【4942・43号】教団出版局の財政危機と改善に向けて

日本キリスト教団出版局は、営利事業を行う教団の一部局ですが、信徒向けのキリスト教書や牧師や研究者のための神学書、讃美歌、「信徒の友」や「こころの友」などの定期刊行物の出版を通して、キリスト教出版業界の中心的な役割を担い、日本の社会全体にキリストの福音を伝える重要な働きを担っています。この出版局の財政状況が年々厳しさを増してきており、ここ数年間は赤字経営の状態が続いています。

出版局の売上高は2000年には7億1000万円余でしたが2015年には3億4000万円に半減し、2019年には3億1000万円余とさらに減少してこの傾向はとまりません。これに対して製造原価や人件費等は大幅な減少をはかることは容易ではなく、最近6年間の当期純利益は、2015年:−1218万6千円、2016年:−651万6千円、2017年:−2355万3千円、2018年:−3843万1千円、2019年:−1631万8千円と、大幅な赤字財政となっており、売れなければ廃物となってしまう3億円に及ぶ在庫のことを考えると深刻な状況であることは確かで、もはやこれは出版局の経営改善の努力の手に余り、SOSを出さざるを得ない状況になっています。

教団の監査委員会はこの状況について、「出版局からの銀行借入担保の承認要請は出版局の財政状況に対する明確な判断がなければ執行し得ない」とし、「出版局の財政を抜本的に改善する施策の速やかな執行を求めなければならない」との「緊急意見」を石橋秀雄教団総会議長宛に提出しました。出版局の財政赤字が教団本体の財政破綻を招く恐れがあるとの警告が出されたのです。これを深刻に受け止めて常議員会は審議を経て、常任常議員会、責任役員会、出版局理事会からなる「三者協議会」を2020年5月より発足させ、状況と問題の正確な把握と経営改善に向けて鋭意努力が続けられています。「三者協議会」は協議を重ねた上で、経営コンサルタントの加藤真澄氏(ICU教会員)、吉田直樹氏(聖ヶ丘教会員)を加えた「経営改善検討チーム」をつくり、出版局の経営状況についての抜本的な専門家の診断と分析、改善計画を2020年度末までに提案することとなり、現在急ピッチでその作業が進められ、黒字化をはかるための取り組みが続けられています。

教団出版局は、教団紛争の時期に教区よりの負担金が滞り教団が破綻状況にあったとき、出版局からの累計7億円の繰り出し金によって教団財政を支えた時期もありましたが、近年の出版業界全体の苦境に加え、キリスト教界の信徒数の大幅減少、高齢化、文字離れ、ネット直販などが進む状況から売上減少が続き、教団として出版局を抱えることが重荷になってきているのは否めません。しかし、讃美歌や「信徒の友」などの出版が止まり、これを失うことになれば、どれほどの大きな損失となるか、これを考えれば何とかして存続する道をはからなければなりません。出版事業を時代に即応する形で更に発展させるにあたっても専門性を身につけた出版局職員の保持を欠かすことは出来ません。キリスト教書や雑誌によって信仰を支えられてきた信徒と教会の存在、日本全国にキリスト教の福音を伝え浸透させるための道具として、教団が出版局を持っていることは大いなる資産です。出版局を用いていかに有効な働きを展開するか、まだまだ考えるべき道はあるはずです。何よりも、各信徒と教会、教団全体がこの出版局状況を理解して、支えて行くとの熱意と支援の輪が広がることに出版局の存続がかかっています。クリスマス前に出された山北宣久出版局理事長の「教団出版局からのSOS」をお読みくださり、「信徒の友」の定期購読や出版書物の購入など7項目のお願いに是非ご協力をお願いいたします(秋山徹総幹事)

  • 「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友