【4915号】荒野の声

 高御座に立つ「天皇陛下」に、民意によって選ばれた行政府の長が「万歳」三唱。多くの人が「すばらしい文化」と誉めそやす。その意味を問い、消極的な意見を述べようものなら、無知蒙昧なやからと嘲笑される。▼ある国の衣服が大好きな王に、いかさま機織り師たちが、自分の位にふさわしくない者や馬鹿者には見えない布で造ったという実際には無い服を着せる。大臣や役人、そして王自身も見えないことを公に出来ず、感服したふりをする。服をお披露目するべく町を行進すると、民も素晴らしさを称賛する。子どもだけが、その姿の滑稽さに気付き、裸であることを指摘した。▼多くの人に親しまれて来たハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『裸の王様』は、人間によって造られる権威の本質を描いているのではないか。▼荒野の旅を終えて定住生活を始めた民は、王を立てることを求めた。人間の国を立てようとする時、その権威を体現する王が必要になるのかもしれない。しかし、神に従うダニエルを陥れるために、王の力が利用されたように、それは時に乱用される。▼改めて、子どものように神の国を受け入れる者とされたい。

  • 共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友