【4865号】メソジスト関係学校国際連盟メキシコ大会

「アイアムスク」なる言葉が頻繁に飛び交う場が、メキシコの古都プエブラの、マデロ大学に出現した。それは2017年5月27日〜31日、メソジスト関係学校国際連盟(略称IAMSCU)世界大会であった。大会テーマは、隣国大統領の公約を意識し「壁を崩す-平和と癒しと人間性回復への道のり」。学校での取り組みや教育信念の発表を、200名を超える出席者一同が耳を傾けるという伝統的行事で、休憩時間や食事での交流から参加者同士の関係作りが発展していく。
IAMSCU設立は1991年。2年後に青山学院で開催された理事会で3年毎の世界大会開催を決議。3年前の前回は広島女学院で開催し、今回は8度目。集まったのは若い世代の教育活動に熱心な、高校校長、大学学長や宗教主任、神学校校長らである。多くは博士号取得者で、信仰深く献身的、また人間味溢れる参加者であった。
ジョン・ウェスレーは、野外説教等を通して教会を立ち上げると学校を併設する形で貧しい労働者の子弟に質の高い教育を施した。その伝統が今、IAMSCU世界大会として花開いている。現地企業の高額献金を得て大会は一層豊かなものになった。
日本からの参加者は青山学院、弘前学院、山梨英和学院、福岡女学院、活水学院、そして日本基督教団事務局の6団体8名に加え、合同メソジスト教会高等教育局で永く局長特別補佐を務めた山田賢二郎博士夫妻であった。山田氏の尽力で支援金が5名に支給された。教団の役割は①日本からの参加呼びかけ、②セミナー発表、③海外諸学校との関係作り、④宣教師候補者探しだった。
2018年11月1〜4日、インド・ラクナウのイザベラ・ソバーン大学でアジア部会を開催する。日本の非メソジスト系学校からも参加が歓迎される。それに先立ち同年3月、青山学院にて研究シンポジウムを予定している。
(髙田輝樹報)
(写真提供・マデロ大学)

【4865号】伝道のともしび 地域の方々と共に 奥羽教区・江刺教会牧師 邑原 宗男

江刺教会は、岩手県奥州市江刺区にあります。広い岩手県南の内陸にあります。伝道の歴史は大正時代にさかのぼります。当時、日本浸礼教会盛町講義所として盛岡からの出張伝道でした。大正4年(1914年)足達信三郎牧師がタッピング宣教師の監督の下に「岩谷堂バプテスト教会」として創立しています。足達牧師の結婚後、岩谷堂での最初の幼稚園を創設し、地域に仕える働きをしていました。しかし、米国バプテスト伝道会社は、伝道不振を理由に援助を打ち切りました。自活のため、鋳物工場から南部鉄瓶を仕入れ、東京への行商する日々の中、お連れ合いが担われた岩谷堂幼稚園は地域に必要なものとなりました。牧師が過労で逝去後、町の運営へと移管し今日に至っています。戦時中、諸事情によりこの教会は、解散させられています。
1947年岩谷堂にいた信徒たちは水沢教会に助けを求めて集会を再開しました。まだ教区などの承認を得る前に「岩谷堂伝道所」の看板を掲げ、正式な手続きに向けて準備をし、1955年江刺伝道所を開設し、1957年江刺保育園を開設しています。この施設のために信徒一同は奉仕の精神で地域に仕えました。そして1965年社会福祉法人化し今日に至っています。
また、現在地の礼拝堂建築後、礼拝堂を利用して、1966年に聖愛ベビーホームを設立し、同時に第二種教会設立しました。このように地域に仕える幼児教育・保育の働きを教会は担いました。聖愛ベビーホームは1978年社会福祉法人聖愛育成会を設立し、幼児と老人への総合福祉事業を担って、今日に至っています。
このように教会は、地域の幼児施設を生み出す働きを担いました。しかし、教会の事業から切り離す形での法人化が進められることにより、施設事業は充実していきましたが、教会は地域との関わりが希薄になりました。
ただ、この教会の歴史は、地域と共に歩むことを大切にしていました。小職が赴任した2004年以降、近隣の方々との交わりを通して、今まで教会の中に一度も足を踏み入れたことのない方々に礼拝堂や集会室を利用していただくことになりました。
2011年の東日本大地震により被災した礼拝堂の建て替え中の2016年度も、被災牧師館再建として取得した隣家で町内の班活動を継続しました。近隣の方々は再建された礼拝堂献堂式には、班全戸から出席し、喜びを共にし、献堂礼拝を奉げました。近隣の方々は「新しい礼拝堂でも一緒に食事会などしていいの」と心配しています。でも新礼拝堂設計の時に、誰でも利用しやすいように広い厨房や、庭に向けて開放できるガラス戸や、仕切られている戸をあけ放つと広いホールになるようにしました。また子育て支援の会場にも利用できるよう工夫しました。また桜の季節にはライトアップして、観桜会が町内の方々によって行われています。
主イエス・キリストが仕えられたように、この地域を愛し、共に歩む業の一端を担わせていただきたいと教会員一同祈っています。そのために益々礼拝堂が用いられるようにと祈っています。

【4865号】消息

島津虔一氏(隠退教師)
17年5月13日逝去、86歳。静岡県生まれ。57年東京神学大学大学院卒業。同年より芸西、初芝、佐倉、富里教会を牧会し07年隠退。遺族は妻・島津和子さん。
藤田 基氏(隠退教師)
17年5月16日逝去、86歳。愛媛県生まれ。53年関西学院大学卒業。54年より松山番町、三津、高浜教会を牧会し、松山東雲学園に務め、三津教会を牧会し04年隠退。遺族は妻・藤田千文さん。
大津健一氏(隠退教師)
17年6月22日逝去、73歳。大阪府生まれ。69年同志社大学大学院卒業。73年より倉敷、天城教会を牧会し、日本クリスチャンアカデミー、西陣市民センター、上賀茂教会を経てアジアキリスト教協議会、日本キリスト教協議会、日本クリスチャンアカデミー関東活動センター、アジア学院に務め、15年隠退。遺族は妻・大津恵子さん。

【4865号】委員会コラム 教師検定委員会 教師を立てる、教会を建てる 服部 修

日本基督教団が教師を立てることは、教団の教会を建てることと同じ意味を持っていると理解して委員会はその任に当たります。それゆえに教師試験は、入学試験や資格試験とは異なり教師としての召命が問われます。従って、試験は32総会期の議決をふまえ、日本基督教団信仰告白に基づいて行われます。今期もこの議決をふまえております。ここが曖昧になってしまいますと、教師の考える教会にはなりますが、教団の教会であることが薄れてしまいます。教師を生み出すことは、教団の生命線の一つでもあるのです。
具体的な試験は、提出試験、筆記試験そして面接試験が行われます。近年は面接試験を大事にするようにしております。それは既述のように、召命を問う、ということが試験の一番のポイントだからです。同様の理由で、検定委員会は他教派からの教師転入の審査も行っております。このことも教団の教師を生み出す大切な務めの一つです。
委員会は、7名によって構成され、それぞれが教会に仕えながらこの務めにあたります。試験期間中は教会を一週間にわたって留守にします。それが年に2回あります。その間、教会員が支えてくれているという信頼と祈りがあってこその務めです。重い務めですが、教師が生み出される現場に立ち会えることはこの委員会の大きな恵みであると理解しています。
(教師検定委員長)

【4865号】▼社会委員会▲福島、宮城にて委員会、研修を実施

第2回社会委員会が、6月12~13日に開催された。1日目と2日目午前、若松栄町教会にて協議が持たれた。
主として、全国社会委員長会議について協議。2018年2月26~27日に実施、会場は東京を予定。内容は、石橋秀雄議長より提出される「組織的犯罪処罰法改正に抗議し、同法の廃止を求める声明」に即しながら、その課題の共有等、学びの時を持つ。講師は後日決定する。また日本キリスト教社会事業同盟からの、本委員会への派遣委員について。原田史郎委員は任期満了につき、次回より伊藤信彦委員に交代することを承認した。長きに亘る働きに感謝したい。
1日目夕方、会津放射能情報センターにて、片岡輝美代表より、福島第一原子力発電所事故から6年、これまでの取り組み、現状、今後の課題について、話を聞いた。安倍総理による「原発事故はアンダーコントロールである」という発言が何を意味するのか。改めて痛みと悲しみを持って思わせられた。
2日目午後、空間線量計を情報センターより借り、ワゴン車にて「会津若松~いわき~国道6号を北上~仙台」のコースを移動した。国道6号を北上中、大熊町を通った。車内ですら、一時2.7マイクロシーベルト(毎時)を示した。また、浪江伝道所、小高伝道所に立ち寄った。浪江伝道所の横の草むらに『除染作業完了しました』という標識があった。しかし、そこの線量が0.4マイクロシーベルト(毎時)と、周辺のどこよりも高い数値であった。この事故を引き起こした我々の罪を思わないではいられなかった。
3日目、放射能問題支援対策室「いずみ」にて、スタッフの服部賢治氏より、話を聞いた。「事故はまだ終わっていない」、「支援として、なすべきことは何も変わらない」との言葉が、今回の研修での、総括的な言葉として胸に響いた。
(石井佑二報)


  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    日本基督教団年鑑2017年版

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友