶれが一新した。新議長には北紀吉(愛宕町)、副議長に山本将信(篠ノ井)、書記に栗原清(岩本)、伝道委員長に小出望(静岡草深)の各氏がそれぞれ選出された。
また本教区総会にて、篠ノ井教会設立に関する議案が上程され、満場一致で可決された。篠ノ井伝道所は、一九六一年四月に設立。二〇〇四年三月に現住陪餐会員数が三〇名となり、同年九月一二日に開催された臨時教会総会において、第二種教会申請を決議した。篠ノ井伝道所の役員は、これまでの経緯を涙と共に報告し、教区総会にて教会設立に関する件が可決されたことに対する謝辞を述べた。続けて、主任担任教師の山本将信牧師が挨拶を述べ、教団総会副議長でもある小林眞議員が篠ノ井教会を覚え、感謝の祈祷をささげた。
特設委員会継続に関する件では、部落差別問題特別委員会を継続することが可決された。
本教区総会には、関東教区より疋田國麿呂宣教委員長が派遣され、一日目の夕食後に、被災地の現状報告とこれまでの支援活動に対する謝辞が述べられた。
東海教区は昨年度、「新潟中越震災」支援活動を行ってきたが、その活動報告・会計報告も議事の中で行われた。教区内諸教会・関係諸施設から献金が寄せられたこの支援活動も三月末をもってその活動を終え、剰余金約一七六万円が関東教区の新潟県「中越地震」被災支援活動献金として捧げられることになり、その献金目録が、山本将信前東海教区伝道委員長より関東教区の疋田宣教部委員長へ手渡された。
本教区総会で、一名の教師が准允を受け、神に召され、教師として立てられた喜びを語った。
また昨年度末に二名の教師が隠退されたが、当日議場で挨拶された小島章弘隠退教師、ならびに「みんなの顔を見ると涙が出てしまうから」と当日欠席された石川守正隠退教師を覚え、謝辞が述べられ、祈りが捧げられた。
教区常置委員選挙結果
【教職】 大沢秀夫(松本)、西之園路子(蒲原)、伊藤瑞男(静岡)、長倉勉(三島)
【信徒】 辻昭(静岡)、塩入隆(長野本郷)、小林貞夫(日下部)、古川昭(遠州栄光)   (西之園路子報)

【4581号】キリスト教センターめぐり激論 沖縄

第五九回沖縄教区定期総会は、五月二九、三〇両日、ぎのわんセミナーハウスを会場に、開会時正議員四六名中三七名が出席して開催された。
昨年に引き続き、問安使を拒否した今総会で山里勝一議長は、教団との関わりに「しばらくの間距離を置く」ことを議長報告で改めて確認し、「将来教会検討委員会」が合同のあり方を鋭意検討していると述べ、「合同は誤りであったと総括出来れば良いと思っている」とつけ加えた。
もう一つの重要主題は、沖縄キリスト教センター(以下センターと略)問題で、総会の大半の時間が割かれ、三役・常置委員選挙の行われない今総会はセンター問題一色だった。
03年、センターの宿泊業務が違法との当局の指摘を受けて以来、宿泊業務を中止し、事業運営検討特別委員会が昨年九月、「維持、機能縮小、売却或いは賃貸、いずれを選択しても、赤字は不可避」との答申を出した。
この答申を受けて常置委員会は、「センターの事業を一部閉鎖し、職員全員を本年六月三〇日付けで解雇する」(四号議案)、「教区研修センターからの借入金二九八〇万円の弁済を免除する」(五号)、「センターの維持、残された事業のためセンター管理委員会を設置する」(六号)の関連三議案を総会に提案していた。
これに対し、職員の全員解雇に反対し、事業の継続を訴える望月智議員(志真志伝道所)、竹花和成議員(首里)の建議二案が議案として採択され、常置委員会議案と対峙。一日目夕食後、「センターに関する協議会」が開催された。
協議会では活発な意見表明が続いた。「センターは十八年間、宣教の場として活躍して来た。一般客が無理でも教区内外の教会員の利用を活発化すれば危機を乗り越えられる」「開館当時の『利益を教区の互助のために使おう』との期待がセンターに過大な負担となった」「教区が借金をしてセンターを建て、教区の財産としているのに、借金はセンターに返せというのは筋が通らない」と、教区とセンターの関係を問い直す意見が相次いだ。
協議会後、常置委員会が直ちに開催され、その合意が、二日目午後、新議案として議場に提示された。それは、「センター関連三議案を来年の定期総会まで継続とし、センターと教区の関係について、05年度末までに方向性を出す」というものだった。
常置委員会が先の決定を覆したことには訳がある。建築設計事務所から建築基準法の但し書き(特例)、第一種中高層住居専用地域内であっても、「良好な住居の環境を害する恐れがなく、又は公益上止むを得ないと認めた場合はこの限りでない」を援用すれば、事業の継続は可能であるとの新提案が教区につい最近示されたからだった。
三議案を取り下げず継続とした理由を、平良夏芽書記は「計画が一〇〇%成功するとはいえないこと。宿泊業務が再開出来てもなお赤字が出るかもしれない」ことを上げ、山里議長は、「赤字の累積を防ぐという昨年の総会の意思を覆すことは許されない」と語った。
この新議案に議場から賛否両論が相次いだが、望月議員提案の「四号議案に反対し、05年度センター事業を継続する」議案に、「宿泊部門に関し、合法化する手続きを推進する。センターと教区の関係について、05年度末までに方向性を出す」文言を追加する修正動議が成立。表決に付され、二六人中一四人の賛成で可決成立した。
この結果、四号議案は廃案となり、五、六号議案は来年総会への継続案が可決された。困難な時期に現れた唯一の前向きな継続プランに託して見ようということで議場が合意し、常置委提案と議員提案の折衷議案を可決して、結論を一年先に持ち越した形となった。
(永井清陽報)

【4581号】教区総会報告③ 沖縄・東海・関東・奥羽・西東京・東京

「正しい聖礼典」各教区で議論に

教区総会報告特集号第三集をお届けする。神奈川教区を除いて、ほぼ全教区の総会を終えた。例年関心が集まり議論沸騰する諸課題は、今年も各教区を横断して全教団的な議論となった。その一方で、従来はあまり表面に出て来なかった問題、各教区固有の新しい課題が浮き彫りになっている。

【4580号】いつくしみふかき

「先生、牧師さんになるにはどうしたらよいですか」と聞かれた。刑務所で教誨を行っているときである。
月に一度、刑務所に出かけ、キリスト教を希望する皆さんと聖書を読むひとときを持っている。まず三〇分間は聖書を輪読し、簡単な説明を行う。その後の三〇分は懇談の時としている。読んだ聖書について、キリスト教全般について等の質問がある。牧師への道の質問は、何よりも教会に行き、信仰生活を始めることであると答えたが、教誨を受ける皆さんにとって、そんなに牧師の姿がよいのであろうか。教誨の時間ではなるべくお話しができるようにしている。服役中私語は禁じられているし、ましてや歌などうたえない。讃美歌は間違えても良いから大きな声で歌うように促している。「今月末に出所します。今まで良いお話をありがとうございました」と丁寧に礼を述べる人もいる。社会復帰し、主の道を歩むことを祈る。
この刑務所は十人の教誨師がいるが、神父、宮司、牧師の他はみな僧侶である。刑務所におけるキリスト教の光を消さないようにしたい。キリスト教の教誨を心待ちにしている人のためにも。教団には、約九〇人の教誨師がいる。連絡しあい、研修をしている。教誨師の働きを覚えたい。
自分の赤ちゃんを殺してしまったと言い、泣き続ける女性の服役者は、「いつくしみふかき」の讃美歌に全身を向けているのであった。
(教団総会書記 鈴木伸治)

【4580号】人ひととき 阿佐光也さん

自分の信仰が豊かにされた

阿佐光也さんと盲人伝道協議会の関わりは、小学生時代に遡る。全盲の父に連れられて、夏の全国修養会に遊びに行ったのが最初だった。住まいも盲学校の中。盲人がいるのが普通の生活だった。三〇歳を過ぎて信仰を持ち、献身した。在学中に主事として盲伝で働くようになる。視覚障害者の伝道に関わるというより、仲間と再会し、一緒に活動する気持ちだった。
現在、盲人伝道協議会は「教会が本来担うべき仕事、信仰教育や教会生活のケアを行っている」という。日本の視覚障害者教育は、盲人キリスト者達に先導されてきた。戦後、ヘレン・ケラーの援助を受け、盲人キリスト信仰会、NCC、日本基督教団の協議によって盲人伝道協議会が成立、現在維持会員は四五〇名。文書伝道、盲人同士の交わりや晴眼者との相互理解を深める場を提供してきた。特に旧約聖書に関しては盲人達が自分達の手で発行したという歴史もある。新共同訳聖書も聖書協会と合同の点字出版委員会を作り、募金活動を行った。盲人の信仰教育も盲人キリスト者に担われてきたのである。「その人達の信仰は強烈だった。盲人のために働くというより、その確固たる信仰に触れられたことがすごい体験。自分自身の信仰が豊かにされた」と、阿佐さんは語る。
現在、阿佐さんの仕事で「相談に乗る」ことのウェイトは大きい。「教会でこんなことがあった」「教会を紹介してほしい」「教会に視覚障害者が来たが、どう対応すればいいか」電話だけでなく、「視覚障害者理解の手引き」を作成して、相互理解を深める努力をしている。「誰かがやるだろう」ではなく「誰かがやらなければならないこと」。それを今、盲伝が担っている。
「ここまで続いてきたのは神様のみ旨と、支えて下さる方々のおかげ。でも本当はもう少し、各個教会がこういう活動に興味を持って下さるとなあ」経済的な問題や後継者問題。課題が山積みである。

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    日本基督教団年鑑2017年版

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友