【4921・22号】《会堂共済組合》 被災にいち早く寄り添う

 2019年は前年に引き続き自然災害が多発し、特に台風は9月から10月にかけて連続して同じ地域を襲い、さらに豪雨が後追いするかのように襲い、被害が大きくなった。

 会堂共済組合では、事故報告の連絡が入り次第、罹災届の用紙を送付した。前回は大阪教区の被害が最大だったが、今回は東京教区が最大である。修理見積の提出をし、保険金の支払いを受け修理を行った後に、さらに被害に遭ったという教会もあった。

 2020年1月31日現在52組合員に総額5012万円の支払いを実行した。教区別の被災・支払い実績は下記の通り。

 まだ加入されていないところはぜひ問い合わせてもらいたい。現在の保険料との比較を勧めたい。教会・学校の財政の役に立ちたいと願っている。

(辻井秀雄報/会堂共済組合常務理事)

 

台風10号・15号・17号・19号および豪雨災害

(2020年1月31日現在)

教 区  被災組合員数   支払済組合員数     保険金支払額
東  北       3        3     16,828,000
関  東       4        4       1,076,700
東  京       28        20       7,913,400
西東京       4        4        3,265,600
神奈川       14        8      10,581,600
東  海       5        3       203,100
中  部       2        2      1,061,670
京  都       1        1       388,000
大  阪       1        1         44,700
兵  庫       1        1       276,500
東中国       1        1      4,289,200
四  国       1        0            0
九  州       4        4       4,191,500
合 計       69        52       50,119,970

  • 日本基督教団越谷教会

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友