【4932・33号】中部教区 負担金1割減免

第70回中部教区総会が5月26日と6月30日の2度の常置委員会にて、議決権行使書による書面会議により開催された。

第1回常置委員会(5月26日)では、正議員194名中、議決権行使者169名全員賛成により議決権行使書によって決議すること、あわせて准允式執行を常置委員会に委ねることを全会一致で可決し、同日5名の准允式を執行した。

続いて第2回常置委員会(6月30日)にて、受允した2名を加えた正議員196名中、議決権行使者171名を確認し教区総会を再開した。

議案は例年通りの決議事項をスライドする形で提案され、すべてが原案通り承認可決された。このうち宣教実施目標案については、人が集まりにくくなっている状況を受け、オンライン会議の実施が推奨されている。

総会議員選挙については、第41回総会議員の任期を1期延長することで承認された。また、1971年より伝道を続けてきた三重地区の桔梗が丘伝道所の廃止が決議され、祈りを合わせた。

今総会期の中部教区としての取り組みは、新型コロナウイルス感染対応により低下した教会財政への三本立てによる支援である。このうち総会で上程したのは、2020年度通常会計予算案において、予定していた負担金を1割減免するというものである。準備金からの繰入と、研修会費・総会費・常置委員会費を削減することでこのことに対応していく。(尹成奎報)

  • 新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友