【4896号】消息

土井龍也氏(無任所教師)
 17年12月2日逝去、83歳。広島県生まれ。60年同志社大学大学院卒業。同年より久世教会を牧会し、松山城南高校に務めた。
 遺族は息・土井龍一さん。

 

井柳福次郎氏(隠退教師)
 18年11月10日逝去、87歳。静岡県生まれ。63年日本聖書神学校卒業。同年より荒尾、鳥羽、四日市教会を牧会し、02年隠退。
 遺族は妻・井柳みどりさん。

 

笠原芳光氏(無任所教師)
 18年11月10日逝去、91歳。54年同志社大学大学院卒業。同年より神戸教会、神戸森伝道所を牧会。
 遺族は息・笠原一人さん。

 

藤原繁子氏(桜本教会主任担任教師)
 18年12月6日逝去、84歳。東京都生まれ。69年日本聖書神学校卒業。72年より上大岡、桜本教会を牧会。
 遺族は夫・鈴木文治さん。

 

森  彬氏(隠退教師)
 18年12月8日逝去、81歳。兵庫県生まれ。71年東京神学大学大学院卒業。75年より西宮一麦教会を牧会し、06年隠退。
 遺族は妻・森佐久子さん。

 

後宮俊夫氏(隠退教師)
 18年12月23日逝去、96歳。和歌山県生まれ。60年受允、64年受按。60年より大住(61年より大住世光)、世光、甲西教会を牧会し、16年隠退。
 遺族は妻・後宮松代さん。

 

藤岡友幸氏(隠退教師)
 18年12月25日逝去、87歳。愛媛県生まれ。57年同志社大学大学院卒業。同年より土佐、児島、今治、下松、岡山教会を牧会し、99年隠退。
 遺族は妻・藤岡シゲ子さん。

 

原田多恵子氏(隠退教師)
 18年12月25日逝去、80歳。広島県生まれ。63年日本アライアンス教団聖書学校卒業、83年東京神学大学大学院卒業。81年より東大宮、東中通、南房教会を牧会し、18年隠退。
 遺族は夫・原田史郎さん。

齊藤 宏氏(隠退教師)
 19年1月14日逝去、89歳。東京都生まれ。53年日本基督教神学専門学校卒業。同年より東中野、堀切、水元教会を牧会し、09年隠退。
 遺族は妻・齊藤潤さん。

 

石川和夫氏(隠退教師)
 19年1月18日逝去、89歳。中国武漢市生まれ。54年同志社大学大学院卒業。同年より苫小牧、苫小牧弥生教会を牧会し、北海道マスコミ伝道センター(ホレンコ)に務め、松沢、永山教会を経て06年隠退。
 遺族は妻・石川英さん。

【4896号】宣教師からの声 沖縄キリスト教学院の創設と二人の宣教師 金 永秀(沖縄キリスト教学院宗教部長)

 1957年、沖縄戦から12年を経て沖縄キリスト教学院(沖縄キリスト教短期大学・沖縄キリスト教学院大学)は、戦争の悲惨さを体験した沖縄キリスト者たちの、平和な島を作る担い手を輩出したいという願いから誕生した。沖縄では琉球大学に次いで2番目に創設された大学である。

 いわゆる外国ミッションボードによって建てられた大学ではない。しかし、その創設のために尽力した二人の宣教師なくして、この学院の誕生は難しかったであろう。一人はウオルター ・W・クライダー(Walter W. Krider)宣教師(米国メソジスト教会派遣)、一人は前田伊都子宣教師(米ディサイプルチャーチ派遣)である。初代理事長・学長の仲里朝章牧師が学院の精神的な指導者であったが、クライダー宣教師は財政面を支え、前田宣教師は教務を担当する形で学院は出発することができた。

 クライダー宣教師は、1920年ボストン大学神学大学院でM.Aを取得、翌年来日した。東京には22年まで、長崎で35年まで宣教活動をおこなった。一時帰国し材木商として財を成したが、1955年に沖縄で宣教師としての活動を再開する。1960年まで沖縄の伝道と沖縄キリスト教学院の設立・維持のために多大な貢献をした。特に経済的な面で際立っている。

 沖縄キリスト教学院は、設立当初沖縄キリスト教団(現日本基督教団)首里教会の会堂を校舎としたが、その後、首里城公園の一角に新校舎を建設した(現在は西原町に移転)。その校舎建設のために、クライダー宣教師は材木商として貯めてきた1万ドルを捧げたのであった。当時の沖縄キリスト教団の経済力では、学校を創設することは不可能であったが、クライダー宣教師はIBC(Inter Board Committee、内外協力会)を通じてアメリカの諸教会に新校舎建設のための献金を呼びかけた。その結果、合同メソジスト教会、チャーチ・オブ・クライスト、ユナイテッドチャーチの3教会から1万ドルずつ、計3万ドルの援助を受けることができた。

 師は帰国後、1965年に逝去した。

 前田伊都子宣教師は、1918年東京生まれの日本人であった。仏教色の濃い家庭に育ったが、東京の聖学院でキリスト者となり、恩師のジェッシー・トラウト(Jessie Trout)の感化をうけて献身する。卒業後、聖学院と恵泉女学園で教鞭をとった後に渡米し、イースタン・メノナイト・カレッジ(College of the Bible)で修学した後、米ディサイプル教会の宣教師に任命されたのである。

 1956年に沖縄に派遣され、伝道と共に沖縄キリスト教学院設立の仕事に従事することになる。自身が聖学院で受けた高度な教育を学生たちに提供するために奮闘した。カリキュラムの作成、教育を担当する教員の雇用等、その教育的功績は大きい。教室以外でも、学生たちの行儀や立ち振る舞い、エチケットや言葉遣いにいたるまで気を配り、就職の面接試験にも同行するほど熱心であった。学生たちは「ニコガミ先生」と呼んだ。ニコニコしながらもガミガミと叱るということであろう。学生たちは、その愛と厳しさで成長したと言う。

 その他、教会説教、婦人会の指導に情熱を傾けた。沖縄宣教の後、ブラジルにも派遣され2007年に米国で逝去した。

 クライダー、前田両宣教師の大きな教育的功績と共に考えさせられるのは、米軍基地との関係である。彼らが活動した50、60年代は、土地収奪と基地拡張の時代でもあった。当時の教え子たちから、二人が「米軍のベース(基地)に寄りかかっていた」と指摘の声もある。学校整備や学生たちへの奨学金についても、学生たちを米軍のチャペルに連れて行って献金を要請することもあったと言う。

 キリスト教教育・宣教と基地の関係の問題は、その時代から沖縄で問われ続けている。 (Kyodan Newsletterより)

【4896号】人ひととき 砂塚 秀子さん 神の御計画の中にいる

 砂塚さんの父上は、97歳で洗礼を受け、地上の人生最後の7年間をキリスト者として娘と共に過ごした。父上が書き溜めたノートを見せてもらった。毎日書き写した聖書の言葉や説教、祈りの言葉が何冊にも亘って記されていた。

 その父が召されたのは、砂塚さんが教区の婦人部委員長として最後の務めであった教区報告会を終えた次の日だった。

 父が召された翌年のイースターには、秀子さんの中学生の孫が受洗を決心し、4歳の弟も幼児洗礼を受け、そして、長年祈ってきた夫も孫たちと共に受洗した。すべてが神の御計画であると知った出来事だったと言う。

 秀子さんがはじめてキリスト教と出会ったのは、高校生まで育った長野・生坂においてだった。生家で一緒に暮らすことになった小学校の先生であった親戚のお姉さんが、近くの寺を借りて教会学校を始めた。松本から訪ねてくる宣教師と一緒にお姉さんが熱心に祈っているのを襖の陰から見ていた。4歳の時、はじめてのクリスマス礼拝で挨拶した言葉を今も覚えている。

 高校を卒業してから東京で和文タイピストとして働いた。同僚に誘われ教会に通ったが、そのときには洗礼には至らなかった。22歳、結婚を機に洗礼を受けるのは今しかないと、ためらっていた受洗を申し出た。新栄教会で本田清一牧師より受洗した。

 結婚後は住まいの近く東京・稲城教会に通った。4人の子育てと重なる教会生活、細川静牧師から教会員として良い訓練を受けた。身に付けていた和文タイプの技術は、やがてワープロによる週報や月報、教会のあらゆる印刷・発行物に生かされた。

 「隠退教師を支える運動」推進員を引き受け2年。100円献金で隠退教師の方々を支えることに力を尽くす。

1944年、長野県生まれ。「隠退教師を支える運動」推進員、碑文谷教会員。

【February 2019 No.401】Retired Kyodan Pastors Reflect on their Calling & Experience

The following reflections are excerpted from the newsletter Yorokobi (Joy), Sept. 20, 2018 issue, which was published by the Kyodan Board of Pensions’ Program to Support Retired Ministers.

 

In God’s Grace

                                 by Kato Hisao

                                      (On his service in Aichi Prefecture)

 On Aug. 15, 1945, I experienced defeat in war at the Kakogawa Air Station in Hyogo Prefecture. At that time, at the age of 20, I was training on a single-seater fighter plane. Upon returning to Nagoya, I found that my hometown had become a scorched battlefield. People were focused on little more than simply trying to get food. I sensed an emptiness in the city; people were losing their incentive to live. In a letter I received from a friend one day in the midst of all this, I read the following words: “These three remain: faith, hope, and love; and the greatest of these is love.” (I Cor. 13:13). Previously, any “faith” I possessed had been associated with my country and had disappeared when the war was lost. I thought of love as little more than self-love. As for hope—quite simply, I had none. As I read this Bible verse, it resonated in me as a sound from a world about which I knew nothing. Following this experience, I was led to Atsuta Church and was baptized on Easter Sunday, 1947.

 

Two friends from my church who were about my own age, Yamada Tadashi and Shinoda Kiyoshi, dedicated themselves to God and went to seminary. After looking into my own heart, I also experienced a reconfirmation of my decision to follow the Lord and went on to seminary. I am truly thankful to Pastor Takahashi Shuzo at Atsuta Church, who led me to meet and fellowship with Yamada and Shinoda.

 

After graduating from seminary in 1956, I was invited to serve at Atsuta Church, my home church, where I worked for 35 years. During this time, I served as the principal of Kakiwashinsei Kindergarten and as a teacher in the Bible department of Kinjo Gakuin. I truly enjoyed the time I was able to share with the kindergarten children and the students.

 

At the age of 65, I was invited to Tahara Yoshigo Church on Atsumi Peninsula, where I served for 19 years and retired.  After becoming a Christian, I spent my time at Kyodan churches in Chubu District, pastoring churches in Aichi Prefecture. I was assigned to Chubu District during a difficult time for the Kyodan, but I was able to carry out my work, thanks to the many skilled colleagues and wonderful friends by whose lives and fellowship I was deeply blessed.

 

I am now 93 years old. My wife and I have been blessed with good health and are enjoying a very happy time in this latter stage of our life together. We continue to enjoy the warm fellowship and opportunities for worship provided by our home church.

 

I was born during a turbulent time. Through my faith, however, I was given hope. God called me to serve as an evangelist, and for 54 years God has used me, a broken instrument, to perform his work. I have experienced the joy of many valuable encounters and the wonderful fellowship of God’s people. Life is “wondrous,” and by this I mean that life is both mysterious and beautiful. I am deeply grateful for the blessed time I have been given, by God’s grace.

 

     *    *     *

 

The Rock from which I Came

 

                                   by Nishi Tomisaburo

                                        (On his service in Oita Prefecture)

 I will be 94 years old in October 2018. Though I have undergone several surgeries and hospitalizations, God has protected me; I now live in Okinawa Prefecture.

 

On March 10, 1945, the day following the massive air raids in Tokyo, I went to Fukagawa in Koto district, to look for my colleague who had not shown up at work that day. Subsequently, as I witnessed the disastrous situation, I became overwhelmed by the deeply serious human problems with which I had come face-to-face.

 

After a great deal of consideration, on the night of May 24, I accompanied the head nurse from the hospital to the church, where I met a pastor who had just been released from the police detention center [following his imprisonment during the wartime suppression of Christianity].  He was gaunt and thin. In a room darkened due to the blackout, the pastor read to me from the Gospel of John: “For God so loved the world, that he gave his only begotten son, that whosoever believeth in him, should not perish but have everlasting life” (3:16). The pastor then prayed for me and taught me that regardless of any situation in which we may find ourselves, “God is love.”

 

After Japan surrendered on Aug. 15, however, I severed my ties with the church and dropped out of church life completely. But the Lord prepared a way for me in fulfillment of the following promise: “I am the Lord’s servant,” said Mary. “May it happen to me as you have said. And the angel left her.” (Luke 1:38) I entered a seminary of a different denomination, though I later transferred to the Kyodan. My first assignment was to Higashi-iida Church (now Kusu Church) in Oita Prefecture, then to Mie Church, and next to Amakusa Heian Church. I worked in these churches for a total of 40 years.

 

In recent years, I have seen various acquaintances, friends, and colleagues transported to heaven, just as expressed in the poem, “One more in Heaven,” [by Sarah Geraldina Stock]. In October 2017, with the help of two canes and my wife, I visited the churches where I had worked in Oita and Kumamoto on the island of Kyushu. I was delighted and grateful to see so much good work being done at these churches. I will continue to live as God’s witness for the remaining days of my life.

 

I would like to close this message with a Bible passage that has penetrated my heart throughout my entire life. The Lord says, “ Think of the rock from which you came, the quarry from which you were cut.” (Isaiah 51:1) (Tr. DM)

 

隠退教師の、共に93歳のお二人の証しです。 「よろこび」2018.9.20年金局・「隠退教師を支える運動」通信より

 恵みの中で

加藤 久雄

 1945年8月15日、私は兵庫県の加古川飛行場で敗戦を迎えました。当時20歳、単坐戦闘機の訓練中でした。郷里の名古屋に帰りましたが、町は焦土と化し、人びとは食べることに懸命でした。空虚でした。生きる目標を失っていました。そのような状況の中で、友人からきた手紙に「愛と希望と信仰は、限りなく世に残らん」(コリント前13・13)と記されていました。私の信仰は、国家と結びつき、敗戦で消滅しました。愛は、皆、自己愛と感じていました。希望はありませんでした。この句は私の知らない世界からの響きとして迫りました。熱田教会に導かれ、1947年の復活祭に受洗しました。

 熱田教会の同世代の友人、山田忠君と篠田潔君が献身し、神学校に進みました。私も鋭く内面を問われ、主に従う決意を新たにして神学校に入りました。熱田教会で高橋秋蔵牧師に導かれ、山田忠、篠田潔両氏に出会い、深い交わりを得たことは、恵みであったと感謝しております。

 1956年、神学校を卒業し、母教会の熱田教会に招かれ、35年間在任しました。この間、堅磐信誠幼稚園園長や金城学院聖書科講師を勤め、幼い園児や学生、生徒に接したことは深い喜びでした。

 65歳で熱田教会を辞任し、渥美半島の田原吉胡伝道所に招かれ、19年間在任し、隠退教師となりました。

 入信以来、日本基督教団中部教区の教会で過ごし、愛知県の教会で伝道牧師の任に当たりました。教団の酷しい状況の中で、中部教区の責任も負いましたが、優れた先輩がたや、良い教友に恵まれ、任を終えることができ、感謝しております。

 現在93歳、夫婦とも健康長寿を与えられ、母教会の熱田教会の、温かい交わりの中で礼拝を守り、幸いな晩年を過ごしております。

 激動の時代に生を受けましたが、信仰に導かれて、希望を与えられました。伝道者として使命を与えられ、54年間、欠けた器が、尊い業に用いられました。そして、貴重な出会い、良い交わりを経験しました。人生は〝妙〟と思います。不思議さと、美しさとの二つの意味をこめて。

 恵みの中で誠に幸いな時を過ごさせていただき、深く感謝しております。

 

証詞

西 富三郎

 10月になると94歳になります。入院や手術を何回かいたしましたが、主に守られ沖縄で過ごしています。私は1945年3月10日の東京大空襲の後、出勤しない同僚を探しに、翌11日江東地区深川に行き、その惨状を見て人間の問題に突き当りました。その後、考え抜いて5月24日夜、病院の看護婦長に連れられて教会に行きました。警察の留置所から出てきたばかりの、青白く痩せ細った牧師に会いました。灯火管制下の薄暗い部屋で牧師は、聖書の「それ神はその獨子を賜ふほどに世を愛し給へり、すべて彼を信ずる者の亡びずして、永遠の生命を得んためなり」(ヨハネ3・16大正改訳)を読み、どんな時でも「神さまは愛ですよ」と、私のために祈ってくださいました。しかし、8月15日敗戦の後、教会からまったく離れ、教会生活から脱落してしまいました。

 しかし、主は約束の言葉である「視よ、われは主の婢女なり。汝の言のごとく、我に成れかし」(ルカ1・38大正改訳)と道を備えてくださいました。そして、他教派の神学校に入学し、その後転入して教団に所属するものとなりました。最初の任地は大分県の東飯田教会(現在の玖珠教会)、そして、三重教会、天草平安教会に約40年にわたって仕えてまいりました。

 近年は知人友人同労者の皆さまがたが、「天に一人を増しぬ」の詩の通り、天つ御国に移されています。そこで、昨年10月九州の大分や熊本で仕えた教会を、杖2本と家内に助けられながら、お訪ねしてまいりました。よき働きをしているのを見て、とてもうれしく感謝でありました。残された時間の終わりまで、キリストの証人としての生活を過ごしてまいります。最後に、私の全生涯を貫く聖書の言葉を記します。「あなたがたの切り出された岩と、あなたがたの掘り出された穴とを思いみよ」(イザヤ書51・1口語訳)

【4896号】40点牧師

 越谷教会では毎月礼拝後誕生会をしている。1月は、私の妻の誕生日。妻は誕生会で「日野原重明先生の『長生きすりゃいいってもんじゃない』(多湖輝共著)で、先生は、夫婦は50点と50点で合わせて100点であれば良いと言った。秀雄君は60点で私が40点、合計100点だ」と言ったら、司会の豊川昭夫役員(常議員)が「由美子先生60点、石橋先生40点ではないか」と言った。

 役員会で、翌日の新年合同礼拝の準備について話し合った。私「40点牧師だから、明日は礼拝が終わったらすぐ帰る」、役員「それは困ります。石橋先生に会いたいという人も来ます」、私「40点牧師に会いたい人などいません」、役員「それはそうですけど、最後までいていただかないと困ります」だって。

 越谷教会は信徒60点、牧師40点で合わせて100点の教会だ。しかし、100点に対して信徒は40点足りない。牧師は60点も足りない不合格だ。この足りない所に主の憐れみが注がれている。しかし、信徒60点、牧師40点は、越谷教会の力関係を示している。

 新年合同礼拝の準備も60点信徒がドンドン働き、40点牧師はうろうろしているだけ、暇だ。ただ、信徒たちは、牧師は忙しいと勝手に思っているから嬉しい。信徒が働き、牧師は昼寝、40点牧師の居心地は良い。感謝! (教団総会議長 石橋秀雄)

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友