【4936・37号】伝道推進基本方針展開検討小委員会と伝道推進室合同委員会 『信徒の友』への掲載方法、再検討

大勢が一度に集まれずに、教区総会で委員会の活動方針を説明させてもらいたいと願いながらもかなわなかった。そのような中で8月19日にズームによる第3回合同委員会を招集し、委員、職責陪席の全員が参加して開催された。

昨年12月号『信徒の友』への活動方針、祈りに覚え献金をささげる教会・伝道所の紹介が始まり、9月号で参加教区の紹介が一巡する節目の委員会だった。この活動がどれだけの教会員に知れ渡っているかの反省に立っての委員会だった。

「共に祈ろう」、「共に伝えよう」、「共に献げよう」を合言葉とする伝道推進基本方針が常議員会で承認され、活動が開始された。献金は海外のアメリカ合衆国長老教会(PCUSA)からの200万円余を含めて242口、460万円に達した。感謝である。

予測がつかないコロナ禍は、不安と不便さをつのらせるが、そうであればこそ、一致して、これに立ち向かわなくてはならない。合同委員会の合意は、必要な変更や改訂には柔軟に対応することで一致している。共に考え、実践して行きたい。

『信徒の友』掲載は経費の点から再検討することになり、「教団新報」「教団ホームページ」に担ってもらうことを考えた。新報でホームページへの接続と記載内容を紹介し、多くの方々にホームページを通して、お知らせや情報を共有してもらいたいと願っている。

戸惑いがちな4つの献金受け入れ窓口も、全国伝道推進献金口座に一本化する。献金報告もホームページに掲載できればと願っている。

第4回の合同委員会が10月1日に開催され、教団議長、事務局、担当委員長が『信徒の友』担当者と協議し、カラー4頁をモノクロ2頁に圧縮し、経費を4分の1にする案が採択され常議員会に提案することになった。立ち止まることなく、活動を前進させたいと願っている。なによりも祈りによって一つになることができるように。

(岸 俊彦報)

  • 新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友