【4920号】♦伝道資金を用いた取り組み(東海教区)♦ 共に主の召しに応える者の信頼関係を育む

 今年度、東海教区は「愛のわざに励む教会」を主題として活動している。これは、日本基督教団信仰告白の教会の項について学ぶ五カ年計画の第4年目にあたる。この年間主題を深めるために、そして「み言葉が響きわたる教区・教会」を意識して、教区では様々な集会を計画した。すなわち、婦人研修会(婦人部)、ユースキャンプ(教育部と青年部の共催)、伝道協議会(伝道部)、キリスト教社会福祉フォーラム(社会部)、教職ゼミナール(教師部)、農村伝道協議会(農伝部)、信徒修養会(伝道部)である。

 教団からの伝道方策交付金を、これらの集会への参加費補助にあてて、参加を促している。

 今年度は、既に婦人研修会、ユースキャンプ、伝道協議会、キリスト教社会福祉フォーラム、教職ゼミナールが開催された。婦人研修会、伝道協議会やキリスト教社会福祉フォーラム、教職ゼミナールでは宿泊参加者に対して一人当たり1000円の補助を行うことができた。

 一方、ユースキャンプの中高生の参加者並びにその引率者には他の集会よりも手厚く参加費や交通費の補助をすることができた。おかげで、中高生11名、青年18名の参加者が与えられた。

 そして、これらの集会は、参加者個々人の信仰を養い、教会の伝道に役立てることを願って持たれるが、それだけにとどまらない。宿泊を伴い寝食を共にすることによって、信徒や教職がより一層、顔が見える関係を深めることができ、それが共に主の召しに応える者同士の信頼関係を育むことにつながる。

 それは教会や教職を孤立化させないことにも役立ち、このような教会間、教職間の信頼関係が連帯を生み、さらに伝道の働きに力を与えるものになっていると信じている。(柳谷知之報)

  • 共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友