【4921・22号】人ひととき 胡 宜芳(フー・イファン)さん 裏で支える者に  なりたい

 昨年9月、台湾基督長老教会と教団の交流を通し、信徒伝道者として来日した。4年前に台湾ユースミッションに参加して、来日を考え始めた。日本アニメが大好き。アニメを通して日本語に親しみ、大学でも日本語を専攻した。卒業後に来日の道が開け、教団学生・青年センター「学生キリスト教友愛会(SCF)」のスタッフとなって半年が過ぎようとしている。

 流暢な日本語には、ごく自然かつ頻繁に若者言葉が混じる。SCFスタッフとして担う務めを「私は、誰かがSCFに来た時、そこに必ずいる人」と明確に述べた。

 SCFへの訪問者の半数は、未受洗者だという。人とのふれあいと、受け入れられる安心を求めて、青年たちが集う。ふらりと立ち寄った時に、必ず迎えてくれるのが胡さんの笑顔だ。訪れた青年を受け入れ、話に耳を傾け、共通の話題で一緒に盛り上がる −居場所を求める青年たちに寄り添って、胡さんは自らも楽しみつつ、気負いなく主に仕えている。

 SCFではカフェタイムや聖書を読む会等の他に、胡さんが企画し、自身の愛称「草草(ソウソウ)」を冠した「草草食堂」を毎月開いている。得意の台湾料理を準備して、青年たちと食卓を囲む。食事をしながらの和やかな団欒が、お腹も心も暖かく満たしてくれる。

 4代目のクリスチャン。19歳で信仰告白をした。当初は礼拝が堅苦しく思えて、教会よりも教会主催のキャンプに惹かれた。今は主の御前に静まる礼拝がしっくりするが、キャンプ好きは変わらない。それも、サポートに徹するのが好きと目を輝かせた。「裏で支えるのが、私。信徒伝道者が人や企画を支えて働くのも、宣教のひとつの形」と、日台の架け橋は、まだあどけなさの残る笑顔で語った。

 台湾・台南市から来日、SCFスタッフ、東京台湾教会に礼拝出席

  • 新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友