【4917・18号】♦西南支区・南支区合同教師会♦ 伝道拡大のための教会合併

 11月18日、東京教区西南支区・南支区合同教師会が渋谷教会で行われ、36名が出席した。「いきいきと伝道する教会〜教会合併を事例として」を主題に、伊藤英志牧師(三軒茶屋主任)と北川美奈子牧師(三軒茶屋担任、元・駒澤主任)が三軒茶屋教会と駒澤教会の合併について発題した。

 北川牧師によると、駒澤教会では高齢化による礼拝出席の減少に伴い将来的に運営が困難になることが予想された。検討の結果、歴史が途絶えず信徒が離散しない吸収合併という道を選択。西南支区と協議し、至近にある三軒茶屋教会に合併を申し入れることになった。

 伊藤牧師によれば三軒茶屋教会役員会では「これからは教会合同や合併が必要になるかもしれない。今から心構えを」との共通理解が2012年頃よりあったとのこと。合併の申し出を受け、もともと三軒茶屋が駒澤から分離したという経緯から「他人事ではない」と受け止める一方、懸念や反対もあった。そのため懸念や不安の、可能な限りの軽減に努めた。2年近くにわたり両教会間およびそれぞれの教会内で協議や懇談を重ね、北川牧師を三軒茶屋の担任に招聘することや墓地を維持することなどを決めた。そして総会決議を経て、2019年4月より共に礼拝をささげている。奉仕や役員選挙等に関しては現在もすり合わせ中である。

 両牧師は、「この合併は法的には吸収合併であるが、信仰的には伝道力強化であり信仰継承と受け止めている。これまでは駒澤と三軒茶屋とでテリトリーが自然とできていたが、今後は三軒茶屋地域全体の伝道に、一体となってより大きな力で取り組むことができるようになる」とビジョンを述べた。

 また手続きに関して伊藤牧師は、「教区・教団だけでなく東京都や司法書士、不動産業者など外との関わりが多く生まれた。教会が広義の公益団体であることを認識した」と振り返った。(米山恭平報)

  • 共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友