【4888号】▼宣教委員会▲ 宣教方策会議をまとめ

 第5回宣教委員会は7月2~3日に、京都教区・洛陽教会を会場にして開催された。その週末に起こる関西豪雨の前触れのような雨の中での委員会であった。豪雨被災地に心からお見舞い申し上げる。議事に先立ち、栗原清委員司式・説教による礼拝を共にし、引き続き会議室に場所を移して、報告、協議がなされた。

 前回委員会から引き続き、宣教方策会議でのワールドカフェで出された意見を担当者が分析、報告し、協議した。基本的に宣教方策会議の報告には、無理にまとめるのではなく列記してアイデアを提供することにした。それによって次の宣教方策会議の教区報告に反映されることを期待する。また改訂宣教基礎理論についての意見も出されていたことを受けて、宣教委員会として、どう受け止めていくか、総括が求められることも確認した。

 「牧会者とその家族のための相談室」については、今総会期中の設置を常議員会に提案することを決め、委員構成案を挙げた。

 青年伝道についての教育委員会からの提案を受け止め、宣教方策会議でも多くの意見が出たことを踏まえて支持していくことにした。特にSCF主事を青年担当として教育委員会の構成員とすることを求めていきたい。

 「統一原理問題連絡会」から名称を「日本基督教団カルト問題連絡会」に変更することが報告され、今日の課題への取り組みを理解して、委員会としても変更を受け入れることとした。

 それらの協議、可決の後、教団総会に向けて、今総会期の宣教委員会の評価をし閉会した。 (岸 憲秀報)

【4888号】▼信仰職制委員会▲ 教団離脱について答申

 第5回信仰職制委員会が、7月30~31日に全委員と秋山徹総幹事と道家紀一担当幹事の出席のもと、教団会議室にて開催された。前回議事録承認後、委員による『教団教師について』の発表を聞き協議、教師に関する共通認識を確認した。その後「諮問」1件と「問い合わせ」4件を取り扱った。議事内容は以下の通りである。

 《諮問》は、東京教区から「教規施行細則12条に規定された教会が、教団を離脱する場合、当該教会が教区に対して行うべき手続きと、教区が対応すべき手続きについて、また伝道所の離脱について」であった。

 《答申》は「教会が教団を離脱する場合、当該教会の教区に対する手続きはありません。教区が当該教会に対してとるべき手続きもありません。ただし、教規第66条⑥に基づく教区による指導が事前になされることが望ましいと考えます。伝道所は、教規第120条②により、所属教区または関係教会の監督指導と援助を受ける必要があり、伝道所が単独で教団を離脱することは想定されていません」である。

 《問い合わせ》は、①小児洗礼者の転籍に関する件、②教会が合併した場合の教師の身分に関する件、③補教師である教務教師が正教師の按手を受ける教区に関する件、④代務を担っている無任所教師に関する件であった。各々に当委員会の見解を伝えた。その中で教団全体に関わるものとしては、②の「教師が主任担任している状態で教会が合併手続きをすることをもって、教師も辞任手続きを為したと判断してよいか?」という《問い合わせ》に関しては、「合併手続きと併せて、教師の身分を確認する必要がある」ことを見解とした。また③に関しては「教務教師はその本務の所属する教区(支区)で按手を受けることが望ましいが、他の教区で教会担任を兼務している場合は教区(支区)議長間の話し合いによって按手礼式執行の教区(支区)を定めることが出来る」と答えた。

 最後に『教団総会報告書』をまとめ、次期委員会への申し送り事項を決定して委員会を終えた。 (武田真治報)

【4888号】天皇の退位および即位の諸行事に関する声明

 2019年4月30日と5月1日に、現天皇の退位および新天皇の即位が予定されています。私たちは、これに関する諸行事、とりわけ大嘗祭に国が関わることに、以下の理由により反対の意思を表明します。

1. 天皇の退位および即位に際して行われる諸行事において、本来は皇室の私的宗教行事である大嘗祭まで国の公的な行事として行うことは、国民に対して天皇が特別な存在であるとのイメージを植え付け、天皇の神格化を推し進めるものとなります。

2.宗教行事である大嘗祭に国が関与することは、日本国憲法が保障する信教の自由および政教分離の原則に反するものです。

3.どのような名目であれ大嘗祭に関わる経費に国費を支出することは、日本国憲法の政教分離の原則に反しています。

 私たちは、神以外の何ものをも神としてはならないとの聖書の教えに生きるキリスト者として、天皇の代替わりに関する宗教的諸行事、とりわけ大嘗祭に国が関わることに強く抗議し、反対いたします。

2018年7月9日

日本基督教団総会議長 石橋秀雄

【4888号】♦第1回教師継続教育研修会♦ 教師委員会主催 「説教と牧会—福音を伝える喜び」を主題に

 第1回教師継続教育研修会は、8月21日より23日までの三日間に亘って、ハートピア熱海において開催された。

 テーマは、牧師にとって最も重要な「説教と牧会ー福音を伝える喜び」とした。須田拓牧師(橋本教会・東京神学大学准教授)と柳下明子牧師(武蔵野緑教会・日本聖書神学校教授)には、それぞれの専門の立場から大変豊かな講演をしてもらった。さらに、教師養成制度検討委員会の岡本知之牧師(洛北教会)、小宮山剛牧師(逗子教会)、東野尚志牧師(聖学院教会)には、それぞれ牧会の現場に即して発題してもらった。それぞれの内容を紹介する紙面の余裕がなく残念であるが、講演も発題もとても内容豊かなものであり、貴重な学びと励ましを受けた。

 石橋秀雄教団議長と秋山徹教団総幹事の挨拶、佐々木美知夫教団副議長の礼拝説教を通して、日本基督教団がこれから大切にしていかなければならない教師研修会であることが確認された。

 合計6回にわたる礼拝説教は、他の説教者の御言葉の説き明かしに励まされ、自身の説教と牧会を見つめ直す機会となった。その他に、2回の分団協議があり、さらに全体会があり、現場での苦労を語り合い、出身神学校や教区の違いを越えて、互いにテーマに即して課題を共有することができた。

 会場は、熱海という観光地でもあり、温泉に浸ってリフレッシュし、同労の教師たちとの出会いと交わりが与えられた。

 今回の参加者は35名、講師他全体では、54名であった。開会から閉会まで皆が共に集う三日間であった。

 参加者には、教団から補助があり、参加費用の負担を軽減することができた。教師委員会では、第2回研修会を来年8月20日から22日まで、同施設で開催することにしている。准允後10年未満の教師には、何度でも参加してもらって、学びと成長の機会をもってほしいと願っている。 (古旗 誠報)

【4888号】教区議長コラム ♦大阪教区♦ 小笠原 純 古い歌はもう歌い終った

 大阪教区は議長であるわたしの思い通りに動いている。わたしの思い通りに動くものではないというわたしの思い通りに(独り言です)。

 大阪教区は和歌山県、奈良県、大阪府の143教会・伝道所が集まっている教区です。旧教派的伝統も様々であり、教会のあり方も様々です。大阪教区では1970年日本万国博覧会にキリスト教館出展の是非をめぐって激しい議論が起こり、その後10年間、教区総会を開くことができませんでした。1980年に臨時総会が開かれ、対立していた双方の真理契機を認め合い、今後異なる意見にも耳を傾け、対話を深めていくことを内容とする「3号議案」が採択されました。そうした歴史的な経緯があり、大阪教区では粘り強く、よく話し合うということが大切にされています。常置委員や教団総会議員の選挙も半数連記で行われています。そうした中で必要なのは、自分の思い通りに動くことはないという思いを持つということだと、わたしは思っています。私たちの教団は合同教会なのです。ただ「一致と前進」ということもやはり必要です。

 中国の小説家・評論家である魯迅は、1927年に香港基督教青年会館で、「古い歌はもう歌い終った」という講演をしています。魯迅は中国の文化を批判し、いつまでも古い歌を歌っている人たちに、書斎から出てきてもらって、社会がどんな風か、世界がどんな風か見てもらいたいと言っています。

 日本万国博覧会から48年、大阪では2度目の日本万国博覧会が行われるかも知れないと言われています。50年間で大きく変わってしまった大阪で、また日本で、「新しい歌を主に向かって歌う」(詩編98編)ということを真剣に考えなければならない時が来ていると思います。 (大阪教区議長)

  • 共に仕えるためにPDF

    リフォユース最新情報はこちら

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2018年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友